Amazon Newsroom プレスリリースの自動受信登録 https://amazon-press.jp/ こちらの登録をすると、Amazon Newsroom内にて更新されたプレスリリースを サイトにアクセスすることなく確認できるようになります。 jp Copyright 2017 Amazon.jp Sun, 22 Oct 2017 02:43:29 CEST Sun, 22 Oct 2017 02:43:29 CEST Magnolia CMS Amazon Newsroom プレスリリースの自動受信登録 https://amazon-press.jp/docroot/images/logos/logo_rss_jp.png https://amazon-press.jp/ 144 20 こちらの登録をすると、Amazon Newsroom内にて更新されたプレスリリースを サイトにアクセスすることなく確認できるようになります。 /Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Community/LocalCommunity20171020/ Amazon、多治見市と連携し「Global Women’s Career Session」を初開催 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Community/LocalCommunity20171020/ Amazon米国本社 広報本部ディレクターを招いて女性のキャリア形成についてディスカッション 総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下Amazon)は、10月19日(木)、多治見市役所にて、全世界のAmazonの物流拠点やカスタマーセンターの広報責任者であるレベッカ ソルトと、「Global Women’s Career Session」を開催しました。多治見市が海外の講演者によるキャリアセッションを開催したのは初めてとなります。また、Amazonが多治見市で国内外のリーダーを招いた基調講演や懇親会を実施するのは今回で3回目となります。

当日は、多治見市の職員、会社員、消防士、幼稚園教諭、学生など女性22人がセッションに参加しました。セッションでは、グローバルビジネスでの経験、Amazonのダイバーシティ、リーダーシップについて講演しました。

参加者は積極的なディスカッションを行い、「笑顔を忘れず、失敗を恐れないことが大事であることを学び、前向きな考えを持つことができた。」「仕事と家庭との両立に悩んでいたが、多くのヒントを得られた。」「一歩踏み出すために背中を押してもらえた。」など感想を述べました。

レベッカ ソルトは、次のようにコメントしました。
「多治見市の皆さんと今後のキャリア形成やリーダーシップ、ダイバーシティなどについて有意義な意見交換ができ、私自身にとっても新しい体験ができました。皆さんと一緒に、働く女性の可能性を広め、多治見市に若い世代や女性たちのお手本となる人が増えることを願っています。」

当日参加した多治見市長の古川氏は、「Amazonと多治見市が協力し、また新たな地域貢献活動ができたことに感謝と喜びを感じています。本日のレベッカさんのお話をもとに、もっと女性が輝き、活躍できる多治見市を作っていきたいと思います。」とコメントしました。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2017/Kindle-Oasis-2017-10-11/ Kindle電子書籍リーダーの最上位機種「Kindle Oasis」の最新版を発売。日本で5周年を迎えるKindle、製品・コンテンツ共にさらに進化 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2017/Kindle-Oasis-2017-10-11/ 7インチの大画面、最高解像度のディスプレイの搭載や、 筐体背部へのアルミニウム採用や独自の軽量薄型デザインの実現に加え、 Kindle電子書籍リーダー初の防水機能を装備したKindleモデル。さらにストレージの大容量化を実現し、マンガを読むのにも最適に Amazon.co.jp (以下、Amazon) は、本日2017年10月11日(水)、Kindle電子書籍リーダーの最上位機種「Kindle Oasis」の新モデルを発表しました。Kindle電子書籍リーダーとして最大の7インチの画面、くっきりと明瞭な文字を表示する300ppiの最高解像度ディスプレイ、また、独自の人間工学に基づく軽量薄型のデザインを採用し、お客様に読書に没頭できる環境をご提供します。さらにKindle電子書籍リーダー初の防水機能(IPX8等級)*1を備え、お風呂やプールなど、今まで適わなかった場所でも、くつろぎながら読書を楽しめるほか、数週間使用可能なバッテリー寿命を有し、バッテリーのフル充電も2時間以内で完了するなど、すべての機能を刷新したモデルとなります。また、8GBもしくは32GBを選択できる大容量ストレージを搭載した新Kindle Oasisは、今まで以上に多くのマンガの保存が可能になり、大画面で読みやすく,マンガ愛好家にも楽しんでいただけるモデルです。価格は33,980円~(税込)*2で、Amazon.co.jpで販売いたします。本日より予約受付を開始し、出荷開始は10月末を予定しています。詳しくはこちら( http://www.amazon.co.jp/kindleoasis )をご覧ください。

*1 IEC(国際電機標準会議)規格IEC60529に規定された防水等級IPX8等級

*2プライム会員価格は29,980円~(税込)

また、2017年10月下旬にはKindle電子書籍リーダーおよび、Kindleストアは国内市場での導入開始から5周年を迎えます。国内で初めてKindle電子書籍リーダー Kindle Paperwhiteを2012年10月に発売して以降、軽量化され持ち運びに便利になったKindle Voyageや、高画質ディスプレイを搭載し、デュアルバッテリーシステムの採用で長寿命を実現した初代Kindle Oasis、ストレージ容量を32GBに拡大し、シリーズ物のマンガを読むのにも最適なKindle Paperwhite 32GB マンガモデル等、多くの機種を市場へ導入してまいりました。また、Kindle電子書籍リーダーと同月にスタートしたKindleストアは現在、著名作家を含む書籍、マンガ、雑誌を豊富に取り揃え、和書は開始当初と比べて約12倍超える品揃えとなりました。その他、月額¥980で本、コミック、雑誌、洋書が読み放題になるKindle Unlimitedや、プライム会員であれば数百冊もの書籍が読み放題になるPrime Readingなどの新しいサービスも続々と開始しています。Amazonは今後もKindleコンテンツとKindle電子書籍リーダーの両輪でお客様の読書体験を一層強化してまいります。

Amazon.comのAmazon デバイス担当 シニア・バイス・プレジデントのデイブ・リンプ(Dave Limp)は、次のように述べています。

「Amazonは米国で10年前、全ての本を60秒以内でお手元に届けるというミッションの元、初代Kindle電子書籍リーダーを開発し、発売を開始しました。新しいKindle OasisはKindleシリーズ最大の7インチの画面、300ppiの最高解像度ディスプレイを備え、独自の人間工学のデザインと筐体背部のアルミニウムの採用により、軽量薄型を実現し、さらにKindleシリーズ初の防水機能を有するなど、手法や場所を選ぶことなく、いつでもどこでも物語に浸ることができる最上位モデルです。」

快適さを追求したデザイン

新Kindle Oasisでは、ページ当たりの文字数を30%以上増やしたことにより、文字主体の書籍はページをめくる手間が減り、マンガはより大きなイメージで楽しむことができるようになりました。また、ページターン機能を搭載し、ページめくり速度はKindleシリーズ最速です。さらに、ディスプレイの明るさを均一にするフロントライトは、文字をくっきり美しく映し出し、明るい日差しの下でも光の反射を気にせず、本物の紙のような読みやすさを実現しています。

一方、人間工学に基づいて設計されたグリップにより、Kindle Oasisの重心は自然と手の中に納まり、しっくりと落ち着きます。また、グリップに設置されたボタンは、より簡単なページめくりを可能にするほか、左右どちらの向きで握っても、自動で画面の表示方向を端末の上下に合わせます。

さらに、左右で薄さの異なるデザイン、Kindle史上最も強度の高いカバーガラスに加え、今回新たに筐体背部にアルミニウムを採用したことにより、最薄の個所でわずか3.4mmとなる薄型設計を実現しました。

Kindle電子書籍リーダー初の防水機能

初めてKindle Oasisに、防水機能(IPX8等級)を備え最深2mの真水に最大60分間の浸漬が可能。お風呂やプールなど、今まで適わなかった場所でも、いつでもどこでもくつろぎながら読書を満喫できます。

より多くのコンテンツを楽しめる大容量ストレージ

新しいKindle Oasisでは、8GBと32GBの2種類のストレージ容量を搭載したモデルをご提供します。初代Kindle Oasisのストレージ容量から倍増された8GBモデルは、数千冊の本を保存できます。また、32GBモデルには、マンガや雑誌など、容量の大きいコンテンツも保存が可能です。

パーソナライゼーションの追求

新しいKindle Oasisは、より良い読書環境をサポートするため、お客様独自の設定に端末をパーソナライズ化できる機能を搭載しました。内蔵の環境ライトセンサーにより、うす暗い部屋の中や明るい日差しの下など、環境に応じてディスプレイの明るさが自動的に調整されるほか、好みに応じて、明るさを設定することもできます。

従来より、電子書籍リーダー「Kindle」に搭載されている共通機能

Amazonが手がけてきた電子書籍リーダーのKindleは、読書に集中できるよう、本を読むことに特化した設計がされています。このため、タブレットやスマートフォンとは異なり、明るい日差しの下でも画面が反射することはなく、また、メールやソーシャルメディア、ショートメッセージなどが読書を妨げることがありません。その中でもKindle Oasisは、Kindleシリーズ最上位機種です。

  • Whispersync Kindle電子書籍を読み終わった最後のページやブックマーク、注釈を保存、同期化し、Kindleアプリを利用してお手持ちのどのデバイスでも、すぐにその続きを楽しめます。
  • 安心のアーカイブ: クラウドに保存されたKindle電子書籍は自動的にバックアップが行われ、本の紛失を心配する必要がありません。いつでもワイヤレスで本を再ダウンロードできます。
  • X-Ray: レントゲン写真のようにX-Rayで本の概要を即座に把握することができます。読書中にX-Rayボタンを押すと、本に含まれる主要なキーワードが「人物」「場所」「トピック」等に分類され、一覧で表示されます。
  • Word Wise: 数多くの洋書(英語)で利用でき、難しい洋書も、読んでいるその場で英単語を調べ、理解しながら楽しむことができます。読書中に出てきた難しい英単語には簡単な単語で意味が表示され、英語の本をより簡単に読み進められます。
  • 読了時間: パーソナライズ機能を利用して、これまでの読書スピードを基に章や本の読了に要する時間を表示します。
  • Vocabulary Builder 辞書機能で調べた単語を簡単に参照できるリストにまとめます。このリストとフラッシュカード機能を活用して学習したり、本文中の言葉を参照したりできます。
  • お気に入りの一節を共有: 本のお薦めコメントやハイライト、引用などをFacebookやTwitterを通じて友人に共有できます。
  • Smart Lookup: 辞書機能をX-RayやWikipediaと連動させることができます。

豊富な品揃えを持つ電子書籍ストア

Kindle 電子書籍リーダーは、Kindleストアを容易に利用できます。

  • 豊富な品揃え: 最新のベストセラーやコミック、雑誌など60万タイトル以上の和書を含む600万タイトル以上揃えているほか、Kindle UnlimitedやPrime Readingなどのサービスもご提供しています。
  • Kindle Unlimited:月額980円(税込)で12万冊を超える書籍、雑誌、マンガ、児童書などが読み放題になる、読書愛好家に最適な定額読み放題サービスです。

数百冊もの豊富なKindle電子書籍のセレクションから追加料金無しで好きなだけ楽しめる、Amazonプライム会員向け新サービスPrime Reading

Amazonは、豊富な品揃えを持つKindle 電子書籍の中から厳選された数百冊の書籍やマンガ、雑誌を追加料金なしで、好きなだけ楽しむことができるAmazon プライム会員向け新サービス「Prime Reading」を開始しました。「陰日向に咲く」、「学校では教えてくれない大切なこと」、「カーネギー話し方入門」などのKindleでのベストセラー作品、「あなたのことはそれほど」、「つぐもも」、「ウロス」などの人気マンガシリーズや、「東京カレンダー」、「Ray」、「DIME」などの人気書籍もサービス開始時点で対象となっています。

Kindle Oasisの価格は、8GBモデルが33,980円(税込)*、32GBモデルが36,980円(税込)*、32GBの3G付きモデルは44,980円(税込)*です。本日より予約受付を開始し、出荷開始は10月末を予定しています。詳しくはこちら( http://www.amazon.co.jp/kindleoasis )をご覧ください。

