Amazon Newsroom プレスリリースの自動受信登録 https://amazon-press.jp/ こちらの登録をすると、Amazon Newsroom内にて更新されたプレスリリースを サイトにアクセスすることなく確認できるようになります。 jp Copyright 2024 Amazon.jp Fri, 17 May 2024 02:22:22 CEST Fri, 17 May 2024 02:22:22 CEST Magnolia CMS Amazon Newsroom プレスリリースの自動受信登録 https://amazon-press.jp/docroot/images/logos/logo_rss_jp.png https://amazon-press.jp/ 144 20 こちらの登録をすると、Amazon Newsroom内にて更新されたプレスリリースを サイトにアクセスすることなく確認できるようになります。 /Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/Bachelorette_S3/ 恋愛リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3 待望の最新シーズンが遂に開幕! 6月27日(木)20時より、Prime Videoにて独占配信開始 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/Bachelorette_S3/ シリーズ史上初!今度のローズは、白…!? 大波乱を予感させる、正体不明の“ホワイトローズ”が登場 Prime Videoは、大人気恋愛リアリティ番組の最新作となる『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3を6月27日(木)20時より、プライム会員向けに独占配信することを発表いたします。本シーズンは全9話構成となり、初週は第1話から第4話までの計4話を一挙配信します。

『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3はAmazonプライム特典対象作品の最新作です。プライム会員の皆様は、お急ぎ便やお届け日時指定便などの迅速で便利な配送特典を追加料金なしで無制限に利用できる他、その他さまざまなショッピング特典やエンターテインメントをお楽しみいただけます。

『バチェロレッテ・ジャパン』とは、日本で既に5シーズン配信されている『バチェラー・ジャパン』の「男女逆転版」。独身女性が主役となり、“真実の愛”を見つけるため多数の男性候補から未来の結婚相手を選び抜く、恋愛リアリティ番組です。これまで、シーズン1(2020年)、シーズン2(2022年)と約2年おきに配信され、開始直後から番組内で繰り広げられる予想を覆す感動のドラマの数々が、SNSを中心に大きな話題をさらった本シリーズ。シーズン1では「今度は女が選ぶ番」というキャッチコピーのもと、男性参加者たちと真摯に向き合う、初代バチェロレッテ・福田萌子氏の芯の強い姿が、シーズン2では経営者として成功する傍ら、恋愛で「鎧を脱ぐ」ことをテーマに掲げ、旅を通じて自身の幸せを見つめなおす2代目バチェロレッテ・尾﨑美紀氏の姿が映し出され、それぞれの涙の決断に、多くの感動の声が寄せられました。

そんな中、遂に待望のシーズン3が開幕!
3代目バチェロレッテや男性参加者たちの詳細はベールに包まれたまま、この度解禁となったティザー画像には、番組を象徴する赤いローズではなく、シリーズ史上初の“ホワイトローズ”が映し出されています。凛と輝く正体不明の“ホワイトローズ”は、真実の愛を巡る旅の中で、どんな意味を持つのか。新たなバチェロレッテの旅の展開にご期待ください。

Amazon MGMスタジオ インターナショナル・オリジナル責任者 ジェームズ・ファレルは次のようにコメントしています。
「ユニークで心奪われるデートや真実の愛を探し求める旅を描く番組として日本中の人々を熱狂させてきた『バチェロレッテ・ジャパン』シリーズの最新作をプライム会員の皆様にお届けできる事を嬉しく思います。この夏、息を呑む壮大なスケールで繰り出される新たな真実の愛を探す旅にご期待ください。」


『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3概要

タイトル:『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3
配信開始日:2024年6月27日(木) 20時より独占配信開始
話数:全9話
6月27日(木)20時 第1話-第4話
7月4日(木)20時 第5話-第7話
7月11日(木)20時 第8話-第9話
製作:Amazon
コピーライト: ©2024 Warner Bros. International Television Production Limited. All Rights Reserved
公式X: @BachelorJapan(http://twitter.com/bachelorjapan
公式Facebook: BachelorJapan(http://www.facebook.com/BachelorJapan
公式Instagram: @bachelorjapan(http://www.instagram.com/bachelorjapan
Prime Video 公式TikTok: https://www.tiktok.com/@primevideojapan
Prime Video公式YouTube: https://www.youtube.com/@PrimeVideoJP
※配信内容・スケジュールは予告なく変更になる場合がございます。
※作品の視聴には会員登録が必要です(Amazonプライムについて詳しくはamazon.co.jp/primeへ)。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2024/Panasonic-Fire-TV/ Amazon Fire TVがパナソニックの24年モデル「4K有機EL・4K液晶ビエラ」に搭載 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2024/Panasonic-Fire-TV/ ~ 全ラインアップ合計6シリーズ13機種にAmazonのFire TVが搭載され、テレビの楽しみ方が広がる ~ Amazonとパナソニック株式会社との全面的な協力により、Amazon Fire TVが搭載されたパナソニック製「4K有機ELビエラ3シリーズ(Z95A、Z90A、Z85Aシリーズ)6機種」、「4K液晶ビエラ3シリーズ(W95A、W90A、W80A)7機種」の予約販売が本日より開始され、6月21日(金)より順次発売・出荷されることがパナソニックより発表されました。

Amazonは、昨今のネット動画普及によるテレビでのネット動画視聴や、テレビとインターネットを接続した家庭内のスマートホーム製品やサービスとの連携など、テレビの用途が多様化する中で、お客様のニーズに寄り添い、またテレビの楽しみ方がより広がる環境を提供すべく、Fire TV搭載スマートテレビのラインアップを拡充します。本スマートテレビでは、Fire TVの搭載により、地デジ等のテレビ番組とネット動画*1のコンテンツをホーム画面に一覧表示できるため、見たいものを一括で確認し、簡単に選択することが可能です。また、Alexa対応機器*2との連携によるスマートホーム家電操作やインターネットを通じたビデオ通話*3が利用可能*4になるほか、Alexaにハンズフリーで話しかけてテレビの操作などができる機種も提供します*5。これによりお客様は、リモコンに手を伸ばさずに、声でテレビの操作(音量調節、チャンネル選択など)や、動画の視聴(コンテンツ検索、再生、早送りなど)、アプリの起動、音楽の再生、Alexaに接続されたスマートホームの操作なども簡単に行うことができます。

パナソニック エンターテインメント&コミュニケーション株式会社 副社長執行役員 ビジュアル・サウンドビジネスユニット長 阿南 康成氏は、次のように述べています。

「従来より、パナソニックは放送とネット動画を垣根無く楽しめる快適な視聴体験を当社テレビ“ビエラ”を通じてお客様にご提供してまいりました。今回Amazonとの全面的な協力により、従来のテレビから大きく進化した、先鋭的かつ快適な視聴体験をお客様にお届けできることを非常に嬉しく思います。今後もこの協力体制を発展させ、お客様にテレビの新たな価値をご提案してまいります。」

