コミュニティ

Amazon、プロサッカーチーム「サガン鳥栖」と企業間交流会を実施

Amazon、プロサッカーチーム「サガン鳥栖」と企業間交流会を実施

安全なスタジアムを実現する「カイゼン」をテーマに意見交換

LocalCommunity20180625

2018/06/25

 総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下Amazon)は、6月22日(金)、地域貢献活動の一環として、アマゾン鳥栖FC(フルフィルメントセンター)近隣のベストアメニティスタジアムをホームスタジアムとするプロサッカーチーム サガン鳥栖を訪問し、お客様の快適なスタジアム環境作りを目的とした「Amazon safety & kaizen session with Sagan Tosu」を実施しました。サガン鳥栖と鳥栖FCの交流は、今年2月の「Amazon Leadership Experience Program」に続いて、今回で2回目となります。Amazonは、各FCの所在地にて、自治体、学校、企業、地域コミュニティなどを対象に様々な地域貢献活動を実施することで、積極的に「人の交流」を行っています。


 AmazonのFCは、従業員の安全を最優先に5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)に基づく、職場環境のカイゼンを日々実施しています。今回、鳥栖FCの従業員達は、サガン鳥栖が目指す「日本一安全なスタジアム」作りへの協力を目的として、施設のカイゼンや5Sをテーマにした研修会を実施しました。


 研修会の実施に際して、鳥栖FCの責任者であるサイトリードの甲良 真一と従業員4名がベストアメニティスタジアムを視察して、スタジアム内の導線、混雑対策、サイン表示、安全対策など147項目についてリポートを作成しました。そして、研修会では、サガン鳥栖のスタジアム運営責任者9名を対象に、スタジアム内で目視確認ツアーを行い、改善点などをフィードバックしました。また、サッカー観戦者に快適なサービスを提供するために、参加者全員で活発な意見交換を行いました。


 株式会社サガン・ドリームス(サガン鳥栖の運営会社)代表取締役社長 竹原稔氏は「地域社会の一員として、FCのノウハウを提供してくれるAmazonは、まさに我々にとって良きパートナーです。AmazonのOur Leadership Principlesのひとつであるカスタマーオブセッションは、サッカーを愛するサポーターのためにも大事な視点です。スタジアムのカイゼンを通じて、お客様のために快適なスタジアムを実現します。」とコメントしました。


 鳥栖FCサイトリードの甲良 真一は次のようにコメントしました。
 「AmazonがFCで日々実践している安全や5Sのノウハウ、カイゼン文化を地域の皆様に提供できることは、従業員にとっても大変誇らしいことです。こうしてサガン鳥栖と2回目の交流機会を持てたことをとても嬉しく思います。今後も、地域社会の一員として、私たちの働きやすい職場環境作りを、地元の皆様にご紹介してゆきます。」


 今後もAmazonは、鳥栖市に立地する企業として、地域の皆様とのコミュニティ活動の推進と社員が働きやすい環境づくりに取り組んでまいります。

<Amazonについて>
Amazonは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。