* プライム会員価格は、8GBモデルが29,980円(税込)、32GBモデルが32,980円(税込)*、32GBの3G付きモデルは40,980円(税込)*です。

Kindle Oasisの新モデル用のカバーは、装着すると端末と一体化し、本の表紙を開くように開閉することができます。カバーを閉じるとKindle Oasisが自動的にスリープし、開くとスリープが解除されます。二種類の素材が用意され、水に強いファブリック素材のカバーは、インディゴ、サンドストーン、チャコールの3色で各5,280円(税込)、高品質なレザー製は、ミッドナイト、メルロー、 サドルタンの3色で各7,180円(税込)です。

※価格はいずれもAmazon.co.jpでの税込販売価格です。
※※出荷開始日は変更になる場合がございます。
※※※本製品はAmazon.co.jpのみでのお取扱いとなります。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Retail/20171006_EducationalToyAward/ 「Amazon知育・学習玩具大賞2017」を発表 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Retail/20171006_EducationalToyAward/ 今年は“STEM”をテーマに、「プログラミング」「ロボット」「算数・数学」の部門賞を新設 / 大賞には創作力や計画性を育む“お話サイコロ”を選出 総合オンラインストアAmazon.co.jp (以下、Amazon)は、本日10月6日(金)、2回目となる「Amazon知育・学習玩具大賞2017」(http://www.amazon.co.jp/chiiku1)を発表しました。この賞は、Amazonで販売している国内外の数万点の知育・学習玩具の中から、Amazonカスタマーレビューと、脳研究、情操教育、プログラミングの分野で深い見識を持つ専門家の方々の意見をもとに、子どもの知的発達や好奇心を刺激するおもちゃを選定するものです。

今年は、社会的に関心が高まりつつある“STEM(Science, Technology, Engineering, Mathematics)”をテーマに、「プログラミング」、「ロボット」、「算数・数学」の部門賞を新設しました。また、大賞には、創作力や計画性を育むお話サイコロ「ローリーズストーリーキューブス 冒険」が選出されたほか、審査員特別賞には、立体やプログラミングの基礎が学べるおもちゃが選ばれました。

今年8月にAmazonが実施した意識調査によると、2020年度に小学校で必修化が予定されている「プログラミング」など、科学技術・理系に関連した能力を育むことが期待できる知育玩具に対する関心が高いことが分かりました。その一方で、60%以上の親が「理系教育やプログラミング教育について特に何もしていない」という現状であることが分かりました。
さらに、この「Amazon知育・学習玩具大賞2017」の審査対象には、ロボットやプログラミングに関するおもちゃが複数、ノミネートされるなど、遊びながら理系の能力を育むことが期待できるおもちゃへのニーズが高まりつつあります。

本プロジェクトの発表にあたり、アマゾンジャパン バイスプレジデント ライフ&レジャー事業本部 統括事業本部長 渡辺朱美は次のようにコメントしています。
「お客様からの年々高まる知育玩具に対するニーズにお応えし、本日、『Amazon 知育・学習玩具大賞2017』を発表できることを嬉しく思います。理系教育に対する関心が高まる中、遊びながら理系の能力に必要とされるアプローチや発想の土台を築くことのできる知育玩具をご提案したいと考え、今年はSTEMに関連する部門賞を新たに設けました。Amazonでは、引き続き知育玩具の品揃えの拡充とお客様の利便性の向上に努めてまいります。」

なお、Amazonおもちゃストアでは、昨年の「Amazon知育・学習玩具大賞」の発表以降、多くのAmazonカスタマーレビューを投稿いただくなど、お客さまからご好評いただいております。さらに、米国で注目を集めるSTEM教育に対し、日本でもそのニーズが高まっていることから、2016年10月に「STEMストア」を開設するなど、理系の能力の基礎を育むことのできるおもちゃを取り揃えています。

 

<Amazon 知育・学習玩具大賞2017 概要>

コンセプト:
Amazonのお客様が実際に使って「良い」と感じたおもちゃの中から、専門家がそれぞれの知見やお客様の声を参考に、「子どもの知的発達や好奇心を刺激するおもちゃ」を選定する賞。
今年は、年々高まるSTEM教育に対するお客様のニーズにお応えし、「プログラミング」、「ロボット」、「算数・数学」の部門賞を新設。

おもちゃの対象年齢:
2~12歳を対象とする。

主な選考基準:
●一次審査: 2015年1月以降に発売された数万点のおもちゃの中から、Amazonカスタマーレビューにより、47点のおもちゃを選定。

  1. 購入したお客様から、高い支持を得ていること。購入者したお客様が投稿したカスタマーレビューの件数が2件以上、かつ星の数は平均4.0以上とする
  2. その商品1点だけで子どもが遊べるおもちゃ。2商品以上購入しないと遊べないセット商品は対象外とする。
  3. 店舗やオンラインサイトなどで入手が可能なおもちゃ。ただし廃番のおもちゃは対象外とする。

●二次審査: 脳研究、情操教育、プログラミングの専門家の審査により、「知育・学習玩具大賞」(1点)、部門賞(プログラミング、ロボット、算数・数学の3点)、審査員特別賞(3点)を選定。

  1. 「知育・学習玩具大賞」は、知的発達や好奇心を刺激するおもちゃであり、かつ、専門分野の視点から、注目すべきポイントがあるおもちゃとする。
  2. 「部門賞:プログラミング」は、プログラミング的思考を育むことが期待できるおもちゃとする。
  3. 「部門賞:ロボット」は、コミュニケーション能力を育むことが期待できるおもちゃとする。
  4. 「部門賞:算数・数学」は、算数・数学に関連する能力を育むことが期待できるおもちゃとする。
  5. 「審査員特別賞」は、各審査員が専門分野の観点から優れていると評価したおもちゃとする。

●Amazon特別賞:
新商品のため一次審査の基準を満たさずノミネートされなかったが、既に海外で販売されており評価が高いおもちゃ、もしくは評価が高いが認知度が低いおもちゃをAmazonおもちゃ&ホビー事業部が選定。

  • 脳研究者:池谷裕二(いけがや・ゆうじ)氏
    • 脳研究者、東京大学 薬学部教授。研究の傍ら、脳と教育に関する著書も多く、「進化しすぎた脳」「記憶力を強くする」は20万部を超えるベストセラーになっている。
  • NPO法人CANVAS 理事長:石戸奈々子(いしど・ななこ)氏
    • 慶應義塾大学准教授。東京大学工学部卒業後、MITメディアラボ客員研究員を経て、子ども向け創造・表現活動を推進する「CANVAS」を設立。これまで3,000回のワークショップを開催し、約50万人の子どもたちが参加している。
  • NPO法人みんなのコード 代表理事:利根川裕太(とねがわ・ゆうた)氏
    • 「みんなのコード」の代表理事として、“全ての子どもがプログラミングを楽しむ国にする”というミッションの下、学校でのプログラミング教育の普及活動を推進する。

≪Amazon知育・学習玩具大賞2017 受賞商品≫
賞/商品/会社名
1. 知育・学習玩具大賞/ローリーズストーリーキューブス 冒険/The Creativity Hub
2. 部門賞:プログラミング/プリモトイズ キュベット/プリモトイズ
3. 部門賞:ロボット/BOCCO(ボッコ)/ユカイ工学
4. 部門賞:算数・数学/高学年の小学生ピタゴラス/ピープル
5. 審査員特別賞/Gravity Maze(グラビティ・メイズ)/CAST Japan
6. 審査員特別賞/KOOV(クーブ)/ソニー
7. 審査員特別賞/ブロクセル/マテル
8. Amazon特別賞/チューブロック/チューブロック
9. Amazon特別賞/COZMO(コズモ)/タカラトミー

■知育・学習玩具大賞
『ローリーズストーリーキューブス 冒険』(1,500円) http://www.amazon.co.jp/dp/B01D8C5IOO
サイコロに書かれたイラストを繋げて、1つの冒険物語を作るというシンプルでありながらも、遊び方に奥行きがあるおもちゃ。サイコロのイラストは一見すると何を表しているのか分からないものもあり、柔軟な想像力や順応性が求められる。また、他のゲームやパズルと異なり、正解があるわけではないので、参加者やルールによっては遊び方に無限の広がりがある。プログラミングにおいては「どういうストーリーを作るか」という想像力や計画性が重要だが、このおもちゃは頭を柔らかくし、ストーリーを考えるうえでも役に立つ。アナログな見た目にも関わらずプログラミングに必要な基礎的な力の育成を助けるおもちゃと言える。

■部門賞:プログラミング
『プリモトイズ キュベット』(31,968円)
http://www.amazon.co.jp/dp/B01N02G5ET
プログラミング関連のおもちゃは入門用でもハイエンドなものが多いが、このおもちゃであれば、まだ文字が読めない時期の子どもでも楽しんでプログラミングの基礎を理解できる点が魅力。今後、学校教育だけでなく、親が子どもにプログラミングを教える、もしくは親自身がプログラミングの基本的な概念を理解するうえで役に立つおもちゃだと考えられる。また、木の柔らかい質感や、遊び方を説明したストーリーブックがあることによって、プログラミングに対して、より親しみをもって接することができる。

■部門賞:ロボット
『BOCCO(ボッコ)』(31,320円)
http://www.amazon.co.jp/dp/B015SQSYCQ
ロボットに関しては「コミュニケーション性」が論点となったが、このおもちゃはロボットを介して遠隔で親子がコミュニケーションできるという点が、未来を感じさせ、評価された。振動センサーの他にも鍵センサーなどさまざまなセンサーを付けられるので、スマートホーム用の端末としても機能する点も他のロボットにはなかった特徴。一方でデザインのかわいらしさもあり、あくまでも「家電」ではなく「おもちゃ」として接することができる。落下試験など、おもちゃとしての安全性についても検証されている点も評価された。

■部門賞:算数・数学
『高学年の小学生ピタゴラス』(2,974円)
http://www.amazon.co.jp/dp/B00ZVYN8YK
小学校の算数のなかで、先生が教えるのにも、生徒が理解するのにも苦労するのが図形。立体的なものなので、平面的な教科書の説明だけでは理解しづらい図形が、このおもちゃを使うことによって、実感をもって楽しく理解できるようになる。特に展開図からどんな立体が出来るかは体感しづらいが、このおもちゃを使えば理解が進み、さらには「ここを変えたらどうなるのだろう」という探求心も生まれてくる。小学校の高学年用とあるが、さらに低年齢の子どもでも遊べる点も評価された。

■審査員特別賞
『Gravity Maze(グラビティ・メイズ)』(5,843円) http://www.amazon.co.jp/dp/B00MNI6XD0
脳の発達の過程では立体をとらえることが重要だが、このおもちゃで遊ぶことによって、動きの意外性、驚きが刺激となり、立体について楽しみながら学ぶことができる。また学びにとって重要な「予測」「計画」「実行」「反省」のなかでも、「予測」しながらタワーを組み立て、ボールが落ちる結果を見て「反省」する能力が鍛えられる。見た目も美しく、難易度にも幅があるため、長く楽しむこともできる。

■審査員特別賞
『KOOV(クーブ)』(37,871円)
http://www.amazon.co.jp/dp/B06W9GZQ48
自由度が抜群に高いことが魅力の1つ。ブロックにモーターやセンサーを組み合わせ、プログラミングをすることで、自分のアイデアを次々とカタチにできる。透き通るブロックを組み合わせることで生まれる色彩は実に美しく、完成した作品は玩具を超え、室内に飾るオブジェとして機能する。つくったものが思い通りに動くワクワク感、つくったものをみせたくなるドキドキ感に子どもも大人も夢中にさせられる。デザイン力、技術力、教材開発力を総動員して実現したKOOVの世界観は、未来の玩具・教具の萌芽を感じさせる。