アマゾンジャパン合同会社 Amazonデバイス Fire TV事業部 事業部長 西端明彦は、次のように述べています。

「Amazonは、より革新的なスマートテレビ体験を世界中のお客様にお届けするため、同じビジョンを掲げているパナソニックと協力体制を構築してまいりました。この度、パナソニック製Fire TV搭載スマートテレビをお届けできることを非常に嬉しく思います。Fire TVはテレビ放送とネット動画の融合、シンプルで直観的な操作、お客様のニーズに合わせたパーソナライズ、Alexaによる音声操作、スマートホームのコントロールなど、多くの価値を培ってきました。これからもより豊かなエンターテインメント環境をお届けするべく、進化し続けます。」

Fire TVシリーズは、2014年の米国での販売開始以降、世界85か国以上で製品を展開し、全世界で累計2億台以上出荷*6しています。日本ではAmazon Prime Videoに加えて、YouTube・Netflix・TVer・U-NEXT・ABEMAなど豊富なラインアップ*1からお気に入りのコンテンツを視聴いただけるなど、より良いエンターテインメント体験の提供に向けて成長しています。また、ハードウェアだけでなく、Fire OSも進化を続けています。よりシンプルで、直感的にエンターテインメントを楽しんでいただく為に、2020年にはUIを刷新し、2022年にはスマートホーム製品を簡単に操作できる「スマートホームダッシュボード」や、Alexaの機能へ簡単にアクセスが可能な「Alexaショートカットパネル」を追加しました。さらに、2023年にはテレビをより便利にするだけでなく、自宅を彩る為に「アンビエントディスプレイ」機能*7を搭載し、コンテンツを視聴していない時でも美しいアートを選んで大画面で楽しむことが可能になりました。

製品の出荷時期について:

全てのラインアップは本日より全国の販売店、およびオンラインショップで予約販売を開始し、6月21日(金)より順次販売、出荷開始されます。

[4K有機ELビエラ]

●Z95Aシリーズの詳細・仕様については、WEBサイトをご覧ください。

https://panasonic.jp/viera/Z95A.html

●Z90Aシリーズの詳細・仕様については、WEBサイトをご覧ください。

https://panasonic.jp/viera/Z90A.html

●Z85Aシリーズの詳細・仕様については、WEBサイトをご覧ください。

https://panasonic.jp/viera/Z85A.html

[4K液晶ビエラ]

●W95Aシリーズの詳細・仕様については、WEBサイトをご覧ください。

https://panasonic.jp/viera/W95A.html

●W90Aシリーズの詳細・仕様については、WEBサイトをご覧ください。

https://panasonic.jp/viera/W90A.html

●W80Aシリーズの詳細・仕様については、WEBサイトをご覧ください。

https://panasonic.jp/viera/W80A.html

*1 各サービスやコンテンツをご利用いただく際は、別途登録・契約や料金が必要な場合があります。

*2 別売りの対応デバイスが必要です。

*3 Z95A/Z90Aシリーズが対応していますが、別売のWeb カメラとアプリのインストールやビデオ通話サービス利用のための登録などが必要です。

*4 Fire TV機能の利用には、Amazonアカウントが必要です。

*5 Z95A / Z90A シリーズが対応しています。

*6 2023年3月時点。Fire TVシリーズおよび、既に海外で販売されているFire TV搭載テレビ全てが含まれた数字です。

*7 Fire TV Stick 4K Max(第2世代)のみ対応しています。

Amazonについて

Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。Amazonは、地球上で最もお客様を大切にする企業、そして地球上で最高の雇用主となり、地球上で最も安全な職場を提供することを目指しています。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Career Choice、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa、Just Walk Out technology、Amazon Studios、気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)などは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービス、取り組みです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom ( http://amazon-press.jp )およびAbout Amazon ( http://www.aboutamazon.jp )から。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Ops/20240422_Amazon-Locker-Campaign/ Amazon、47都道府県すべてに「Amazonロッカー」の設置を完了 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Ops/20240422_Amazon-Locker-Campaign/ 4月22日(月)から5月19日(日)まで全国での設置を祝してAmazonロッカー命名キャンペーンを実施 お笑い芸人の みやぞんさんが13県で新たにロッカーの名前を選定 Amazon(所在地:東京都目黒区)は4月22日(月)、 Amazonで注文した商品を、お出かけ先や近所で都合の良い場所・時間に受け取ることができる 「Amazonロッカー」を、全都道府県へ導入完了したことを発表しました。現在、全国に約4,000台あるAmazonロッカーは、自宅で受け取ることができない時や、旅先で急に必要になったもの、渡す日までは家族に内緒にしておきたいプレゼントなど、自宅以外の場所でAmazonの商品を受け取りたい時にさまざまな用途でご利用いただけます。また、Amazonロッカーが近くになくても、コンビニエンスストアの店頭カウンターもご利用いただけます。Amazonロッカーを利用することで、再配達が減り、ドライバーの負担も軽減され、二酸化炭素排出量の削減にも貢献します。

最新のAmazonロッカーは完全非接触型となり、バーコードリーダーやタッチスクリーンの代わりに、Bluetoothを使ってロッカー内のスロットを開けられます。また、多くのAmazonロッカーには名前がついており、地域の方に親しみを持っていただけるよう、その地域にゆかりのある言葉や食べ物、動植物の名前から、名付けられています。

今回、全国最後の導入となった島根県では、県内第1号のAmazonロッカーが松江市のココカラファイン田和山店に設置され、出雲弁で「ありがとう」を意味する「だんだん」という名前がつけられました。これまで多くのお客様やドライバーの皆様に支えられてサービスを拡大することができたことへの感謝の気持ちが込められています。

アマゾンジャパン合同会社 アマゾンロジスティクス 代表 アヴァニシュ ナライン シングは次のように述べています。

「このたび、日本全国へAmazonロッカーを導入できたことを大変嬉しく思います。Amazonは、これまで多様な配送方法や商品のお受け取り方法をお客様へ提供することで、利便性を向上させてまいりました。Amazon ロッカーの設置拡大は、より便利に商品をお受け取りいただけるだけでなく、再配達によるドライバーの負担を軽減します。Amazonはこれからもより多くのお客様に、簡単かつ便利で信頼性の高い商品の受け取り方法を提供していきます。」

日本全国へのAmazonロッカー導入を記念し、4月22日(月)から5月19日(日)の期間中、「祝・47都道府県コンプリート『Amazonロッカー命名キャンペーン2024』」を実施します。応募方法の詳細は、以下の概要とキャンペーンページ(https://www.amazon.co.jp/b?node=24475437051)をご覧ください。 

