STEM教育・Amazon Future Engineer

STEM教育・Amazon Future Engineer

STEM教育・Amazon Future Engineer

STEM教育・Amazon Future Engineer

Amazonは日本において、イノベーション人材の育成を目的としたさまざまなプログラムを行っています。

Amazon Future Engineer
「Amazon Future Engineer」とは、Amazonがグローバルで展開する、貧困やジェンダー格差などさまざまなバックグラウンドを持つ若者に、ITやプログラミングなどのコンピュータサイエンスを学ぶ機会を提供し、イノベーションの担い手となる人材を育成するプログラムです。

2018年11月に米国で初めて開始され、日本では2019年9月にテクノロジー教育を提供するLife is Tech!や世界的な青少年団体であるYMCAと提携し、パイロットプログラムとしてスタート。Amazonでは、より多くの子どもたちに手を差し伸べ、「テクノロジーの活用を通じて、世界を変えることのできる人材」、イノベーション人材の育成を目的とした「スケーラブル」で「持続可能な」人材育成のエコシステムの実現を目指します。

子ども向けのコーディング教室「Hour of Code」
「Hour of Code」とは、米国の非営利団体「Code.org」が運営するプログラミング学習サイト、そしてその学習教材を使用した教育プログラムのことです。世界180以上の国において、のべ9億人以上が受講したというこのプログラムにAmazonも賛同し、スポンサーを務めるとともに、世界各国のAmazon社員のボランティアが、子どもたちにHour of Codeでのプログラミング教室を開催しています。

2018年12月にアマゾンジャパン社員とその知人の子どもたちを対象に、初のHour of Codeを開催しました。2日間で計6回のセッションに保護者を含む約500人が参加。セッションはすべてアマゾンジャパン社員のボランティアによって運営されました。第1回目の Hour of Code が人気を博し、2019年12月にも同イベントを開催しました。日本で2年目の開催となる今回は、親子あわせて約750名の参加者が集まりました。

STEM教育の授業を実施
2017年から2020年初頭にかけて、Amazonは非営利団体「キッズドア」と提携し、経済的困難を抱える家庭の子どもたちを対象にSTEM教育の授業を実施しました。2017年と2018年には、Amazonのオフィスでプログラミング教室を開催し、生徒たちはAmazonから寄贈されたFireタブレットを使用しながら、基本的なプログラミングやロボット工学について学びました。また、川崎FCの見学会を開催し、子どもたちに実際にAmazon Roboticsが活躍する様子を見学してもらう機会を設けたほか、2019年には、放課後にSTEMを学ぶための専用スペース「Amazon IT自習室」の開設資金を寄付しました。