■審査員特別賞
『ブロクセル』(3,700円)
http://www.amazon.co.jp/dp/B01FUFJ4ZQ
数あるプログラミング関連のおもちゃの中で、「こういったおもちゃがあるのか」という新鮮さを感じた。コンピューターでゲームを作るときのように、ドットをコンピューターで打ち込むのではなく、自分自身の手を使って打ち込んでいくので、その過程を通じて画像がコンピューターの中でどう認識されているのかを実感をもって理解できる。これからの時代はあらゆる場面でコンピューターを使うことが当たり前になってゆくが、「コンピューターってどうなっているの?」ということを体感的に学ぶことができる。

■Amazon特別賞
『チューブロック スタンダードセット』(7,854円) http://www.amazon.co.jp/dp/B01LXXJPK9
配管素材メーカーが開発した配管の形をしたユニークなブロック。ブロックではあまり使われない色づかいも魅力的。画一的な組み立て方をするものが多いブロック玩具の中で、3次元の構造物を上手く表現できるものとして、今までにない組み立て方を起用しており、子どもの創造力を養うことにつながる点が評価された。

■Amazon特別賞
『COZMO(コズモ)』(27,681円)
http://www.amazon.co.jp/dp/B07416TJRD
喜怒哀楽の感情を表現し、まるでパーソナリティーを持っているかのように動くロボット。与えられた命令を実行するタイプのロボットとは異なり、その場の環境を見て自分で状況を判断するAI(人口知能)を搭載している。これからの子どもに起こりうる「ロボットと暮らす未来」を楽しく体験することが出来る。


※Amazon販売価格は、2017年10月6日時点のものです。最新の価格は、Amazon.co.jpサイトをご参照ください。なお、販売事業者様が販売する商品には別途配送料がかかることがあります。詳細は、各商品のページをご参照ください。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Community/LocalCommunity20171006/ アマゾンジャパン合同会社 社長 ジェフ ハヤシダが鳥栖高校を訪問 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Community/LocalCommunity20171006/ 橋本康志 鳥栖市長も参加し、ジョブシャドウ参加生徒との懇親会を実施 総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下Amazon)は、10月5日(木)、佐賀県立鳥栖高等学校にて、アマゾンジャパン合同会社社長ジェフ ハヤシダ(以下 ジェフ ハヤシダ)と、職業体験プログラム「ジョブシャドウ」に参加した生徒34名との懇親会を実施しました。「ジョブシャドウ」は、2015年よりAmazonが鳥栖市で初めて実施しているプログラムです。

この懇親会では、参加生徒たちの今後の学校生活や進路をテーマにディスカッションを行いました。生徒たちからは、「ジョブシャドウ」を経験したことで、「大人の仕事に向かう姿勢を学んだ」「将来どんな職業に就きたいかを考えるように なった」「高校生のうちから英語を積極的に勉強するようになった」などの感想が述べられました。

ジェフ ハヤシダへの質疑応答の時間では、「今後チャレンジしたいこと」「これまでのなかで一番の決断とは」「経営者になるために必要なこと」など積極的な質問が出ました。生徒たちの質問に対して、ジェフ ハヤシダは、自らのグローバル ビジネスやAmazonでの体験をもとに語りました。

ジェフ ハヤシダは、次のようにコメントしました。
 「鳥栖高校との『ジョブシャドウ』が3回目を迎えたことを機に、参加された生徒さんとお会いできる機会を設けることが でき嬉しく思っています。『ジョブシャドウ』を経験して学んだことなどを、生徒さんから直接話を聞くことができ、私にとっても大きな学びとなりました。今後も、 このような物流拠点のある地域の皆様と連携した取り組みを行い、地域に根差したFCづくりを展開したいと思います。」
また、本イベントに参加した鳥栖市長の橋本氏は、以下のようにコメントしました。「鳥栖市での地域貢献の一環として、 ジェフ社長と鳥栖高校の生徒が交流する機会が得られたことを喜ばしく思います。生徒の皆さんが自分自身の素晴らしい進路を切り拓いてくれることを願っております。」

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Prime/Prime-Reading-2017-10-05/ Amazon、プライム会員向けの新サービス「Prime Reading」を日本で開始 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Prime/Prime-Reading-2017-10-05/ ~随時入れ替わる数百冊もの人気のKindle電子書籍、マンガ、雑誌を無料で読み放題~ 総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)は本日2017年10月5日(木)、Amazon プライム会員向けの新しいサービス、「Prime Reading」を日本で開始しました。豊富な品揃えを持つKindle電子書籍の中から厳選された数百冊の書籍やマンガ、雑誌を追加料金なしで、好きなだけ楽しむことができます。Prime Readingは、お急ぎ便等の配送特典、プライム・ビデオ、Prime Music、プライム・フォト、会員限定先行タイムセールなど、拡充を続けるAmazonプライムの特典に追加される最新のサービスです。

Prime Readingには「陰日向に咲く」、「学校では教えてくれない大切なこと」、「カーネギー話し方入門」などのKindleでのベストセラー作品、「あなたのことはそれほど」、「つぐもも」、「ウロボロス」などの人気のマンガシリーズや、「東京カレンダー」、「Ray」、「DIME」などの人気雑誌もサービス開始時点で対象となります。また、本サービスはKindle無料アプリを使ってお手持ちのiOS/Androidスマートフォンやタブレット、Kindle電子書籍リーダー、Fireタブレット、パソコン等の様々なデバイスでの利用が可能となり、プライム会員はご自分のスタイルで読書を楽しむことができます。Prime Readingについては、こちらのURLをご覧ください。www.amazon.co.jp/primereading なお、Prime Readingは、学生向けプログラムのPrime Student会員の方にもご利用いただけます。

Prime Readingの主な特長:

  • 著名作家を含む人気の本:「カラマーゾフの兄弟」(小説)、「奇跡のリンゴ」(ノンフィクション作品)、「ざっくり分かるファイナンス」(ビジネス書籍)、「いつでも会える」、「学研まんが NEW日本の伝記1(織田信長)」(絵本・児童書)のほか、池井戸潤氏、三浦しをん氏、辻村深月氏といったベストセラー作家の作品など、随時入れ替わる豊富なジャンルの作品を楽しむことができます。
  • 人気のマンガシリーズ:「政宗くんのリベンジ」、「アリスと蔵六」、「インベスターZ」など、有名マンガの中から、プライム会員は存分に人気のマンガを楽しむことができます。
  • 多彩なジャンルの雑誌:「OZmagazine」、「Casa BRUTUS」、「AERA」といった様々なジャンルの雑誌の全ページを読むことができ、最新トレンドを入手できます。
  • Prime Reading独自の短編作品:Kindle Singlesでは、人気作家による短編小説、ノンフィクション作品などを楽しめます。
  • デバイス各種に対応:無料のKindleアプリをダウンロードしたiPhone、iPad、Android OSのタブレットやスマートフォン、Kindle端末、Amazon Fireタブレットのほか、PCやMacでPrime Readingをご利用いただけます。
  • Kindleアプリの人気の機能:Popular Highlights、X-Ray、カスタマーレビューなど、ユーザーからの評価が高いKindleアプリの機能を楽しめます。

アマゾンジャパン合同会社 社長のジャスパー・チャン(Jasper Cheung)は、次のようにコメントしています。

「Prime Readingの開始により、Amazonプライム会員の皆様にこれまで以上に豊富な会員向けサービスをご提供できることを大変嬉しく思います。プライム会員は、『ザ・コーチ』などの実用書、『鉄腕アトム』などのマンガ、『山と渓谷』といった雑誌など、多種多様なジャンルの人気作品を無料で、様々なデバイスを使って楽しめるようになります。これからも『Amazonのプライム会員にならないなんて考えられない』とお客様に感じていただけるよう、プライム特典を充実させていきたいと考えています。」

半沢直樹シリーズで著名な直木賞作家、池井戸潤氏は次のようにコメントしています。

「プライム会員向けの新サービス、Prime Readingは、本と読者との新たな関係を提案するものではないでしょうか。このような試みに参加することで、私の小説がより多くの読者と巡り会えることを多いに期待しています。」

Prime Readingは、Amazonがプライム会員向けに展開している読書に関連した最新のサービスです。Amazonプライム会員はこちらのサイト(www.amazon.co.jp/primereading)にアクセスいただくことで、本日から、さまざまなデバイスでPrime Readingをお楽しみいただけます。まだAmazonプライム会員でない方は、こちらのサイト(www.amazon.co.jp/prime)から、Amazonプライム会員の30日間の無料体験を開始し、Prime Readingをお試しいただけます。また、Prime Readingは、学生向けプログラムのPrime Student会員の方にもご利用いただけます。さらに、より多くのコンテンツを楽しみたい方は、Kindle Unlimitedの30日間の無料体験を開始することで、120,000冊以上の日本語の書籍やマンガをお楽しみいただけます。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/Prime-Video-Amazon-video-minitheater-20171004/ Amazon ビデオで日本未公開の映画を先行独占公開 「Amazon ビデオ ミニシアター」の提供開始で、Amazon ビデオで観られるコンテンツがさらに充実 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/Prime-Video-Amazon-video-minitheater-20171004/ 注目のラインナップ第一弾はソニー・ピクチャーズ、マイ・シアターと提携 Amazon は、日本未公開の映画を、国内一早く先行独占公開する新たなサービス、「Amazonビデオ ミニシアター」を本日10月4日よりAmazonビデオにて開始することを発表いたします。Amazonをご利用されるすべてのお客様は、今後「Amazonビデオ ミニシアター」を通じて日本初公開の映画を、オンデマンドでレンタルして、いち早く楽しむことができます。これにより、上映劇場が限られてきたミニシアター系の良質な映画を、日本中どこからでもAmazonビデオでお楽しみいただけるようになり、またAmazonビデオが提供する映像コンテンツが独占公開映画を含むことにより、さらに充実したものになります。なお、先行独占配信期間は各作品につき約1か月間の予定です。

本サービスの幕開けを飾る、記念すべき初回公開作品は、ソニー・ピクチャーズ提供の『ビリー・リンの永遠の一日』です。アカデミー賞® 監督賞に2度も輝いた名匠アン・リー監督作で、ヴィン・ディーゼルやクリステン・スチュワート、クリス・タッカーら豪華キャストが出演する作品となっており、10月4日より10月31日までの間、Amazonビデオで先行独占配信いたします。本作に加え、今後も続々とバラエティ豊富なラインナップを「Amazonビデオ ミニシアター」のセレクションに追加していく予定です。

Amazonビデオ事業部門 本部長のウェイド・ワカシゲは次のようにコメントしています。
「このたびは、Amazonのお客様に、良質な映画を日本で初公開する新しいサービスをご提供することができ大変嬉しく思います。海外で多数受賞した映画でも、日本ではなかなか劇場公開されなかったり、海外劇場公開後からDVD発売やオンデマンド配信開始まで、最長1年以上かかることもあります。特に映画ファンのみなさまには『Amazonビデオ ミニシアター』を通して、できるだけ早いタイミングで日本初公開の映画をご覧いただき、また、視聴できる映画作品数も増やしていくことで、Amazonビデオのサービスをより楽しんでいただけると思います。」

また、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント ホームエンタテインメント営業統括本部バイスプレジデントの曽我謙介氏も次のようにコメントしています。
「このたび、Amazonと一緒にソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPEJ)の日本初上陸作品を提供させていただけることを大変喜ばしく思います。SPEJホームエンタテインメント部門は、多彩なコンテンツを様々な方法で提供してきました。技術革新により情報が瞬時に世界を駆け巡り、コンテンツの趣味嗜好や消費方法が多様化していく中、好きな時に好きな場所で日本初上陸の作品をお楽しみいただける本サービスは非常に魅力的なものであると考えています。今回はお客様からの問い合わせが非常に多かった作品群をご用意させていただきました。本サービスを通して、一人でも多くのお客様に映画コンテンツの素晴らしさを体感していただければと思います。」


