AWS

Amazon、日本で初のAmazonの仕分け拠点 「ソートセンター」を東京に新設

Amazon、日本で初のAmazonの仕分け拠点 「ソートセンター」を東京に新設

地域に約1,000人の働く機会を創出、より効率的なミドルマイル配送を実現

20230913_Sort Center SCY6

2023/09/13

Amazon(所在地:東京都目黒区)は本日、日本初のAmazonの仕分け拠点「ソートセンター」を東京都品川区に開設したことを発表しました。ソートセンターは、商品の保管、ピッキング、梱包を行うフルフィルメントセンターと、お客様への配送を行うデリバリーステーションを繋ぐ、Amazonの配送網の中間に位置する拠点です。新たに約1,000人の働く機会を創出する予定で、仕分け作業や拠点の安全、品質・生産管理者など多様な職種が含まれます。 

今回、品川区に開設したAmazonのソートセンターは、先端物流設備を導入しており、大規模な仕分け能力を有しています。様々な形状の梱包された商品の仕分けに対応したオートソーターを導入し、自動化への投資により仕分けプロセスの効率化を実現しています。2フロアで延べ床面積は計約28,000㎡(テニスコート100面相当以上の広さ)、主に関東・北信越地方、及び北海道・沖縄に向けた幹線輸送の拠点として、1日に最大約75万個の商品を仕分けることができます。 

フルフィルメントセンターから配送方面が混載状態で出荷された商品を、ソートセンターで配送方面ごとに仕分けを行いデリバリーステーションへ発送することで、トラックなどの積載効率が向上し、より多くの商品を、効率的に配送することができます。また、積載率を高めることで配送拠点へ商品を運ぶトラックの台数も削減され、総輸送距離の短縮にも寄与します。 

アマゾンジャパン合同会社 ジャパン オペレーション 代表 島谷 恒平は次のように述べています。 

「より効率的な物流を実現し、全国のお客様に迅速かつ安全に商品をお届けする取り組みの一環として、日本で初めてのAmazonのソートセンター開設を発表できることを大変嬉しく思います。ソートセンターは、配送方面ごとに仕分けを行うことでトラックなどの積載効率を高め、ミドルマイルにおける配送の負担軽減に貢献します。そして、配送パートナーの皆様により安全で便利なサービスを提供することで、より迅速かつ安全な配送とお客様の利便性向上を目指します。また、Amazonでは経験、性別、年齢、国籍、文化的背景問わず、さまざまな方に多様な働く機会を提供しています。今回のソートセンターでも、多岐に渡る職種で約1,000人の働く機会を創出します。私たちは引き続き、日本の経済成長に貢献し、Amazonで働く方々、ドライバー、パートナー、そしてお客様のために、イノベーションを起こし続けていきたいと考えています。」 

本センタ―は東京国際空港(羽田空港)から約3.5km、東京港「東京国際コンテナターミナル」から約1.5kmに位置し、東京貨物ターミナル駅、および首都高速のインターチェンジにも隣接し、陸上、海上、航空のアクセスに優れています。 

Amazonで注文いただいた商品がお客様のお手元に届くまでの道のりはこちら(https://www.aboutamazon.jp/news/delivery-and-logistics/see-how-your-orders-reach-you-from-an-amazon-fulfilment-center) をご覧ください。

Amazonについて

Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。Amazonは、地球上で最もお客様を大切にする企業、そして地球上で最高の雇用主となり、地球上で最も安全な職場を提供することを目指しています。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Career Choice、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa、Just Walk Out technology、Amazon Studios、気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)などは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービス、取り組みです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom ( http://amazon-press.jp )、およびAbout Amazon ( http://www.aboutamazon.jp )から。