<概要>

  • キャンペーン名:祝・47都道府県コンプリート「Amazonロッカー命名キャンペーン2024」
  • 募集内容:Amazonロッカーの全都道府県導入完了を記念し、今まで名前のないAmazonロッカーのみ設置されていた地域で名前を募集します。対象地域は、富山県、石川県、福井県、鳥取県、岡山県、徳島県、香川県、愛媛県、佐賀県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県の13県です
  • 募集期間:4月22日(月)0時0分から5月19日(日) 23時59分
  • キャンペーンページ:https://www.amazon.co.jp/b?node=24475437051
  • 応募方法:上記キャンペーンページより「応募する」ボタンをクリック、必要事項をご記入の上、ご応募ください
  • 参加条件:Amazon.co.jpのアカウントをお持ちのすべてのお客様
  • 選定方法:独創的で、親しみやすく、かつ地域に密着した名前を審査基準とし、お笑い芸人のみやぞんさんが1県1案、計13案を選定。
  • 発表方法:募集期間終了後、1カ月を目処にキャンペーンページにて順次公表する予定です。

<審査委員みやぞんさんのコメント>

Amazonロッカーには様々な楽しい名前がつけられており、今回のキャンペーンでも、ぜひ皆様の独創的でユニークなアイデアを我々にぶつけて頂けましたらと思います。これを機にAmazonロッカーを親しみやすく感じて頂けましたら幸いです。採用されたら本当にその名前が印字されますので、「このロッカー名は私が考えたんだ」と自慢できると思います。「どんな時も明るく楽しくやるぞ!やるぞ!やるぞーっ!」

Amazonは、Amazonロッカーでの商品の受け取りや、コンビニエンスストアなどの店頭カウンターでの商品の受け取りを選択されるお客様の利便性を高めるためにAmazon自宅外受け取りサービスを提供しています。Amazon自宅外受け取りは、お客様が簡単にこれらの受け取りスポットを見つけられるように設計されています。追加料金なしで商品を安全に受け取ることができる利便性を提供し、お急ぎ便または通常配送に対応しています。詳しくは、www.amazon.co.jp/pickup をご覧ください。

「好きな時にAmazonの商品を受け取れるAmazonロッカーの使い方について」はこちらをご覧ください。https://www.aboutamazon.jp/news/guide/how-to-use-amazon-locker-to-receive-amazon-products-whenever-you-want

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Workplace/20240415_Pride-Tape/ Amazon、プライドを祝福しAmazonの商品をお届けする梱包を期間限定のレインボーカラーのテープで https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Workplace/20240415_Pride-Tape/ 関東・関西の物流拠点から100万個以上の商品を期間限定デザインで配送 LGBTQIA+関連商品のお買い物、Amazon MusicやPrime Videoでプライドを祝したプレイリストやコンテンツの特設ページを期間限定で公開 ゴールドスポンサーとして4月19日(金)~21日(日)開催の「東京レインボープライド2024」にも参加 Amazon(所在地:東京都目黒区)は、LGBTQIA+とそのアライ(支援者)の社員、販売事業者様、パートナーのみなさま、そしてお客様による、ダイバーシティ(多様性)とインクルージョン(包括性)の推進への貢献を祝し、4月15日(月)、お客様へお届けする商品の梱包にレインボーカラーの「プライドテープ」を、期間限定で展開することを発表しました。ジェンダーにとらわれない文化を促進するための取り組みの一環として、4月15日(月)から数日間、関東と関西の一部のAmazonのフルフィルメントセンター(物流拠点)から配送される100万個以上の商品が、LGBTQIA+コミュニティの多様なセクシュアリティやジェンダーを象徴する、11色のプライドフラッグが描かれた特別デザインのテープで梱包され配送されます。さらに、アマゾンジャパンは「東京レインボープライド2024」にゴールドスポンサーとしてイベントに協賛します。

また、Amazon.co.jpには、LGBTQIA+に関連する書籍、音楽、映画、衣料品、アクセサリーなどを取り揃えたプライド関連のさまざまな商品やコンテンツがあります。これらの商品やコンテンツは年間を通して購入・利用可能ですが、この期間中は関連商品がまとまった特設ページが開設され、特別なお買い物体験をお楽しみいただけます。プライム会員のお客様は、Amazon MusicがLGBTQIA+ コミュニティを祝した音楽を選曲した『PROUD』プレイリストや、Prime Videoでは『赤と白とロイヤルブルー』や『モアザンワーズ/More Than Words』などさまざまなLGBTQIA+関連映画をご利用いただけます。

アマゾンジャパンは、包括的な職場づくりに焦点を当てたプログラムや取り組みを先駆けて実施してきました。例えば、女性が働くための支援や働く機会を提供するための取り組み、LGBTQIA+コミュニティを支援するための福利厚生の追加、学習障害や身体的障害のある人への働く機会の提供などです。LGBTQIA+コミュニティのニーズに応えるため、社員がパートナーを生命保険の受取人に指定できる選択肢を提供しています。また、「従業員支援プログラム」を通じて、カウンセラーへのアクセスや必要な情報などを提供しています。さらに、包括的な職場づくりに向け、社員の多様性に配慮してチームをリードできるよう、すべての管理職を対象に、インクルーシブ・リーダーシップ研修を行っています。

今回の取り組みについて、アマゾンジャパン コーポレート人事本部 ディレクター 上田 セシリアは次のように述べています。

「今回、日本で初めて展開する限定の『プライドテープ』による梱包は、お客様のためにイノベーションを起こしながら、日々周囲の人々を鼓舞し、力を与え、リードしているLGBTQIA+の仲間たちの多大な貢献を称えるAmazonの姿勢を示す取り組みです。Amazonでは、インクルーシブな職場づくりを約束し、LGBTQIA+の社員とともに歩むために、コミュニティメンバーをサポートする福利厚生や施策を提供しています。さらに、今年も東京レインボープライドに参加し、Amazonの内外でLGBTQIA+コミュニティを祝福し、つながることで、より多様で包括的な社会の実現に貢献できることを嬉しく思います。」

LGBTQIA+の当事者とアライによるアフィニティグループ「Glamazon(グラマゾン)」の東野 一聖は次のように述べています。

「個人のバックグラウンドや好みに関係なく、誰もが評価され尊重される、受容的で包括的な職場の一員であることは心強いことです。Amazonの多様性を受け入れる職場環境のおかげで、私は周囲の人々から新しい視点や知識を得ることができました。心配することなく自分らしくいることができ、他のアライの人たちとつながることで、協力的なコミュニティの一員になれることに感謝しています。」