「Amazonビデオ ミニシアター」で先行独占配信を開始する作品の概要は以下の通りです。

初回作 『ビリー・リンの永遠の一日』概要
戦場での姿がメディアに取り上げられ、19歳でイラク戦争の英雄になった青年ビリーの戦争体験と、心の葛藤を描くヒューマンドラマ。一夜にして“英雄”になったビリーがアメリカに一時帰国し、凱旋ツアーに駆り出される中で感じる違和感や、フラッシュバックする戦場での出来事を通して、9・11以降のアメリカ社会のあり方や、戦争とは何かを社会に問う作品。

監督:アン・リー
出演:ジョー・アルウィン(主演)、ヴィン・ディーゼル、ギャレット・ヘドランド、クリス・タッカー、クリステン・スチュワート他
製作:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
先行独占配信期間:2017年10月4日より10月31日まで


今後Amazonビデオ ミニシアターでの先行独占公開が予定されている作品は以下の通りです。
『ホーンテッド・メモリーズ 戦慄ノ館』(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
2017年11月1日〜2017年11月28日独占配信予定
 
『バンド・エイド』(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
2017年11月29日〜2017年12月26日独占配信予定

『Man From Reno(原題)』(マイシアターD.D.)
2017年12月27日〜2018年1月23日独占配信予定
 
※本リリース掲載作品のレンタル鑑賞価格は1400円です。今後配信される作品の価格は変動する可能性がございます。
 


Amazonビデオ ミニシアターの詳細については以下URLをご確認ください。
http://www.amazon.co.jp/movie

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Retail/Studio-1004/Studio_1004/ Amazon、成長するファッション事業をサポートするファッションの新しい撮影スタジオを日本に開設 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Retail/Studio-1004/Studio_1004/ Amazon Fashionは、数千のブランドと数百万点のアイテムを含む品揃えをご提供する 日本トップクラスのオンラインストアとして、2017年は既に数千万点のアイテムを販売 Amazon Fashionは、本日2017年10月4日(水)、2018年春にAmazon Fashion用の撮影スタジオ(新スタジオ)を日本にオープンすることを発表いたしました。総面積が7,500平方メートルを超える新スタジオは東京の品川シーサイドに完成予定です。Amazonがこれまで世界各地にオープンしたスタジオの中で最大を誇り、急成長するAmazon Fashionの事業が必要とする撮影ニーズに応えることを目的としています。

なお、新スタジオは、2013年オープンの米国ニューヨーク州・ブルックリンのスタジオ、2015年オープンの英国・ロンドンのスタジオ、そして、本年9月にオープンしたインド・デリーのスタジオに次いで4番目のスタジオとなります。

新スタジオは、11のスチール撮影エリア、5つの動画撮影エリア、2つのエディトリアルスタジオ、ヘア&メイクエリア、ライブラリー、ラウンジ、および会議室を備え、Amazon Fashionやその他の編集プロジェクト向けに年間100万点を超える商品画像・動画を撮影、制作するために使用される予定です。加えて、Amazonは、ファッション・ショーなどの業界イベントを主催し、“AT TOKYO”プログラムの一環としてデザイナーや学生向けにスタジオを提供することも計画するなど、日本のファッション業界を支援するための取り組みをさらに強化して参ります。

アマゾンジャパン合同会社 バイスプレジデント ファッション事業部門 統括事業本部長ジェームズ・ピータースは、次のように述べています。
「この度、Amazon最大となるスタジオを東京にオープンすることを発表でき、大変嬉しく思います。ファッションは、日本、そして世界のアマゾンにおいて最も急成長を遂げているカテゴリーの一つであり、新スタジオはファッション業界に対する継続的な支援の一環でもあります。Amazon Fashionの品揃えが拡大する中、このスタジオでさらに精度の高い写真やビデオを大量に撮影、制作することにより、お客様にサイト上でカラー、カッティング、サイズやテクスチャーなどをこれまで以上に細かくご確認いただけるようになります。また、新たに本業界に従事する皆様の雇用を創出することにつながると考えています。」

アマゾンジャパン合同会社 社長 ジャスパー・チャンは、次のように述べています。
「日本には継続的に多額の投資を行っております。拡大し続けるAmazonの東京オフィススペースに、新しいファッションスタジオが加わることを嬉しく思います。2018年の夏までに、全体で4,000以上のポジションを東京を拠点として置くことを目指しております。今後数年のうちに、東京および日本全国で数千規模の雇用を創出する計画です。」

Amazon.co.jpは、2007年に服、ファッション小物、シューズ、バッグ、腕時計をメインにしたファッションカテゴリーを立ち上げ、2009年にはジュエリーを追加しました。現在、Amazon Fashionでは、アディダス、アーバンリサーチ、アルマーニ エクスチェンジ、エドウィン、カシオ、カルバン・クラインジャパン、クラークス、グレースコンチネンタル、グンゼ、サムソナイト、シーバイクロエジェラート ピケ、スウォッチ、スナイデル、セイコー、ゼロハリバートン、チェンバー、ディーゼル、ディッキーズ、トミーヒルフィガー、ニューバランス、ノースフェイス、バンドームアオヤマ、ビームス、プーマ、フォリフォリ、フレッドペリー、ペリーコ、マンハッタンポーテージ、ミラオーウェン、ユナイテッドアローズ、ラコステ、リーバイス、リリーブラウン、ワコールなど、数千のファッションブランドを取り揃え、レディース、メンズ、キッズ、およびベビー向けに数百万点のファッションアイテムをご提供しており、本年は既に数千万点のアイテムを販売しています。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2017/Amazon-Alexa-1002/ 「Alexa」と「Amazon Echo」が年内に日本に登場 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2017/Amazon-Alexa-1002/ ~ Amazon Echoの頭脳、Alexaに話しかけるだけで、質問への回答を聞け、音楽の再生や、 スポーツ結果のチェックなども可能に ~ ~ Alexaをともに作り上げ、進化を支えてくださるお客様を対象にした招待制での購入が可能に ~

Amazon.co.jp(以下、Amazon)は、クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」と「Amazon Echo」を年内に日本に展開し、事前に購入を希望されたお客様には招待制でEchoを購入できるようにすると発表しました。さらにAmazonは、Alexa Skills Kit(ASK)およびAlexa Voice Service(AVS)を日本市場でも展開し、日本のお客様に向けて世界中の開発者がさまざまなAlexaによる音声体験を構築できるよう支援します。

Amazon.comのAlexa担当 バイス・プレジデントのトニー・リード(Toni Reid)は、次のように述べています。

「AlexaとEchoに対するこれまでのお客様の反応は極めて良好です。Amazonは、AlexaとEchoを年内に日本のお客様に提供し、お客様とともにAlexaを作り上げ、進化させていけることをとても嬉しく思っています。また、ASKとAVSを提供することで、新規および既存の開発者が日本のお客様のために革新的なAlexa体験を創造してくれることを期待しています。」

Amazon Echo – ハンズフリーで利用が可能、いつでも待機、直ぐに反応

Echoは、音声による操作で、常にハンズフリーで利用でき、いつでも反応します。お客様が部屋のさまざまなところから声をかけ、各種の情報や音楽の再生、ニュース、天気などの情報を求めると、Alexaが直ぐに対応します。Echoは、遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイにより、部屋中のさまざまなところから発せられる音声を明確に聞き取ります。また、それぞれのマイクの信号を合成する先進のビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、さらには音声指示以外の話し声さえも抑制します。Echoの先進的なオーディオデザインには、専用のツイーター、2.5インチ ダウンファイアーウーファーを組み合わせ、部屋全体に鮮明なボーカルとダイナミックな低音レスポンスを実現するDolbyプロセッシングが採用されています。

Alexa – Amazon Echoを支える頭脳

Amazon Echoを支える頭脳であるAlexaは、クラウドに構築され、常に進化し、賢くなっています。Alexaに話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認など、日常のさまざまな場面で役に立ちます。Echoの遠隔音声コントロール技術により、部屋中のさまざまな場所からでも、話しかけるだけで、これらのすべてを行うことができます。

Alexa Skills KitASK新しいAlexaスキルを作成するツール

Amazonは、日本のお客様に向けて開発者がAlexaスキルを作成できるようASKを提供する予定です。セルフサービス型の各種APIとツール群で構成されるASKによって、開発者がAlexa用の新しい音声駆動型機能を迅速、容易に作成できるようになります。Amazonがお客様の発する音声指示をAlexaが認識する、理解する、処理するといった一連の流れをすべて担うため、音声認識や自然言語処理の知識は必要ありません。日本のパートナーの一部には事前にAlexaスキルの作成を進めていただいております。これらのスキルは、株式会社NTTドコモ、クックパッド株式会社、KDDI株式会社、積水ハウス株式会社、ソフトバンク株式会社、日本放送協会(NHK)、東日本旅客鉄道株式会社、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ、ヤフー株式会社、株式会社リクルートホールディングス他のパートナーより提供される予定です。

Alexa Voice ServiceAVSハードウェアメーカーはAlexa対応製品の開発が可能に

AVSの使用により、ハードウェアメーカーの製品開発者はAlexa対応の製品を開発することが可能となり、接続されたあらゆるデバイスを音声で制御できるようになります。これによりお客様は、常に進化し続けるAlexa独自の機能に加え、スマートホーム端末を音声で操作したり、さまざまなAlexaスキルを利用できるようになります。 AVSは、API、ハードウェア開発キット、ソフトウェア開発キット、ドキュメントなど、自社製品を迅速かつ簡単にAlexaに対応させることを可能にするリソースを開発者に提供します。アンカー・ジャパン株式会社、HTC Corporation、オンキヨー株式会社、ハーマンインターナショナル株式会社ほかの企業はすでに、日本市場向けにAVSを使用したAlexa対応製品の発売を計画しています。

Alexa Skills Kit(ASK)およびAlexa Voice Service(AVS)は、年内に日本でも展開する予定です。ASKおよびAVSの詳細は、https://developer.amazon.com/ja/alexa をご覧ください。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2017/Amazon-Fire-TV-0928/ Amazon、HDRに対応した新世代のAmazon Fire TVを8,980円(税込)*で提供開始 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2017/Amazon-Fire-TV-0928/ 置き場所を選ばないコンパクトな本体ながら、 4K Ultra HDとHDRに対応するなど優れた性能を備え、高画質なメディア・ストリーミングを提供 ~ 自宅のリビングルームで数千ものテレビ番組や映画の中からお気に入りのコンテンツを視聴 ~

Amazon.co.jp(以下、Amazon)は、本日2017年9月28日(木)、今までの4K Ultra HDに加え、新たに高画質映像技術のHDR(High Dynamic Range)に対応し、デザインもよりコンパクトに一新されたメディア・ストリーミング端末「Fire TV」を発表しました。Amazon Fire TVシリーズの新世代の「Fire TV」は、スティック型の端末「Fire TV Stick」よりも性能が40%強化され、手頃な価格ながら、60 fps(コマ/秒)やHDRによる鮮明な画像・色彩の再現やDolby Atmosの音響技術への対応により、4K Ultra HDならびにHDR対応テレビで、よりリアルな高画質、高音質なコンテンツを楽しめるようになります。新型Fire TVの価格は8,980円(税込)*で本日より予約受付を開始し、出荷開始は10月25日(水)を予定しています。

Amazon.comのAmazon Fire TV担当 バイス・プレジデントのマーク・ウィッテン(Marc Whitten)は、次のように述べています。

「米国にて2014年に初代のFire TVを発売して以来、私たちはイノベーションを重ねてきました。本日、HDRに対応するAmazon初のFire TVを発表し、現行のFire TV Stickより高速でパワフルなメディア・ストリーミング体験を実現します。私たちは常にお客様の声に耳を傾け、そのフィードバックをもとに新しい製品の開発やサービスの改善に取り組んでいます。リビングルームでエンターテイメントを満喫していただけるよう、お客様がテレビ番組や映画の新作を気軽に見つけることができ、4K Ultra HDとHDRに対応した最高画質の映像を楽しめる製品をお手ごろな価格でご提供することを目指しています」

