Amazon、新たな息吹をもたらす漫画家を発掘する「第1回Kindleインディーズマンガ大賞」を開催

Amazon、新たな息吹をもたらす漫画家を発掘する「第1回Kindleインディーズマンガ大賞」を開催

審査員には、タレントの中川翔子氏、コミックマーケット代表、代々木アニメーション学院代表など、豪華な顔ぶれが参加

2019/10/10

2019年10月10日(木)、Amazon(所在地:東京都目黒区)は、新たな息吹をもたらす漫画家を発掘するべく、「第1回Kindleインディーズマンガ大賞」を開催いたします。「第1回Kindleインディーズマンガ大賞」は、Amazonが提供している電子書籍の自主出版サービス「Kindleダイレクト・パブリッシング(KDP)」を通じて、漫画家が無料でAmazon Kindleストアに作品を直接公開できる「Kindleインディーズマンガ」の一環として開催します。

応募期間は2019年10月10日(木) から2020年1月7日(火)までで、年齢やジャンル、プロ・アマチュアに関わらず、日本在住であればどなたでも気軽に応募できます。審査員にはマンガに造詣の深い著名人として、タレントの中川翔子氏、コミックマーケットの共同代表安田かほる氏、代々木アニメーション学院の代表者の3名をお迎えします。また、Kindleインディーズマンガの読者からの人気度をふまえて、受賞候補者を選定するため、マンガ愛好家の皆さんの声も審査に反映できることになります。賞金には総額500万円が用意されており、大賞に200万円、続く優秀賞3名にそれぞれ100万円が渡されます。

 

アマゾンジャパン合同会社のKindleコンテンツ、ゼネラルマネージャ、エイミー・ワース(Amy Worth)は、以下のように述べています。
「この度、Kindle インディーズマンガ大賞の開催をお知らせできることをたいへん嬉しく思います。この賞は、新たな息吹をもたらす有望なインディーズマンガ作家を支援し、Amazonのマンガ愛好家のみなさまとすばらしい作品を共に発掘することを目的にしています。特に、今回は3名の著名な審査員の皆さんに参画いただいており、マンガ愛好家の皆さまに多くの新しい作品をご紹介できることを大変嬉しく思っております。」

 

審査員を務める中川翔子氏は、下記のようにコメントされています。
「マンガを描くことは私の生きがいであり、このコンテストに携わることができることを嬉しく思います。この機会を通して、もっと多くの人に自分たちのマンガを発信してもらいたいなと思います。みなさんからいただく素晴らしい作品の中から、ほかの審査員の方たちと一緒に受賞者を選出させていただけることを楽しみにしています。」

 

第1回Kindleインディーズマンガ大賞概要:

応募規約の詳細についてはこちらよりご覧ください。

本コンテストは、日本在住の方であれば、年齢、ジャンル、プロ・アマチュアに限らず応募可能です。作品数やページ数にも制限はありません。ただし、応募期間開始以前にAmazon.co.jpで公開済みの作品(マンガ作品)は、応募対象外です。

 

応募スケジュール:

  • 応募期間: 2019年10月10日(木)~2020年1月7日(火)            
  • 一次審査通過作品発表:        2020年1月31日 
  • 授賞式:                               2020年2月~3月

審査員:

  • タレント 中川翔子
  • コミックマーケット共同代表 安田かほる
  • 代々木アニメーション学院 代表者
  • アマゾンジャパン合同会社 代表者

賞金:

  • 大賞200万円、優秀賞3名にはそれぞれ100万円

 

2018年の発表以来、Kindleインディーズマンガは年齢、キャリアに関わらず、あらゆるマンガ愛好家に、自主出版をし、何百万ものダウンロードの機会を提供してきました。また、2018年7月以来、漫画家にインディーズ無料マンガ基金を通して分配金を提供し、日本全国の何百名もの漫画家に合計5475万円が分配されています。

2019年Kindleインディーズマンガ大賞の詳細は、こちらをご覧ください。
www.amazon.co.jp/Indie-Manga-award

 

Amazonについて
Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom(http://amazon-press.jp)およびAmazonブログ(http://blog.aboutamazon.jp)から。