コミュニティ

Amazon、多治見FCでトヨタとの「企業間交流プログラム」を実施

Amazon、多治見FCでトヨタとの「企業間交流プログラム」を実施

地域連携の一環として、Amazonのリーダーシップや「5S」、「カイゼン」について意見交換

LocalCommunity20190603

2019/06/03

Amazonは、多治見市役所が推進する「企業間交流プロジェクト」に参加し、同プロジェクトに参画しているトヨタ自動車株式会社田原工場(以下、トヨタ自動車田原工場)との企業間交流プログラムを、5月31日(金)に実施しました。この多治見市内での交流プログラムは、2014年11月から始まり、これまでに多治見市役所の職員やトヨタ自動車の従業員など129名が参加していて、今回で8回目となります。Amazonは、各FCの所在地において、自治体、学校、企業、地域コミュニティなどを対象に様々な地域貢献活動を実施することで、積極的に「人の交流」を行っています。

今回のプログラムでは、レクサスの専門工場であるトヨタ自動車田原工場の管理職を中心とする30名が、多治見FCを訪問して、FCツアーに参加しました。ツアーの中では、多治見FCサイトリードの松本潤によるAmazonのグローバルビジネス成長の仕組みについての講義に参加して、従業員の安全を第一に考える職場環境を実現するための「5S」(整理、整頓、清掃、清潔、躾)やカイゼン活動、またAmazonのリーダーシップを発揮するための行動理念である「OLP」について学びました。またツアーでは、お客様に最高のサービスをお届するための「カイゼン」やイノベーションについての事例を見学して、両社の取り組みについて意見交換を行いました。ツアー後には、社員食堂において地元の食材を使ったメニューを囲んでの昼食会も開かれ、参加者同士が親睦を深めました。

トヨタ自動車田原工場の参加者からは、以下のようなコメントがありました。
「私達が創業以来、世界の自動車産業をリードするために、日々実践しているカイゼン活動を、とても高い水準で実施しているアマゾン様に感動しました。様々な観点で施設内を確認しましたが、働きやすい職場作りを日々実践されていて、とても清潔で、作業が効率的に行える環境でした。」

今回の企業間交流プログラムを通じて、多治見FCサイトリード 松本潤のコメント。
「AmazonがFCで日々実践している安全や5Sのノウハウ、カイゼン文化を地域の皆様に提供できることは、従業員にとっても大変誇らしいことです。こうしてトヨタ様との交流の機会を毎年持てることをとても嬉しく思います。今後も、地域社会の一員として、私たちの働きやすい職場環境作りを、地元の皆様にご紹介していきます。」

今後もAmazonは、多治見市に立地する企業として、地域の皆様とのコミュニティ活動の推進と社員が働きやすい職場環境作りに取り組んでまいります。

<Amazonについて>
Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom(http://amazon-press.jp)およびAmazon ブログ(http://blog.aboutamazon.jp)から。