新しいFire TVの主な機能:

  • パワフルな性能: 1.5GHzクアッドコア・プロセッサーの搭載に加え、802.11ac対応デュアルバンドWi-Fiにより、サクサク動作する高いパフォーマンスを実現します。また、2GBの内蔵メモリと8GBの内部ストレージを備えています。
  • 鮮明な4K画質: 4K Ultra HDあるいはHDR-10対応のテレビに接続することで、Amazon プライム・ビデオやNetflixなどで提供される、数千に及ぶ臨場感のある作品をより高画質な映像で楽しめます。
  • 持ち運びに便利で、置き場所を選ばないコンパクトなサイズ: コンパクトなデザインに一新され、旅行の際に持参し、旅先で4Kコンテンツを楽しむこともできます。
  • アクセス可能の豊富なコンテンツ: Amazon プライム・ビデオ、Netflix、Hulu、AbemaTV、dTV、DAZNなどで提供される数千のテレビ番組、映画、ライブスポーツに加え、5,000種類を超えるアプリにアクセスでき、ストリーミング・エンターテイメントの楽しみ方を広げます。
  • 簡単なセットアップ: Fire TVをテレビのHDMI端子に接続し、電源をつなぎ、Wi-Fiに接続する、あるいは、別売りのAmazonイーサネットアダプタを用いてルーターと本体を直接つなぐなどの簡単な設定を行うだけで、ストリーミング・メディアの視聴が可能になります。
  • 瞬時に対応する正確な音声検索: 優れた精度の音声検索機能を備えた付属の音声認識リモコンは、ユーザーの声に瞬時に反応し、簡単なコンテンツ検索を実現します。なお、Fire TVではAmazonビデオ全体で検索が可能です。

Fire TVは、本日からhttps://www.amazon.co.jp/ および一部の家電量販店で予約注文を受け付けます。10月25日(水)に出荷を開始する予定です。詳細は、http://www.amazon.co.jp/firetv をご覧ください。

*価格はいずれもAmazon.co.jpでの販売価格です。

 

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Retail/AT-TOKYO2017/ Amazon Fashion、Amazon Fashion Week TOKYO期間中に展開する スペシャルプログラム“AT TOKYO”を発表 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Retail/AT-TOKYO2017/ Amazon Fashionが主催する東京発のブランドのファッションショーや特別企画など、 さらに充実した内容で開催する “AT TOKYO”プログラム  「TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.」、「TOGA」、「BlackEyePatch」および “AT TOKYO”限定の合同ショーを実施する「sacai」、「UNDERCOVER」など、注目の5ブランドを紹介   各ブランドのスペシャルアイテムを販売する“AT TOKYO” STOREも10月16日にオープン Amazon Fashionは、本日2017年9月22日(金)、10月16日(月)~22日(日)まで開催されるAmazon Fashion Week TOKYO(AFWT)期間中に実施するプログラム“AT TOKYO”の全容を発表しました。第二回目となる今回の“AT TOKYO”は、5ブランドのコレクションを披露する機会を設け、「TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.」、「TOGA」、「BlackEyePatch」をセレクトしました。さらに、「sacai」と「UNDERCOVER」による“AT TOKYO”限定の合同ショー「10.20 sacai / UNDERCOVER」を開催することも決定しました。さらに、今シーズンの“AT TOKYO”では、将来ファッション業界でグローバルに活躍するという夢を追う次世代の方にもショーをご覧いただくため、ファッションやデザインの専門学校から 数百人の学生を招待します。そして、Amazon Fashionは10月16日より“AT TOKYO”のオンラインストアにて、今回参加する各ブランドのスペシャルアイテムをお客様に向け、 順次販売します。アイテムの詳細については、10月初旬以降、“AT TOKYO”ウェブサイト (https://www.amazon.co.jp/ATTOKYO)にて随時公開予定です。

“AT TOKYO”プログラムは日本のファッションやデザインのコミュニティーへの継続的支援を目的とし、Amazon Fashionが展開しているプログラムの一つです。このプログラムでは、Amazon Fashionが様々な観点から東京の「今」を象徴するブランドをセレクトし、紹介しています。“AT TOKYO”プログラムはブランドのショーやプレゼンテーションをサポートする「EVENT」、セレクトしたブランドのアイテムをAmazonのお客様に向けて販売する「STORE」、デザイナーやインフルエンサーがAmazon.co.jpで販売されているアイテムをキュレ―ションし、紹介するコンテンツ「MY AMAZON」(マイ アマゾン)の主に3つのプロジェクトで構成されています。

アマゾンジャパン合同会社 バイスプレジデント ファッション事業部門 統括事業本部長ジェームズ・ピータースは、次のように述べています。

「『TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.』、『TOGA』、『BlackEyePatch』と才能あふれるデザイナーの皆様、そして、『10.20 sacai / UNDERCOVER』として“AT TOKYO”限定の合同ショーを開催いただく『sacai』デザイナーの阿部千登勢氏、『UNDERCOVER』デザイナーの高橋盾氏が、“AT TOKYO”の趣旨にご賛同いただき、ご参加いただけることを大変嬉しく思います。また、今回の “AT TOKYO”イベントでは、将来の日本のファッション業界をリードし活躍するという夢を追う次世代にもご覧いただきたく、ファッションやデザインの専門学校から数百人の学生をご招待します。ファッション業界への継続的な支援に加え、Amazonは常に幅広いセレクションをお客様にご提供し続けたいと努力しておりますので、このたび日本の優れたブランドのスペシャルなアイテムを10月16日にオープンする“AT TOKYO”ストアで販売し、皆様にご提供できることを非常に嬉しく思います。」

Amazon Fashion AT TOKYOイベントスケジュール

10月16日(月) TAKAHIROMIYASHITATheSoloist. ショー

10月17日(火) TOGA ショー

10月18日(水) BlackEyePatch ショー

10月20日(金) 10.20 sacai / UNDERCOVER ショー

※いずれも招待制のイベントです。

“AT TOKYO”プログラムのコンテンツ「MY AMAZON」には、今回参加する5ブランドのデザイナーにも登場いただきます。昨シーズンから開始した「MY AMAZON」は、Amazon.co.jpで扱っている商品の中から、デザイナーやインフルエンサーが自身の東京でのライフスタイルに欠かせない書籍、映画、家電、ファッションなどのアイテムをセレクトし、紹介するキュレーションページです。

ブランドのプロフィール及びデザイナーからのコメントは以下の通りです。

TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.

「NUMBER (N)INE」脱退後一年の沈黙を破り、2010年「Soloist,Inc.」を設立し「TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.」として再び洋服創りを始動させました。「TheSoloist.」とは、洋服に携わる各個人が、「独奏家」として孤高の精神を持ち合わせて欲しいという 宮下氏の願いであり、また再び洋服の世界へ戻ってきたという自分への不退転の決意の表れでもあります。

TOGA

1997年に設立されたTOGAは、1999年に初めて東京ファッションウィークに参加して以来、2005年10月よりパリ・ファッション・ウィーク、2014年よりロンドン・ファッション・ウィークにも参加しています。

TOGAデザイナーの古田泰子氏は、次のように述べています。

「TOGAはこのたび、AW14から参加しているロンドン・ファッション・ウィークに加え、日本の皆様にもコレクションをご覧いただける機会に恵まれました。ブランド立ち上げから20年という節目にAmazon Fashion “AT TOKYO”に参加できること、大変嬉しく思います。東京でショーをおこなうのは約12年ぶり、会場に選んだのは東京都内某美術館です。普段は入ることのできない夜の美術館という空間で、東京だからこそ作れる世界をお見せしたいと思います。1997年から2017年までのコレクションを楽しんでいただいたすべての方へ感謝の気持ちを込めて。」

BlackEyePatch

デザイナーなどの情報は非公開。マーチャンダイズ的なアイテム作りを経て、Autumn / Winter 2015 よりフルラインナップでのコレクションを展開しています。ファッションに軸足を移しながらも、「東京」をアイデンティティーとした自分たちの表現をすべく様々なプロジェクトを手がけています。

BlackEyePatch(デザイナー名 非公開)は次のように述べています。

「ステッカーを製作するところから始まり、数年の月日を経て、様々な方々の目に触れたことで、Amazon Fashion “AT TOKYO”という企画に参加させて頂く事になりました。BlackEyePatchという視点から、自分たちの感じる東京を表現出来ればと思っています。」

sacai

sacaiのコレクションは、「着たいものを、着たい時に、着たいように着る」という阿部氏の考えを体現しています。ニットと繊細な織素材など、対照的なテクスチャーのファブリックを組み合わせ、パターンを再解釈し、ハイブリッドの発想を組み込みながら予想外のフォルムとシルエットに洋服を変化させています。コレクションがフェミニンな様相を呈する一方、阿部氏の関心は、独特でありながら普遍的、そして革新的で実験的な服作りに傾倒し続けています。自身をとりまく日々の生活や、周囲の人々を観察することからインスピレーションを受け作られるコレクションは、「日常の上に成り立つデザイン」を元にベーシックでクラシカルなアイテムを崩し変化させながら、独特のエレガンスを放っています。

sacaiのデザイナー、阿部千登勢氏は、次のように述べています。

「26年前の6.1 THE MENを間近で見た衝撃を今でも鮮明に覚えています。生活している東京で何か新しいことをしたいとずっと考えていた中で、ジョニオくん(高橋盾氏)にAmazon Fashion “AT TOKYO”への参加について声をかけてもらい実現しました。私が昔感じたような衝撃を多くの人に体験してもらうにはUNDERCOVERが最高の相手だと思っています。まだ見たことのない景色を皆さんと見られることを楽しみにしています。」

UNDERCOVER

1990年に立ち上げられたUNDERCOVERは、ストリートファッションやアート、ミュージック、サブカルチャーなどの様々な要素を、ハイエンドファッションにまとめあげ、独自の世界観を持ったコレクションを展開しています。

UNDERCOVERのデザイナー高橋盾氏は、次のように述べています。

「数年前から是非東京でショーをとの依頼があったのですが、15年ぶり満を持してAmazon Fashion “AT TOKYO”プログラムへの参加を引き受けることになりました。やるからには歴史に残る1日にしたく、sacaiに合同ショーを依頼したところ阿部さんに快く承諾を頂きました。全く世界観の異なる2つのブランドの融合を楽しんで頂ければ幸いです。」

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/Prime-Video-Nihon-wo-Yukkuri-Hashittemitayo-20170921/ 濱田岳がバイクで日本一周!人気実録漫画がAmazonオリジナル作品として初実写化! ロードトリップ・ドラマシリーズ『日本をゆっくり走ってみたよ〜あの娘のために日本一周〜』 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/Prime-Video-Nihon-wo-Yukkuri-Hashittemitayo-20170921/ 2017年10月20日(金)よりAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信スタート Amazonは、Amazonプライム・ビデオの新しいオリジナルドラマシリーズ『日本をゆっくり走ってみたよ〜あの娘のために日本一周〜』を、2017年10月20日(金)よりAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信を開始します。毎週金曜日に1話更新となる全14話の配信を予定しています(初回のみ1・2話同時配信)。

本作は『ブラックジャック創作秘話』著者の吉本浩二氏による人気実録漫画『日本をゆっくり走ってみたよ〜あの娘のために日本一周〜』を実写化したドラマシリーズです。人生に行き詰まり、心に決めた彼女に告白するため強い男になるべく、一旦仕事を止めバイクで日本一周を目指す主人公のマンガ家・吉本浩二役を濱田岳氏が、吉本が心を寄せるヒロイン・恵理役を本仮屋ユイカ氏が務めます。久々の学友との再会やハプニングを不器用かつマイペースに越えていく吉本。そんな姿と日本各地の景色と共に、些細だけど心に残る、土地土地で出会う人々のおかしみやおもてなしの心、そして切なさが描かれます。