AmazonのアフィニティグループであるGlamazonは、20年以上前、他のLGBTQIA+の社員とつながりたいという一人の社員の思いから始まりました。現在、世界中で200以上のGlamazon支部が活動しており、Amazonと共にインクルーシブな職場を作り、何百ものコミュニティイベントを開催し、毎年プライドを祝福しています。Glamazon Japanの主導で、Amazonは「東京レインボープライド2024」にゴールドスポンサーとして協賛し、今年で5度目の参加となります。同イベントでは、ユニークな参加者体験型のAmazonブースが設置され、LGBTQIA+に関連する商品の展示のほか、Prime VideoやAmazon Musicのプライド関連作品が紹介されます。また、ブースでは社員のストーリーやLGBTIQIA+コミュニティを支援するAmazonの年を通した取り組みもご紹介します。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Retail/Amazon_dPOINT_20240410/ ドコモとAmazonがdポイントおよびAmazonプライムに関する協業を開始 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Retail/Amazon_dPOINT_20240410/ ~dポイントがAmazonでのお買物でたまる!つかえる!ドコモを通じてAmazonプライムにご登録いただくとdポイントが毎月120ポイント還元~ 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)とアマゾンジャパン合同会社(以下、Amazon)は、それぞれのお客さまの利便性、満足度の向上をめざし、2つの協業を開始いたします。

(1)dポイントに関する協業
2024年4月10日(水)から、dポイントクラブ会員のお客さまは、ドコモの回線契約の有無に限らず、Amazonが運営する総合オンラインストアのAmazon.co.jpでdポイントがたまる、つかえるようになります※1※2。
Amazon.co.jpでのお買物において、他社のポイントを獲得し、かつ利用もできるのは今回が初となります。

(2)Amazonプライムに関する協業
2024年4月11日(木)から、ドコモの回線契約があるお客さまは、ドコモを通じてAmazonプライムの月間 プランにご登録いただくとdポイント(期間・用途限定)が毎月120ポイント還元されます。さらに、ドコモを通じてAmazonプライムにご登録いただいたお客さまのうち、①「eximo」「ahamoⓇ」「ギガホⓇ」ご契約中のお客さま、②60歳以上のお客さまがAmazon.co.jpでのお支払いを「d払いⓇ」ですると、それぞれご注文金額の1%分のdポイントがたまります。
(1)、(2)の詳細は後述の「協業概要および取り組み」をご確認ください。

■協業の背景・目的
ドコモは約1億※3のdポイントクラブ会員を基盤とし、「dポイント」や「d払い」の利便性向上を通じ、お客さまの 毎日がおトクで、楽しく、便利な生活になるよう努めてまいりました。
Amazonは「地球上で最もお客さまを大切にする企業になること」をビジョンとして掲げ、常にお客さまを起点に考えています。「地球上で最も豊富な品揃え」をお客さまにご用意できるよう、日本においては総合オンラインストアのAmazon.co.jpを運営し、数億点の商品を取り揃えるとともに、お客さまにとっての利便性向上のため各種サービスをご提供しています。
今回、ドコモとAmazonは本協業により、双方のお客さまにとって、より付加価値の高いサービスの提供をめざして まいります。

■協業概要および取り組み
(1)すべてのお客さま向け
dポイントがAmazon.co.jpでたまる、つかえる。 Amazon.co.jp でのお買物でdポイントとAmazon ポイントが同時にたまり、さらにおトクに。

dアカウントⓇとAmazonアカウントを連携の上、Amazon.co.jpにおいて1回あたりの合計注文金額が5,000円(税込)以上のお買物をしていただくと、ご注文金額(税込)の1%分のdポイントがたまります※4。Amazon.co.jpで取り扱う数億点の商品のお買物において、dポイントとAmazonポイントの両方がたまるため、さらにおトクにお買物をお楽しみいただけます※5。

また、対象のお買物で、お持ちのdポイントをつかう※4ことができ、dポイントとAmazonポイントの両方を同時につかう※5こともできます。そして、対象のお買物でdポイントやAmazonポイントをご利用いただいた場合でも、dポイントとAmazonポイントの両方がたまるため※5、ますますおトクにお買物をお楽しみいただけます。なお、dアカウントとAmazonアカウントの連携は、https://www.amazon.co.jp/dpointで行えます。

※dポイントの進呈上限は1回のお買物あたり、100ポイントです。ためたdポイントは1ポイント1円単位でご利用いただけます。

(2)ドコモの回線契約があるお客さま向け
ドコモを通じてAmazonプライムの月間プランにご登録いただくとdポイント(期間・用途限定)を毎月120 ポイント還元。また、はじめてAmazonプライムにご登録いただく場合は、月間プランの会費相当の600円を3か月割引。

Amazonが運営する「Amazonプライム」(https://www.amazon.co.jp/prime)は、ショッピングやエンターテインメント等の多様な特典を1つのメンバーシップでまとめてご利用いただける有料の会員制プログラムです。迅速で便利な配送特典を追加料金なしでご利用いただけるほか、Prime Videoの会員特典対象コンテンツの視聴をはじめ、1億曲以上がシャッフルモードで聴き放題のAmazon Music Primeや対象のKindle電子書籍が読み放題となるPrime Readingなど、ショッピングとエンターテインメントにおける様々な特典をご利用いただけます。月間プランの会費は600円(税込)※6です。

ドコモの回線を契約しているお客さまがドコモを通じてAmazonプライムの月間プランにご登録いただくと、dポイント (期間・用途限定)を毎月120ポイント還元いたします。また、はじめてAmazonプライムにご登録いただくお客さまが、ドコモを通じてAmazonプライムにご登録いただくと、回線の利用料とAmazonプライムの月間プラン会費の合計額から、月間プラン会費相当の600円を3か月割引いたします。当割引はドコモが実施し、割引が適用される期間は毎月120ポイント還元の適用外となります。

※ドコモを通じてご登録いただいたAmazonプライムとドコモの回線契約の両方が有効な月のみが上記の対象となります。また、ドコモを通じたAmazonプライムへのご登録、またその会員期間の更新については、ドコモの回線契約期間中のみ可能です。

(3)ドコモの回線契約があり、ドコモを通じてAmazonプライムにご登録されたお客さま向け
①「eximo」「ahamo」「ギガホ」ご契約中のお客さまがAmazon.co.jpでのお支払いを「d払い」ですると、基本還元分に加え、ご注文金額の1%分のdポイント(期間・用途限定)がたまる。
②60歳以上のお客さまがAmazon.co.jpでのお支払いを「d払い」ですると、基本還元分に加え、ご注文金額の1%分のdポイント(期間・用途限定)がたまる。

①または②の対象となるお客さまがAmazon.co.jpでのお支払いを「d払い」ですると、基本還元分※7に加え、 それぞれ100円(税込)につきdポイント(期間・用途限定)が1ポイントたまります※8 ※9。ポイント進呈上限は1か月につき①、②それぞれ100ポイントです。

※ドコモを通じてご登録いただいたAmazonプライムとドコモの回線契約(①の場合は対象プランも含む)の両方が決済時に有効な場合に対象となります。

■サービスサイト
・ドコモ特設ページ:https://dpoint.docomo.ne.jp/content/amazon/
・Amazon.co.jp上でのdポイントに関する特設ページ:https://www.amazon.co.jp/dpoint