本作の撮影隊は原作漫画に即した様に同時期の5月に出発し、約3ヶ月間の期間と総走行距離にして約20,740kmのマイクロバスでの移動を経て無事に日本一周の撮影を終えました。この作品のために濱田岳氏は仕事の合間を縫って教習所へ通いバイクの免許を取得し、クラインクイン前の一般道での練習はたった1日のみのまま撮影へ突入、安全を確保しつつ自走したため撮影当初は本作タイトル通り“ゆっくり走ってみたよ”でしたが、連日撮影でバイクに慣れ親しみ終盤には相当なライダーへと変貌しました。

Amazonプライム・ビデオ コンテンツ事業本部長 アジア・パシフィック リージョナルヘッドのジェームズ・ファレルは次のようにコメントしています。
「映画・ドラマ・CMなどジャンルを問わず多方面で活躍されている濱田岳さんを主演に迎え、大人気の日本一周実録漫画をドラマシリーズ化できたことを大変嬉しく思います。濱田さん演じる吉本が各地で出会う人々との物語はとても温かく、また日本全国の様々な街が登場するのも見どころの一つです。」

吉本浩二役の主演・濱田岳氏は次のようにコメントしています。
「最高のキャストやスタッフとバイクで日本を一周するという、なかなか珍しく、そして体力的にもハードな作品でしたが、毎話を彩る素敵な先輩達やキャストの方々にドラマをかなり面白くして頂き、とても感謝しております。Amazonでないと作れないスケール、そしてほぼ確実に皆様が見た事のないロードムービーコメディドラマになっていると自信を持っております。皆様にご覧いただくことを緊張とともに幸せに感じております。」

Amazonオリジナル『日本をゆっくり走ってみたよ〜あの娘のために日本一周〜』作品概要
スカイツリーの麓から大荷物を乗せたバイクで走り出した男、吉本浩二(濱田岳)32歳、職業マンガ家。宇都宮で恵理(本仮屋ユイカ)と交わした約束は「お誕生日までに日本を一周して宇都宮に戻ってきます、だから…」。それから 3日で富士山までやってくるが、ろくにテントも張れず、広げた日本地図に不安になるばかり。三重で大学時代の先輩夫婦、佐田と美幸を14年ぶりに訪ねた吉本は、マイホームを持ち、すっかり立派な「お父さんお母さん」となった2人を目の当たりに。富士山で出会ったおしゃべりなキャンパーにも「なんで日本一周?」と聞かれた吉本は、泊まっていけばという佐田の誘いを断り、まだ慣れないテントでじっと恵理の写真を見つめる。果たして日本一周して強くなった姿で恵理のもとに戻れるだろうか…?日差しの中、伊勢志摩の海を望み、吉本のバイクは走り出す!

タイトル:Amazonオリジナル『日本をゆっくり走ってみたよ〜あの娘のために日本一周〜』
配信開始日: 2017年10月20日(金)
出演:濱田岳/本仮屋ユイカ/山崎紘菜ほか
原作:吉本浩二『日本をゆっくり走ってみたよ〜あの娘のために日本一周〜』(『漫画アクション』双葉社刊)
脚本:前田司郎 戯曲『生きているものはいないのか』 映画『ふきげんな過去』
監督:湯浅典子 映画『宇田川町で待っててよ』/藤井道人 映画『7s/セブンス』/北川瞳

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Business/20170920AmazonBusinessSeller/ 法人・個人事業主向け購買専用サイトAmazon Businessで Amazonマーケットプレイスの販売事業者へB2Bの販売機会を提供 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Business/20170920AmazonBusinessSeller/ ≪あらゆる規模・業態の法人・個人事業主のお客様への販売機会を提供し、B2Bビジネスの拡大を支援≫ ≪法人価格、数量割引、法人限定出品などが含まれる法人・個人事業主向けの新機能を提供≫ 総合オンラインストアAmazon.co.jp (以下、Amazon)は、 法人・個人事業主向けの購買専用サイトAmazon Business(www.amazon.co.jp/business)のサービス開始を発表いたしました。Amazon Businessは、Amazonマーケットプレイスに出品している販売事業者に、中小企業からグローバル企業、大学や学校などの教育研究機関、公的機関など、あらゆる規模、業態の企業に商品を販売する機会を提供し、販売事業者のB2Bビジネス拡大を支援します。

Amazon Businessでは、販売事業者は従来のAmazonのサイトと同様に簡単に出品・販売でき、さらに「法人価格」「数量割引」「法人限定出品」などの新機能をご利用いただけます。また、国内および海外の販売事業者にご利用いただけます。そして、販売事業者の配送をサポートする「フルフィルメントby Amazon(FBA)」および「マケプレプライム」をご利用いただくことにより、お客様に期間限定配送特典であるお急ぎ便で商品をお届けすることができます。

Amazon Businessでの出品・販売を検討している事業者は、https://amazon.co.jp/business-mpで、詳細の確認と登録が可能です。
アマゾンジャパン合同会社 Amazon Business事業本部 事業本部長 星健一は、次のように述べています。「Amazonマーケットプレイスの販売事業者様は、Amazonに商品を出品いただくことで、これまで10年以上にわたりAmazonでのビジネスを順調に拡大されてきました。Amazon Businessでも、B2Bビジネスに特化した多数のサービスと機能を利用し、さらに法人・個人事業主のお客様への販売を拡大していただきたいと考えています。」

ビルやプラント向け産業配管素材を専門に扱い、日本で50年以上の実績を誇る日本管材センター株式会社の代表取締役社長 関根章人氏は、次のように述べています。「Amazon Businessを利用することで、営業に追加投資をせずにビジネス顧客への販路を拡大できます。また、新機能の請求書払いでは、新規ビジネス顧客の獲得にあたり、与信審査、販売代金請求、売上回収業務を代行してもらえるので、安心してビジネス拡大に集中できます。」

 

【販売事業者にお使いいただける主な機能】

  • 法人価格と数量割引:販売事業者は法人・個人事業主専用の価格を提供し、また商品の多数購入時に割引が適用される価格を設定できます。
  • 請求書払い:条件を満たした法人・個人事業主のお客様が月締めの請求書で支払うことができる機能です。多くの法人・個人事業主に利用されている支払方法である請求書払いにより、販売事業者は販売機会を拡大できます。与信審査、販売代金請求、売上回収はAmazonが行います。
  • 法人限定出品:販売事業者は、Amazon Business上で法人限定の商品を出品いただく事ができます。
  • フルフィルメント by Amazon(FBA):販売事業者の出品商品をAmazonのフルフィルメントセンターに保管し、販売時の梱包、配送、カスタマーサービスをAmazonが代行するサービスです。FBAの商品は、Amazon Businessのすべてのお客様が利用できる期間限定配送特典(お急ぎ便及びお届け日時指定便が無料)の対象となります。

Amazon Businessは、米国では2015年4月に開始され、現在の法人顧客数は百万社以上となりました。また、2016年12月にはドイツ、2017年4月には英国で開始されました。

業務で商品を購入されるお客様は、www.amazon.co.jp/businessでAmazon Businessアカウントを無料で登録できます。Amazon Businessのお客様に向けた商品の販売を希望される販売事業者様は、https://amazon.co.jp/business-mpをご覧ください。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Business/20170920AmazonBusinessCustomer/ Amazon、法人・個人事業主向け購買専用サイトAmazon Businessを日本でサービス開始 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Business/20170920AmazonBusinessCustomer/ ≪Amazonが提供する品揃え、価格、利便性に加え、 オフィス、工場、大学、研究所及び、公的機関などのあらゆる購買ニーズに応える新しいサービス≫ ≪請求書払い、承認ルール設定、税抜き価格表示、購買分析・レポート機能などの機能を導入≫ ≪無料のAmazon Businessアカウントにご登録いただいた法人・個人事業主のお客様は 「期間限定配送特典」や「法人価格」、「数量割引」のご利用で時間とコストの削減が可能に≫ 総合オンラインストアAmazon.co.jp (以下、Amazon)は本日9月20日、中小企業からグローバル企業、大学や学校などの教育研究機関、公的機関など、あらゆる規模、業態の購買ニーズに応える新しい法人・個人事業主のお客様向け購買専用サイト、Amazon Business(www.amazon.co.jp/business)のサービス開始を発表いたしました。Amazon Businessでは、請求書払いの他、自社の購買傾向や履歴を可視化し、コストを管理できる購買分析・レポート機能など、企業購買に必要な多くの機能をご提供します。また、Amazon Businessのお客様向けの法人価格や数量割引、期間限定配送特典をご利用いただけます。従来のAmazonの品揃え、価格、利便性に加え、これらのすべてのサービスや機能をAmazon Businessでご提供します。

Amazon Businessでは、2億種類以上の品揃えの中から商品を簡単に見つけることができます。オフィスで必要な商品として、ノートPC、プリンター、ネットワーク機器、ストレージ、文房具、家具など、メンテナンス・リペア・オペレーションズ(MRO)向けとして、100万点を超える電動工具、産業用品および安全・保護用品などを取り揃えています。自動車関連の事業者向けには、タイヤ、純正部品、塗料、自動車アクセサリーなど、500万点を超えるカー用品を、さらに、飲食店向けには、テーブルウェア、バー用品、清掃用品などのキッチン用品や調理器具を含め、幅広い品揃えの商品を取り揃えています。そして、大学や研究機関のお客様は、顕微鏡などの科学・実験用品を数万点の品揃えの中からお買い求めいただけます。

Amazon Business事業本部 事業本部長 星健一は、次のように述べています。
「Amazon Businessを日本の企業のお客様にご利用いただけるようになり、非常にうれしく思っております。個人事業主、中小企業の購買担当者、グローバル企業の調達責任者など、多くのお客様のビジネス購買ニーズにお応えできるよう、豊富な品揃えとサービスを提供しております。Amazonはお客様の声を聞き、ビジネス購買がさらに簡単に、そして便利になるような機能を追加いたしました。その新機能と2億種類を超える品揃えに加えて、期間限定配送特典として、無料のお急ぎ便を使い翌日までにお届けいたします。使い慣れたAmazonをAmazon Businessでも、是非、ご利用ください。」

また国立大学法人大阪大学 財務部長 佐藤規朗氏は、次のように述べています。
 「日本の大学としては最初に、Amazon Businessとのシステム連携をすることとしました。Amazon Businessの利用により法人価格での購買が可能となることと併せて、本学の購買システムとの連携によって、購買・会計業務の効率化による経費の削減、 及び購買の見える化が促進されるものと期待しております。」

 

【Amazon Businessの主な機能】

  • 期間限定配送特典:Amazon Businessにご登録いただいた日本に拠点を置くすべてのお客様は、お急ぎ便・お届け日時指定便を無料でご利用いただけます。
  • 請求書払い:すでにAmazonで提供されているクレジットカード払いや代金引換などの通常の支払方法に加え、月末締の請求書払いが可能です。
  • 承認ルール設定:支出を管理して可視化するため、承認権限や下限金額など、承認ルールを設定できます。
  • 見積書作成:社内での事前承認用に、PDFもしくは印刷した見積書で、価格と条件を簡単に確認が可能です。
  • 購買分析・レポート:購入日時、購入品目、部門、購入方法など様々な切り口でレポート作成、分析ができ、さらにお客様ごとの用途に合わせてカスタマイズできます。
  • 税抜き価格表示:消費税込み価格と消費税抜きの価格が商品ページ、購入ページ、及び請求書と領収書に表示されます。
  • 購買システム連携:SAP Aribaおよびソフトバンク コマース&サービス(株)のパーチェスワン購買クラウドサービスをはじめとする購買システムと連携が可能です。

Amazon Businessでは、今までと同様にお客様の期待にお応えします。

  • 魅力的な価格: Amazon Businessでは多くの販売事業者が商品を販売しており、そして、最適な価格を見つけることが出来ます。さらに、一部の商品では法人価格や数量割引が適用されます。
  • 豊富な品揃え:2億種類以上の豊富な品揃えに加えて法人限定商品も取り揃えています。
  • 利便性に優れた購買:1つの商品に対する複数販売事業者の販売価格が表示され簡単に価格を比較できます。また、Amazon Businessはモバイルに最適化された購買体験を提供しています。さらに、様々な法人のお客様に対応できるよう、日本語、英語、中国語にも対応しています。
  • 詳しい商品情報:商品ページには、高品質の商品画像、サイズ、使用方法などの詳細情報、取り扱い方法などの動画、カスタマーレビューが掲載されています。
  • Amazon Businessカスタマーサポート:カスタマーサービスでは、Amazon Businessの専任スタッフが電話、メール、チャットで対応します(年中無休、9:00-18:00)


Amazon Businessは、米国では2015年4月に開始され、現在の法人顧客数は百万社以上となりました。また、2016年12月にはドイツ、2017年4月には英国で開始されました。

法人ならびに個人事業主(青色申告の方)のお客様は、www.amazon.co.jp/businessでAmazon Businessアカウントを無料で登録できます。Amazon Businessのお客様に向けた商品の販売を希望される販売事業者様は、
https://amazon.co.jp/business-mpをご覧ください。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2017/Fire-Tablet-20170919/ Amazon、フルHD画質や高速のパフォーマンス、長時間バッテリー等を搭載した最新型タブレット「Amazon Fire HD10」を発売 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2017/Fire-Tablet-20170919/ 10.1インチ、フルHD解像度(1920 x 1200)ディスプレイ、2倍のRAM、高速クアッドコア・プロセッサー搭載30%のパフォーマンスアップ、Dolby Audioを採用したステレオスピーカー、最大256GBまでのmicroSDカード対応など、高い機能性を実現 Amazon.co.jp(以下、Amazon)は、Amazonのタブレット製品で最大のサイズを誇る、Fire HD 10の新機種を販売開始すると発表しました。新しいFire HD 10では、10.1インチのフルHDスクリーンを搭載し、色鮮やかな画像を実現。また、稼働パフォーマンスが前世代機と比較して30%高速化したほか、ストレージ容量の拡張や、バッテリー持続時間の延長も可能にし、さらに優れた性能と機能で充実したエンターテイメント体験を提供します。新型Fire HD 10 32GB 製品は18,980円(税込)、64GB製品は22,980円(税込)です。なお、Amazon プライム会員は、クーポンの利用で各製品4,000円引きとなり、32GB 製品 14,980円(税込)、64GB製品は18,980円(税込)で購入できます。 Amazon.co.jpのこちら(www.amazon.co.jp/firehd10)で予約受付が開始され、出荷開始は10月11日(水)を予定しています。

新型Fire HD 10には、200万画素以上のフルHD解像度(1920 x 1200)による10.1インチ ワイドスクリーンや、RAM容量の倍増と超高速なクアッドコア・プロセッサーを搭載。また32GB/64GBの内部ストレージ容量が選択でき、最大256GBまでmicroSDカード(別売り)に対応、バッテリーでは従来の8時間から最大10時間のバッテリー持続時間になり、高いパフォーマンスでユーザーにストレスを感じさせません。 これらの機能拡張を備えたFire HD 10は、マンガ愛好家に、数多くのお気に入りのマンガをデバイスに保存しオフラインでも楽しめるほか、10インチの大画面でマンガの見開きページも読みやすくなるなど、マンガを読むのに快適な環境を提供します。この他、Whispersync機能を使ってユーザーの所有するAmazon デバイスのすべてを通して映画やTV番組、マンガ、書籍、雑誌、アプリ、ゲームのライブラリーを同期化することで異なるデバイス間でもコンテンツを継続して楽しめます。また、お気に入りのプライム・ビデオやNetflixの動画を大容量のストレージに保存する事も可能です。さらに、搭載されたOn Deck機能により、おすすめのプライム・ビデオ(プライム会員のみ)や、Amazonオリジナルドラマの第1話を自動的にFire HD 10にダウンロードし、インターネット接続なしでもこれらコンテンツを視聴できます。

* Netflix などの第三者により提供されるサービスは、別途の登録手続および使用料金が必要となる場合があります。

また、Fire HD10タブレットのホーム画面には新たなパーソナライズ機能「For You」が追加されました。ユーザーがマンガや書籍、動画、ゲーム、音楽などのコンテンツを一旦中断し、再度楽しむ場合、素早く元の画面に戻り、続きを楽しむことができます。また、ユーザーの嗜好を学習し、マンガや書籍、動画、音楽、アプリなどさまざまなエンターテイメントに渡って、それぞれでパーソナライズ化されたお勧めのコンテンツを提示するなど、ユーザーがタブレットを最大限に活用できるような提案をします。また、プライム・フォトに保存した家族写真を素早く表示する、For Youのホーム画面から天気予報を確認する等も可能です。この新機能「For You」は、ソフトウェアアップデートにより既存のFireタブレットの機種でも利用できるようになります。

Amazon.com デバイス担当 ゼネラル・マネージャーのケビン・キース(Kevin Keith)は、次のように述べています。

「今回新たに発表したFire HD 10は、Amazonプライム会員であれば15,000円を切るという価格で、フルHDディスプレイの高解像度、さらにより高速なパフォーマンス、より大容量のストレージ、最大10時間の超持続バッテリー時間といった特長を装備しています。」

Fire HD 10の主な機能

  • 10.1インチ フルHDディスプレイ:高解像度 1920 x 1200、200万画素(224ppi)以上の1080pフルHDディスプレイで、従来より明るく鮮やかな画質を実現
  • 高速化したパフォーマンス:最大1.8GHzのクアッドコア・プロセッサー、2GBのRAMを搭載。前世代のFire HD 10と比較するとRAMの容量が2倍に、パフォーマンスが30%高速化し、素早いアプリ立ち上げやスムーズな動画やゲームなど、全体的に優れたパフォーマンスを実現
  • 大容量になったストレージ:内部ストレージとして32GBと64GBの2機種を用意。また、別売りのmicroSDカードの利用により、最大256GBまでストレージ容量を拡張可能。ユーザーは、無料で使用できる容量無制限のクラウドストレージを利用し、あらゆるAmazonコンテンツやFireタブレットで撮影された写真を保存
  • 長時間のバッテリー持続時間:さまざま使用状況を加味した上で、バッテリーの持続時間を最大で10時間に延長、ユーザーの日常生活に柔軟に対応
  • Dolby Atmos Audio:没入感のある高音質のサウンドを実現する、カスタム調整されたデュアルステレオスピーカーを搭載
  • 安心の強度:価格を抑えながらも、最新のiPad Pro 10.5と比較して、自社のランダム落下試験で同等の耐久性を確認
  • デュアルバンドWi-Fi:802.11ac デュアルバンドWi-Fiに対応し、お気に入りの動画をシームレスにストリーミング可能
  • フロントとリアカメラ:フロントカメラで友人や家族とビデオチャット、写真の撮影と共有。Fireタブレットで撮影した写真は全て無料で容量無制限のクラウドストレージに保存可能
  • 豊富なコンテンツセレクション: 数万以上の映画、TV番組、音楽、書籍、雑誌、アプリ、ゲームにアクセス可能。
  • Amazonプライム会員は、プライム・ビデオから配信やダウンロードを選択して、移動中でも自宅でも、好きな番組を手軽に見ることが可能。
  • Amazon独自のFireタブレットの機能:ASAP、X-Ray、Whispersync、Second Screen、For You、Blue Shade、On DeckなどのAmazon特有の機能の利用
  • スクリーンシェア:Amazonのカスタマーサポートが、使用中のスクリーン上で使い方のリモートガイダンスを24時間年中無休で提供

さらにFire HD 10専用の純正保護カバーも同時に発売いたします。ブラック、マリンブルー、パンチレッド、コバルトパープルの4色で展開され、4,780円(税込)で購入できます。横向きと縦向きの両方で使用できます。

 

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Community/LocalCommunity20170907/ Amazon、「川崎FC施設内覧会」を実施 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Community/LocalCommunity20170907/ 福田紀彦 川崎市長および川崎市立東高津小学校の児童が参加 総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)は、2017年9月7日(木)に、川崎市高津区に立地するアマゾン川崎FC(フルフィルメントセンター)へ、福田紀彦 川崎市長と川崎市立東高津小学校5年生の児童37名を招いた 「施設内覧会」を開催いたしました。

今回の「川崎FC施設内覧会」は、2016年8月の開業から1周年を機に、福田市長と東高津小学校の皆様に施設内を見学いただきました。

今回の施設内覧会の会場となった川崎FCは、国内初の「Amazon Robotics」を導入した物流拠点です。「Amazon Robotics」は、商品棚の下にロボットが入り、棚を持ち上げ、FC内を移動する革新的なテクノロジーです。ロボットが 商品棚を作業員まで運ぶことにより作業員が歩く必要がなくなることで、商品の棚入れ時間と、お客様のご注文商品の棚出し時間の削減につながります。

内覧会では、福田市長と東高津小学校の児童たちに、「Amazon Robotics」をご覧いただき、児童たちからの質問に 従業員が答えました。

アマゾンジャパン合同会社 社長 ジェフ ハヤシダは、次のようにコメントしています。
「開業から1年を迎え、福田市長と地元の小学生の皆様に川崎FCを内覧いただき、大変嬉しく思います。今後も、 物流拠点のある地域の皆様と連携した取り組みを行い、地域に根差したFCづくりを展開したいと思います。」

福田市長は今回の内覧会に参加して「川崎FCの中は、最新のロボティクス技術と、どの世代の人々にとっても働きやすい環境作りの工夫が随所に見られとても驚いた。日本のAmazonの中でも最新設備が導入された物流拠点が川崎市にできたことを誇りに思う。また、子供たちにもFCの技術、及びその工程を見せてくれたのは嬉しい。」と コメントしました。また、内覧会に参加した東高津小学校の児童からは「人がロボットと協力しながら働いていることがすごいと思った。」などの感想を聞くことができました。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Ops/logistics20170906/ Amazon、新たな物流拠点「アマゾン八王子FC(フルフィルメントセンター)」を開業 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Ops/logistics20170906/ 2017年11月より稼働予定 総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)は、新たな物流拠点「アマゾン八王子FC(フルフィルメントセンター)」を開業いたします。国内16ヵ所目となるAmazonの物流拠点であり、稼働は2017年11月を予定しています。
 
Amazonでは、お客様からのニーズにお応えすることに加え、品揃えの強化を図るために、日本のFCネットワークの規模を拡大しています。また、FCネットワークの拡大により、Amazonマーケットプレイスに出品する販売事業者のオペレーションを支援するとともに、お客様へ迅速な配送を提供することも目指しています。

アマゾンジャパン合同会社 社長 ジェフ ハヤシダは、次のようにコメントしています。
「多くのお客様がいらっしゃる首都圏エリアに、新しいFCを開業することができ大変嬉しく思います。豊富な品揃えの拡張と在庫スペースを確保することでお客様により質の高いサービスを提供し、地域社会に根ざしたFCづくりを展開してまいります。」

■アマゾン八王子FC(フルフィルメントセンター)について
名 称: アマゾン八王子FC(フルフィルメントセンター)
所在地: 東京都八王子市石川町2970-3
延床面積: 約11,000坪 (約37,000㎡)
稼動予定日: 2017年11月

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/Prime-Video-Sentosha-20170905/ 新しいAmazon日本オリジナルのバラエティシリーズは、 浜田雅功軍VS千原ジュニア軍が繰り広げる前代未聞の自動車合戦『戦闘車』 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/Prime-Video-Sentosha-20170905/ 2017年10月6日(金)よりAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信スタート Amazonは、Amazonプライム・ビデオの新しいオリジナル・バラエティシリーズ『戦闘車』を、2017年10月6日(金)よりAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信を開始します。毎週金曜日に1話更新となる全5話の配信を予定しています。