ドコモとAmazonは、今後もお客さまの生活がより豊かになるよう取り組みを進め、さまざまな形での協業の可能性を検討してまいります。


※1 Amazonポイント、dポイント、ギフトカードを利用するには、Amazonアカウントにクレジットカードまたはデビットカードを追加する 必要があります。
※2 サービス提供は段階的に開始となるため、ご利用可能となるタイミングがお客さまによって異なる場合があります。
※3 2024年3月末時点
※4 Amazonギフトカードやその他金券類、デジタルコンテンツ、Amazonプライムの会費などはdポイント進呈・利用の対象外となります。
※5 Amazonポイントの進呈・利用の対象外となる商品等が一部あり、Amazonポイントとdポイントの両方がたまらない・つかえない場合もあります。
※6 記載の金額は2024年4月現在のものです。
※7 「d払い」の基本還元率は0.5%<200円(税込)につき1ポイント進呈>です。
※8 Amazon.co.jpでの「d払い」のお支払い方法は「電話料金合算払いからの支払い」のみご利用いただけます。
※9 Amazonプライム会費やKindleコンテンツ(電子書籍)等の一部商品はポイント進呈対象外となります。

* AmazonおよびAmazon.co.jp、Amazonプライムは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
* 「dポイントクラブ」「ahamo」「ギガホ」「d払い」「dアカウント」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Ops/20240318_QCB5Launch/ Amazon、相模原市に国内最大のAmazon Roboticsを導入する物流拠点を新設 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Ops/20240318_QCB5Launch/ 神奈川県にさまざまな職種で数千の働く機会を創出 Amazon(所在地:東京都目黒区)は、3月18日(月)、神奈川県相模原市にAmazonの物流拠点であるフルフィルメントセンター(以下FC)を新設することを発表しました。本拠点の延べ床面積は約15万平方メートル(東京ドーム約3個分)、商品保管容量は約150万立方フィートで国内最大のAmazon Robotics (アマゾンロボティクス)を導入するFCとなります。また、これは相模原市で2拠点目、神奈川県では5拠点目となるAmazonのFCです。Amazon Roboticsや紙袋自動梱包機などのテクノロジーを活用することで、安全に拠点を運営し、Amazonの持続可能な取り組みの推進にも貢献します。

この新しい相模原市のFCは、一日最大65万個以上の商品の出荷を行います。また、エリアマネージャー、職場の安全・衛生管理者、商品の品質管理者、設備の保全管理者、テクノロジーを使って商品のピッキング・梱包・出荷作業などを担うポジションなど、さまざまな職種で数千の働く機会を創出します。さらに、地域社会との定期的な交流を通じて、特に子供たちに向けた科学技術分野の学びの機会も提供していきます。

2022年、Amazonの日本への直接投資額は1.2兆円を超えました。これは、2010年から2022年までの期間の総投資額6兆円超の約20%に相当し、革新的なソリューションを推進し、お客様の満足度を高め、日本の企業や地域社会の成長を促進するAmazonの持続的な取り組みを裏付けるものです。相模原市に新設されるFCへの投資も、神奈川県や日本へ堅実かつ長期的に責任ある役割を担って貢献するAmazonの姿勢を示すものです。

今回の拠点新設を受け、アマゾンジャパン合同会社 ジャパン オペレーション 代表 島谷 恒平は次のように述べています。

「このたび、神奈川県に5拠点目となる新たな物流拠点を開設できることを大変嬉しく思います。今回の新設により、新たに数千の働く機会を創出し、相模原市を中心に周辺地域の経済の発展に貢献できると考えています。このような地域への投資によって、Amazonで商品を販売する中小規模の販売事業者様に、これまで以上に幅広い種類の商品を保管いただけるだけでなく、全国のお客様に安全で迅速、かつ効率的に商品をお届けすることが可能となります。Amazonは、これからも地域社会と連携しながら各地のビジネスを活性化させ、日本の経済発展の支援に尽力します。」

Amazonの物流拠点で効率的な商品の入出荷を可能にするのが、ロボットが商品棚を持ち上げて移動する「Amazon Robotics」です。「Drive(ドライブ)」と呼ばれるロボットが「Pod(ポッド)」と呼ばれる専用の商品棚を移動させることで、働く方々の業務をサポートします。相模原市の新たな拠点は、約3,000台のドライブと約35,000台のポッドを有し、Amazon Roboticsを備えた拠点としては国内最大となります。これにより、テクノロジーと人が共同で作業を進めることができ、商品の棚入れや棚出しをより効率的に行うことができます。また、格納スペースの節約も可能となり、従来の固定された商品棚よりも最大約40%多くの在庫を保管でき、商品の品揃えを増やすこともできます。そのため、フルフィルメント by Amazonを利用して日本全国のお客様に一貫したサービスを提供する中小規模の販売事業者様にとってもメリットをもたらします。

また、新拠点には紙袋自動梱包機を導入します。Amazonは梱包資材削減の取り組みの一環として、段ボール製の箱の代わり紙袋で配送する商品を増やすなど、梱包の簡素化を拡大してきました。紙袋自動梱包機の導入はこの取り組みをさらに進めるものです。梱包の簡素化により、梱包の開封やその後の処理にかかる手間を減らすことができ、お客様により良いお買い物体験をご提供します。

2024年4月に稼働を開始する相模原市の新たなFCでは、拠点で働く方々を募集しています。Amazonは、物流拠点や配送拠点で働く全ての方々の安全の確保、心身の健康を大切にし、物流拠点での職務経験のない方を含め、あらゆる経歴をお持ちの方が活躍できるよう環境を整えています。また、働く方々は定期的な研修やスキルアップ機会を通して、学び、成長を続けることができます。

<今回開設するフルフィルメントセンターについて>

  • 所在地: 神奈川県相模原市
  • 延べ床面積: 約150,000㎡
  • 商品保管容量: 約1,500,000立方フィート(ft3)
  • 開設時期(予定):2024年4月
]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/liveboxing8-0306/ 『Prime Video Presents Live Boxing 8』 4団体統一世界スーパーバンタム王者井上尚弥対ルイス・ネリ決定!34年ぶりとなる東京ドームでのボクシングイベントをPrime Videoで2024年5月6日(月・振替休日)独占ライブ配信 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/liveboxing8-0306/ 井上拓真対石田匠のWBA世界バンタム級タイトルマッチ、ユーリ阿久井政悟対桑原拓のWBA世界フライ級タイトルマッチ、ジェイソン・マロニー対武居由樹のWBO世界バンタム級タイトルマッチの4試合の世界戦独占ライブ配信 Prime Videoは『Prime Video Presents Live Boxing 8』として、2024年5月6日(月)に東京ドームで行われる4団体統一世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、4階級制覇王者の井上尚弥選手(31歳=大橋)対元世界2階級制覇王者のルイス・ネリ選手(29=メキシコ)をメインカードとするイベントを独占ライブ配信します。当日その他のカードには、2月に初防衛を果たしたばかりのWBA世界バンタム級王者、井上拓真選手(28=大橋)が指名挑戦者の石田匠選手(32=井岡)を迎えて行う2度目の防衛戦、ユーリ阿久井政悟選手(28=倉敷守安)対桑原拓選手(29=大橋)のWBA世界フライ級タイトルマッチ、ジェイソン・マロニー選手(33=オーストラリア)対武居由樹選手(27=大橋)のWBO世界バンタム級タイトルマッチと、4試合の世界タイトルマッチを独占ライブ配信します。
『Prime Video Presents Live Boxing』はAmazonプライム特典対象のライブ配信です。プライム会員の皆様は、お急ぎ便やお届け日時指定便などの迅速で便利な配送特典を追加料金なしで無制限に利用できる他、その他さまざまなショッピング特典やエンターテインメントをお楽しみいただけます。
※選手の年齢は2024年5月6日の試合日時点。

『Prime Video Presents Live Boxing』は下記のとおり2022年4月9日の第1弾から今年2月24日の第7弾までを独占ライブ配信してきました。
① 2022年4月9日 村田諒太(帝拳)対ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)―WBA・IBF世界ミドル級王座統一戦/中谷潤人(MT)対山内涼太(角海老宝石)―WBO世界フライ級タイトルマッチ
② 2022年6月7日 井上尚弥(大橋)対ノニト・ドネア(フィリピン)―WBA・IBF・WBC世界バンタム級王座統一戦
③ 2022年11月1日 寺地拳四朗(BMB)対京口紘人(ワタナベ)―WBC・WBA世界ライトフライ級王座統一戦
④ 2023年4月8日 那須川天心(帝拳)プロデビュー戦/寺地拳四朗対アンソニー・オラスクアガ(アメリカ)―WBC・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ/井上拓真(大橋)対リボリオ・ソリス(ベネズエラ)―WBA世界バンタム級王座決定戦
⑤ 2023年9月18日 那須川天心 プロ第2戦/寺地拳四朗対ヘッキー・ブドラー(南アフリカ共和国)―WBC・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ/中谷潤人対アルヒ・コルテス(メキシコ)―WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
⑥ 2024年1月23日 那須川天心対ルイス・ロブレス(メキシコ)/寺地拳四朗対カルロス・カニサレス(ベネズエラ)―WBC・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ/アルテム・ダラキアン(ウクライナ)対ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)―WBA世界フライ級タイトルマッチ
⑦ 2024年2月24日 井上拓真対ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)―WBA世界バンタム級タイトルマッチ/アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)対中谷潤人―WBC世界バンタム級タイトルマッチ/田中恒成(畑中)対クリスチャン・バカセグア(メキシコ)―WBO世界スーパーフライ級王座決定戦

いずれの試合も期待どおりの激闘になり、視聴者の皆様にはボクシングの魅力をお伝えすることができたと確信しております。

今回の第8弾は、5万人以上の収容能力を持つ東京ドームで開催されるイベントのライブ配信となります。東京ドームでボクシングが行われるのは1990年2月の世界ヘビー級タイトルマッチ、マイク・タイソン対ジェームス・ダグラス以来、34年ぶりとなります。マイク・タイソンが10回KOで敗れた「世紀の大番狂わせ」は5万1600人が会場で目撃し、これは日本ボクシング史上最多の観客数として記録されています。今回のイベントでは、その記録の更新が期待されています。
4つの世界戦の中でも、とりわけ井上対ネリは世界的な注目を集める試合といっていいでしょう。KO率が88パーセントを超える「モンスター」井上尚弥選手と、「パンテラ(豹)」のニックネームを持つサウスポーのネリ選手。スリリングな試合展開とKO決着が期待できるカードです。
井上拓真選手対石田選手はWBAの指名試合となります。初防衛戦で会心の9回KO勝ちを収めて評価を上げた井上拓真選手が、7年ぶり2度目の世界挑戦にボクサー生命をかける石田選手を迎えて行う日本人同士が激突する世界タイトルマッチです。
ユーリ阿久井選手対桑原選手は日本から世界に舞台を移しての再戦となります。3年前は阿久井選手が10回TKOで接戦をものにしましたが、今回はどんな結果になるのでしょうか。
4年前、井上尚弥選手に7回KO負けを喫したマロニー選手に挑戦するのは、その井上尚弥選手のジムメートである武居選手。マロニー選手が日本人選手を相手に雪辱を果たすのか、それとも8戦全KO勝ちの武居選手が9戦目で世界の頂に到達するのでしょうか。

これらの試合は5月6日(月=振替休日)、Prime Video が独占ライブ配信します。日本のプライム会員の皆さまは追加料金なしでご視聴いただけます。

『Prime Video Presents Live Boxing 8』のみどころ
「モンスター」が破壊するか 「パンテラ(豹)」が噛みつくか
井上尚弥選手は2階級にわたって4団体王座統一を果たしており、階級や国境を超えて極めて高い評価を受けているスーパースターです。スピード、パワー、テクニック、スタミナ、耐久力、ディフェンス、ボクシングIQ、経験値などボクサーが戦う上で必要なものすべてをバランスよく備えている万能型といえます。常に向上心をもってトレーニングや試合に臨んでおり、30歳を超えてなおその進化はとどまることを知りません。
挑戦者のネリ選手は2017年8月に山中慎介氏からWBC世界バンタム級王座を奪いましたが、試合後にドーピング違反が発覚。半年後の再戦では大幅な体重超過で計量失格(試合は2回TKO勝ち)と、トラブルメーカーとして知られています。その一方で、2020年にはWBC世界スーパーバンタム級王座を獲得し、王座陥落後も挑戦者決定戦を制するなど実績を積んで現在の地位に辿り着いています。
右ストレート、左フック、左ボディブローと多彩で破壊的なパンチを持つ井上尚弥選手が今回も圧倒するのか、それともネリ選手が回転の速い連打で絶対王者に挫折を味わわせるのでしょうか。一瞬たりとも目の離せない試合になりそうです。

兄弟防衛を狙う井上拓真 悲願成就狙う石田
「モンスター」の弟、WBA世界バンタム級王者の井上拓真選手が兄と同じイベントで防衛戦に臨むことになりました。井上拓真選手は2月24日、「過去最強の相手」と警戒していたジェルウィン・アンカハス選手(フィリピン)を9回KOで退けて初防衛を果たしたばかりです。前に出てくる相手を巧みに迎え撃ち、鮮やかに仕留めた拓真選手が、今度はどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみです。
WBAの挑戦者決定戦を制して最上位にランクされている石田選手にとっては2017年10月以来2度目の世界挑戦となります。持ち味であるスピードとテクニックには磨きがかかり、さらにプロ15年、37戦という経験が加わりました。32歳の今、最も充実した時期にあるといっていいでしょう。遠回りしながら約7年ぶりに迎える大一番だけに高いモチベーションを持ってリングに上がることは間違いありません。
4度の世界戦を経て着実にレベルアップしてきた井上拓真選手と、悲願成就に向けて牙を研ぐ石田選手。意地と意地がぶつかり合う見応えのある試合になりそうです。