本作は、車好きで知られる芸能人たちが自ら各々の“戦闘車”に乗り込み、命がけで様々な試合に挑む空前の“デンジャーテイメント(デンジャー x エンターテイメント)”です。Amazonオリジナル番組初登場の浜田雅功氏が率いる浜田軍とAmazon オリジナル番組は二本目となる千原ジュニア氏が率いるジュニア軍に分かれ、芸人、レーサー、ミュージシャン、アイドル、俳優、そしてプロレスラーからなる総勢18名がスピード、度胸、そして根性が試される自動車合戦で対戦します。浜田軍メンバーは、岩橋良昌氏(プラス・マイナス)、小沢仁志氏、渚氏(尼神インター)、勝俣州和氏、佐田正樹氏(バッドボーイズ)、千原せいじ氏、山本圭壱氏(極楽とんぼ)、脇阪寿一氏の8名。対するジュニア軍メンバーは、板倉俊之氏(インパルス)、庄司智春氏(品川庄司)、南明奈氏、原田龍二氏、藤本敏史氏(FUJIWARA)、松岡充氏、武藤敬司氏、脇阪薫一氏の8名です。豪華メンバーで贈る、前代未聞の壮大なカーバトルにご期待ください。


番組内で実施される試合は以下の全4試合になります。
第1試合「寸止めの関」:
2台の戦闘車が壁に向かって速度40キロ以上で走り、ラインを超えたところでブレーキング。壁の先は崖になっており、どちらの戦闘車が、壁ギリギリに止まれるかを競うレース。

第2試合「地獄街道」:
2台の戦闘車が同時にスタートし、5つの難所をくぐり抜け、ゴールまでのタイムを競う障害物レース。コースにはスリップ必須の道や左右に動く鉄球や爆弾などが仕掛けられている。

第3試合「浪漫飛行」:
各軍1台ずつ、戦闘車による走り幅跳びを行い、飛距離の長さを競う。

第4試合「相撲DEATH」:
戦闘車をぶつけ合い、土俵から押し出すか、戦闘不能になるまで戦う。柔道方式の勝ち抜き戦で相手軍を全滅させた軍の勝利となる。

Amazonプライム・ビデオ コンテンツ事業本部長 アジア・パシフィック リージョナルヘッドのジェームズ・ファレルは次のようにコメントしています。
「これまでに見たことのないユニークで壮大なスケールの自動車合戦をお客様にご提供できることを大変嬉しく思います。チームを率いる浜田様と千原様を筆頭に、豪華メンバーが集まって本気のカーアクションバトルが繰り広げられるこのデンジャーテイメントは、老若男女問わずお楽しみいただけるでしょう。」

浜田雅功氏は次のようにコメントしています。
「バブル時代、テレビが元気な時でもできなかったようなすごいスケールの撮影でした。出演者全員が、心の底から楽しんでいたので視聴者の皆さんにもそれが伝わると思います。」

千原ジュニア氏は次のようにコメントしています。
「車をこんなにも自由自在に扱える経験はなかなかできないのでとても面白かったです。撮影の規模は想像の倍以上で、映画並みのダイナミックさです。この番組こそ、バラエティの真骨頂だと思います。」

『戦闘車』についての最新情報は、以下番組公式SNSより、ご覧いただけます。
Twitter:@(https://twitter.com/SentoshaJP)
Facebook:@(https://www.facebook.com/SentoshaJP/

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Community/Logistics20170905/ Amazon、川崎FCを石井啓一国土交通大臣がご視察 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Community/Logistics20170905/ 日本初導入の「Amazon Robotics」を紹介 総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)は、2017年9月4日(月)、石井啓一国土交通大臣を神奈川県川崎市高津区にあるアマゾン川崎FC(フルフィルメントセンター)に迎え、FC内を視察いただきました。

石井啓一国土交通大臣は、Amazonが国内で初めて導入した、物流拠点内を自律移動し商品を運搬するロボット「Amazon Robotics」が稼働している様子や日本の設備メーカーと共同開発した機材機器などをご覧になりました。

川崎FCは、国内初の「Amazon Robotics」を導入した物流拠点です。「Amazon Robotics」は、商品棚の下にロボットが入り、棚を持ち上げ、FC内を移動する革新的なテクノロジーです。ロボットが商品棚を作業員まで運ぶことにより作業員が歩く必要がなくなることで、商品の棚入れ時間と、お客様のご注文商品の棚出し時間の削減につながります。石井国土交通大臣自らも お客様のご注文商品の棚出しの工程を体験されました。

アマゾンジャパン合同会社 社長 ジェフ ハヤシダは、次のようにコメントしています。
「石井大臣に、川崎FCと『Amazon Robotics』をご覧いただき、大変嬉しく思います。今後も、さらに高い品質でお客様に商品をお届けできるよう、『地球上で最もお客様を大切にする企業であること』というビジョンに基づき、物流体制の強化に努めたいと考えています。」

石井国土交通大臣はご視察終了後、「沢山のロボットが稼働している様子やアマゾン独自の商品棚の管理方法など、目から鱗が落ちる内容だった。大変生産性の高い先端的な物流施設を視察できた。」とコメントされました。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Ops/logistics20170831/ Amazon、新たな物流拠点「アマゾン藤井寺FC(フルフィルメントセンター)」を開業 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Ops/logistics20170831/ ファッション専用FCとして2017年10月より稼働予定 総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)は、ファッション専用となる新たな物流拠点「アマゾン藤井寺FC(フルフィルメントセンター)」を開業いたします。国内15ヵ所目となるAmazonの物流拠点であり、稼働は2017年10月を予定しています。

Amazonでは、お客様からのニーズにお応えすることに加え、品揃えの強化を図るために、日本のFCネットワークの規模を拡大しています。また、FCネットワークの拡大により、Amazonマーケットプレイスに出品する販売事業者のオペレーションを支援するとともに、お客様へ迅速な配送を提供することも目指しています。

アマゾンジャパン合同会社 社長 ジェフ ハヤシダは、次のようにコメントしています。
「西日本エリア初のファッション専用FCを藤井寺に開業することができ大変嬉しく思います。国内15ヵ所目となる物流拠点を開業することで、お客様により快適なオンラインショッピング体験を提供したいと考えています。今後も、地域社会に根ざしたFCづくりを展開してまいります。」

 

■アマゾン藤井寺FC(フルフィルメントセンター)について
名 称: アマゾン藤井寺FC(フルフィルメントセンター)
所在地: 大阪府藤井寺市津堂4-435
延床面積: 約19,700坪 (約65,000㎡) ※5階建てのうち4-5階を使用
稼動予定日: 2017年10月

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/Prime-Video-Final-Life-20170824/ Amazon日本オリジナルの最新作は松田翔太、テミン(SHINee)初共演のドラマシリーズ 『ファイナルライフ−明日、君が消えても−』 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/Prime-Video-Final-Life-20170824/ 2017年9月8日(金)よりAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信スタート Amazonは、Amazonプライム・ビデオの新しい日本オリジナル・シリーズとして、松田翔太、テミン(SHINee)が初共演となるドラマシリーズ『ファイナルライフ−明日、君が消えても−』を、2017年9月8日(金)よりAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信することを発表いたします。本シリーズは全12話で構成され、毎週金曜日に1話更新での配信を予定しています(初回のみ1・2話同時配信)。Amazonプライム会員は、プライム・ビデオの無料アプリを利用してお手持ちのAndroid/iOS端末、Amazon Fire TV、Fire TV Stick、Fireタブレット、ゲーム機、スマートテレビにて視聴、またはダウンロードいただけるほか、オンライン(www.amazon.co.jp/primevideo)でも視聴が可能です。

本作は、まったく違った境遇で人生を歩んできた二人の男が出会い、警察の秘密組織「特殊班」として同じチームで次々と起こる難事件を解決していくドラマシリーズです。『LIAR GAME』シリーズや『ディアスポリス』を始めとし、数多くの映画やテレビドラマで活躍している俳優・松田翔太氏が演じるのは、失踪した母親を探しながらも現在は特殊班のエースとして日々命がけの事件を追う刑事となった男・川久保稜役。母親からの愛に恵まれず貧困に苦しみ、最愛の弟を失うという悲しい過去を背負っています。そして、韓国ではもちろんのこと、9月には東京・大阪でのドームツアーを控え日本でも人気の男性5人組グループ『SHINee』のメンバーであり、ソロとしても7月に武道館公演を成功させたばかりのテミン氏が演じるのは、ソン・シオン役。アメリカで最高レベルの医大を首席で卒業するほどの頭脳を持ち、最愛の彼女と幸せな日々を過ごしていた折、脳にある怖ろしい実験を施されすべての記憶を失ってしまいます。
二人はこのドラマで初共演、テミン氏は今回初めて日本のドラマに出演することとなります。アジアを代表する二人が繰り出すアクション、悲哀、そして運命の愛を、世界に通用するスケール感で描く人間ドラマにぜひご期待ください。

Amazonプライム・ビデオ コンテンツ事業本部長 アジア・パシフィック リージョナルヘッドのジェームズ・ファレルは次のようにコメントしています。
「日本で最も注目すべき俳優のお一人である松田翔太さん、そして韓国のみならず日本でも歌手として多くのファンを魅了しているテミンさんという、共にアジアで活躍するお二人を日本のAmazonプライム・ビデオのドラマシリーズにお迎えできることを大変喜ばしく思います。プライム会員の皆様は、全く境遇の違う不揃いなコンビが紡ぎ出す、スリリングかつ切ないドラマの行方から目が離せないことでしょう。」

ソン・シオン役の主演:テミン氏(SHINee)は次のようにコメントしています。
「はじめて日本のドラマに出演しましたが、日本語や英語のセリフに奮闘しながら頑張りました!言葉以外での細かい表現がたくさん必要な役柄だったので難しかったですけど、悩んだりアドバイスを聞いたりしながら頑張ったので、ぜひ楽しみにしていてください!」

さらに豪華共演者として、二人がともに愛することとなる運命のヒロイン・綾辻佳菜役を、ドラマ『美男ですね』(日本版)や福田雄一氏演出舞台『ヤングフランケンシュタイン』などで大活躍、今もっとも輝いている女優の一人・瀧本美織氏が、そして稜とシオンが所属する特殊班のメンバー・浅田拓人役には、TEAM NACSのメンバーとしてドラマや舞台に大人気の戸次重幸氏が、叶理沙役には映画『モテキ』他でその実力に定評がある野波麻帆氏、班長である本田賢一役には「Vシネマの帝王」としてその地位を極め、最近ではバラエティーにも出演し幅広い世代から愛される哀川翔氏が出演いたします。

Amazonオリジナル『ファイナルライフ−明日、君が消えても−』作品概要
タイトル: Amazonオリジナル『ファイナルライフ−明日、君が消えても−』

配信開始日: 2017年9月8日(金)
出演: 松田翔太 テミン(SHINee)
瀧本美織 戸次重幸 野波麻帆 哀川翔
脚本: 川嶋澄乃 大浦光太 谷口純一郎 久松真一
製作: 前田和也
企画プロデュース: 東康之(フジテレビ)
プロデューサー: 長澤佳也(リアルプロダクツ) 小林和紘(FCC)
アソシエイトプロデューサー: 三宅川敬輔(FCC) 
監督: 蔵方政俊 ヤングポール 八神隆治 丸山健志

『ファイナルライフ−明日、君が消えても−』についての最新情報は、以下番組オフィシャルウェブサイトおよびSNSより、ご覧いただけます。(8月24日午前6:00オープン予定)
Official Website: http://final-life.com
Twitter:@final_life2017 (https://twitter.com/final_life2017)
Instagram:@final_life2017(https://www.instagram.com/final_life2017)

]]>