舞台は日本から世界へ 阿久井vs桑原 3年ぶりの再戦
阿久井選手と桑原選手は2021年7月21日、日本フライ級王座をかけて拳を交え、阿久井選手が10回TKO勝ちを収めて2度目の防衛に成功しています。初回に阿久井選手がダウンを奪い、最終回にフィニッシュするという内容でしたが、9回までの途中採点は86対84(阿久井)、86対84(阿久井)、85対85と競っていました。
この勝利をステップにした阿久井選手は今年1月に世界王座に挑戦。6度の防衛を重ねていた技巧派王者のアルテム・ダラキアン選手(ウクライナ)を攻略して戴冠を果たしました。今回がその初防衛戦となります。
一方、プロ9戦目で阿久井選手に初黒星を喫した桑原選手は8ヵ月後に再起。2022年10月には世界挑戦経験者のジーメル・マグラモ選手(フィリピン)を破って東洋太平洋フライ級王座を獲得するなど5連勝(4KO)と調子を上げてきています。
自慢の強打に加え、世界戦で大きな経験値を積んだ阿久井選手が返り討ちにするのか。それとも持ち味のスピードに磨きをかけ自信を取り戻した桑原選手が大舞台でリベンジを果たすのでしょうか。

井上のジムメート武居が井上の後継王者マロニーに挑戦
元K-1王者の武居選手がプロボクシングに転向して3年、わずか9戦目で世界の頂に挑みます。WBO世界バンタム級王者のジェイソン・マロニー選手は昨年5月に王座を獲得し、今年1月に初防衛を果たしている実力者です。武居選手の強打とマロニー選手のテクニック、これも興味深い一戦です。
マロニー選手は双子の弟、アンドリュー・マロニー選手とともにアマチュアを経てプロに転向。2018年のIBF王座挑戦は惜敗に終わり、2020年10月の井上尚弥選手への挑戦は7回KO負けという結果でした。しかし、昨年5月に3度目のチャンスを生かし、井上尚弥選手が返上したバンタム級王座のひとつを獲得しました。スピードとテクニックを併せ持った実力派といっていいでしょう。
武居選手はサウスポーから独特の間合いで打ち込む左ストレートでKOの山を築いてきた強打者。特に左のボディブローで相手を悶絶させるシーンは武居選手の試合ではお馴染みとなっています。
試合数は8戦と多くないもののキックボクシングでの経験がベースにあるため勝負度胸も備わっています。
井上尚弥選手の王座を引き継いだマロニー選手が、今度は井上尚弥選手のジムメートを退けるのか。それとも武居選手の強打が炸裂するのでしょうか。

プライム・ビデオ ジャパンカントリーマネージャーである児玉隆志は、次のように語っています。
「井上尚弥選手は約2年前、『Prime Video Presents Live Boxing 2』で宿敵ノニト・ドネア選手に対し圧倒的な力を見せ、2ラウンドKO勝利しました。今でもその時のフットワーク、パンチの凄まじい切れは鮮明に思い出されます。その後階級を上げ、瞬く間に史上2人目の2階級4団体統一王者となった彼がPrime Videoに再び登場することになり、非常に嬉しく思っています。多くのボクサーたちの頂点にいる偉大なチャンピオンの試合を一人でも多くのプライム会員の皆様に見ていただきたいと思います。さらに会場はボクシングの試合の開催が34年ぶり史上3度目 となる東京ドームです。今までにない規模でのイベントで、今からどんな一夜になるのか楽しみで仕方ありません。また、今回は、『Prime Video Presents Live Boxing 7』で壮絶な打ち合いを見事なKO勝利で制した井上拓真選手の防衛戦、『Prime Video Presents Live Boxing 6』で世界王座を獲得したユーリ阿久井選手と桑原選手の世界フライ級タイトルマッチ、ボクシング転向後8戦8KO勝利の武居選手の世界バンタム級王座挑戦と、カードの全てがベルトを懸けた世界戦です。これ以上ない程に豪華なカードを組んでいただいたボクシング関係者の皆様、選手の皆様に深く感謝いたします。ゴールデンウィークの最終日となる5月6日、連休最後に最高の盛り上がりをお届けします。ぜひ当日はPrime Videoでのライブ配信をお楽しみください!」

大橋ジムの大橋秀行会長は、次のように語っています。
「再び井上尚弥の試合をPrime Videoで配信いただくこととなり、大変光栄に思っております。井上尚弥が『Prime Video Presents Live Boxing 2』でドネア選手と戦ってから約2年。その間にバンタム級、スーパーバンタム級で4団体統一世界王者となりました。井上尚弥のさらに強くなった姿を多くのプライム会員の皆様に見ていただければと思います。また、『Prime Video Presents Live Boxing 7』で快心のKO初防衛を果たした井上拓真も2度目の防衛戦を行うことになりました。試合会場は東京ドームと、これまでにない規模のリングに井上兄弟が立ちます。そして、日本タイトルマッチで拳を交えたユーリ阿久井政悟と桑原拓が世界王座を懸けて再戦、武居由樹は待望の世界初挑戦という今回は、世界タイトルマッチが4試合という、素晴らしいカードが揃いました。これもひとえに関係各位、ファンの皆様のおかげだと思っております。この場を借りて感謝申し上げます。日本のボクシング史上でもなかなか見ることのできないビッグイベントにぜひご期待ください。」

日本のPrime Videoにおけるボクシングのライブ中継は、アメリカの『Thursday Night Football』、『WNBA』、『NWSL』、『the Seattle Storm』、『the New York Yankees』、『Overtime Elite』、『Premier Boxing Champions』『Professional Pickleball Association』、アメリカとカナダの『ONE Championship』、イギリスでは『Premier League』、ドイツとイタリアでは『UEFA Champions League』、フランスでは『Ligue 1 football』、『Roland-Garros tennis』、インドでは『New Zealand Cricket』、ブラジルのコパ・ド・ブラジルサッカーとNBAなど、世界各地のPrime Videoで提供されているスポーツのライブ中継の拡大の一つと言えます。これに加えて、『コーチ・プライム 〜勝利の方程式〜』、『レジー ~伝説の大リーガー~』、『オール・オア・ナッシング』などのAmazon Originalのスポーツドキュメンタリーや、『マラドーナ ~夢をつかんだ神の子~』、国際エミー賞にノミネートされた『エル・プレシデンテ ~南米・チリ サッカー界の闇を知る男~』などのAmazon Originalのスポーツドラマシリーズが、現在世界中のPrime Videoで配信されています。

『Prime Video Presents Live Boxing 8』は、ドラマ『沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~』、『エンジェルフライト 国際霊柩送還士』、映画『次元大介』、『ナックルガール』や恋愛リアリティー番組『ラブ・トランジット』、バラエティ番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』などの日本で製作されたAmazon Originalシリーズや『ロード・オブ・ザ・リング: 力の指輪』、『ザ・ボーイズ』、『ジェン・ブイ』、ゴールデングローブ賞受賞作品である『アルゼンチン1985 〜歴史を変えた裁判〜』などの受賞歴や高い評価を得ている世界的なAmazon Original作品など、Prime Videoのプライム会員特典対象の何千ものテレビ番組や映画に加わることになり、プライム会員は追加料金なしで視聴することができます。

プライム会員の皆様は、スマートテレビ、モバイル端末、Fire TV、Fire TV stick、Fireタブレット、Apple TV、およびオンラインストリーミング用のPrime Videoアプリで、いつでもどこでも『Prime Video Presents Live Boxing』をご覧いただけます。Prime Videoアプリでは、プライム会員の皆様は、追加料金なしで、モバイル機器やタブレットにエピソードをダウンロードし、オフラインでどこでも視聴することができます(*コンテンツによってはダウンロードできない場合があります。)。Prime Videoのプライム会員特典対象作品は、日本では、月間600円、年間5,900円のプライム会員であれば追加料金なしでご利用いただけます。


『Prime Video Presents Live Boxing 8』配信予定試合
配信日 2024年5月6日(月)

  • 4団体統一世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
    井上尚弥(大橋)対ルイス・ネリ(メキシコ)
  • WBA世界バンタム級タイトルマッチ
    井上拓真(大橋)対石田匠(井岡)
  • WBA世界フライ級タイトルマッチ
    ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)対桑原拓(大橋)
  • WBO世界バンタム級タイトルマッチ
    ジェイソン・マロニー(オーストラリア)対武居由樹(大橋)
    ※試合順は未定です。

 

『Prime Video Presents Live Boxing 8』の視聴には会員登録が必要です。(Amazonプライムについて詳しくはamazon.co.jp/primeへ)。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2024/Study-Sapuri-on-Fire-Tablet-Series/ Amazon、Fireタブレットシリーズで オンライン学習サービス「スタディサプリ 小学・中学講座」の利用が可能に https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2024/Study-Sapuri-on-Fire-Tablet-Series/ Amazonは、本日2月26日(月)、株式会社リクルートが提供するオンライン学習サービス「スタディサプリ 小学・中学講座( https://www.amazon.co.jp/dp/B0CQJS4TYX/ )」がAmazonアプリストアを通してFireキッズモデルやFire キッズプロを含めた、Fireタブレットシリーズ*1で利用可能になったことを発表しました*2。これにより、以前より提供しているプログラミングや英語学習などのコンテンツに加え、学習系コンテンツのさらなる拡充を図り、Fireタブレットシリーズにおけるお子さまの学習体験の強化を目指します。

近年、タブレット端末は、GIGAスクール構想により1人一台端末が普及され、家庭学習においても欠かせなくなってきており、そのような中で、Amazonは、お子さまの好奇心や興味を広げ、未来に繋げるというコンセプトを中心にデバイスやサービスを拡充してきました。Amazonは、小学講座では基礎から応用、中学受験まで網羅して楽しく学べ、中学講座では新学習指導要領に対応した内容で、授業の予習・復習から高校受験対策まで学ぶことができ、人気を誇るスタディサプリをFireタブレットシリーズ上で提供し、今後もより多くのお子さまに、楽しく学べる環境と新たな勉強への取り組み方を提案いたします*2

リクルートプロダクト統括本部まなび小中高プロダクトマネジメントユニット小中高BtoCプロダクトマネジメント部 部長の笹部和幸氏は、次のように述べています。

「『スタディサプリ 小学・中学講座』は、学年や習熟度に合った学習内容を自分のペースで学ぶことができるため家庭学習として多くの方にご利用いただいています。また、専用タブレットの購入や難しい設定が不要で、ご家庭のタブレットで気軽に使うことができるのも『スタディサプリ』の特徴の一つです。最近ではお子さま専用の端末に複数の学習コンテンツを入れ家庭学習を行うご家庭も多く見られます。今回は多くの Amazon Fire タブレットシリーズご利用者さまよりご要望をいただいたこともあり、Amazonアプリストアへの対応開始に至りました。既にAmazon Fire タブレットシリーズをお持ちの方は、是非お試しください。引き続き、お子さまが自ら学びたくなるような個別最適化された学習体験を提供していきたいと考えています。」

アマゾンジャパン合同会社Fireタブレット・Kindle・アクセサリー事業部 部長の丸山 舞は次のように述べています。

「この度、『スタディサプリ 小学・中学講座』がFireタブレットシリーズ上で提供開始に至りましたこと、大変嬉しく思います。2019年に3歳以上を対象として発売したFireキッズモデルと、2023年に6歳以上を対象として発売したFire キッズプロを合わせたお子さま向けFireキッズシリーズは、2019年の販売当初と比較して、2023年には約3倍の販売台数となりました。今後、特にFireキッズプロ上で『スタディサプリ 小学・中学講座』を活用いただくことで、より多くのお子さまに楽しい学びの環境を提供できるよう、リクルート様とともに努めて参ります。」

【ダウンロード方法について】

Fireタブレットシリーズをお使いの方*1

Fireタブレットシリーズ上での「スタディサプリ 小学・中学講座」の利用方法は、以下の通りです。

  • Fireタブレットのホーム画面から「アプリストア」を開く
  • 「アプリ」内で「スタディサプリ 小学・中学講座」を検索し、ダウンロード

Fireキッズシリーズをお使いの方*1

Fire キッズシリーズをお使いの方は、ペアレントダッシュボード上でキッズプロフィールに「スタディサプリ 小学・中学講座」のアプリ追加が必要です。利用方法は、以下の通りです。

  • ペアレントダッシュボード( https://parents.amazon.co.jp/intro )にお持ちのスマートフォンやパソコン、タブレットからアクセス
  • 「コンテンツ」から、「Amazonコンテンツ」、「アプリ」に進み、「スタディサプリ 小学・中学講座」を追加

■『スタディサプリ 小学講座』 https://studysapuri.jp/course/elementary/

『スタディサプリ 小学講座』では、「子どもが自ら学び、その子に一番合った最高の学習体験が提供される」ことを目指しています。そのため、小学生が迷わずに自ら学習を進めることができるミッション機能、お子さまの習熟度に合った難易度の問題に取り組める自動出題機能、手で書いた文字が自動で判定される手書き回答機能を備えています。ゲーム要素を取り入れたコンテンツ(ゲーミフィケーション)などを中心に、楽しめるだけでなく、効率的にしっかり身に付く学習体験を提供しています。

■『スタディサプリ 中学講座』 https://studysapuri.jp/course/junior/

中学生の定期テストから高校受験対策までをカバーする、お子さまの成績アップのためのオンライン学習サービスです。現在の中学生の学習習慣や生活習慣を分析し、“部活や学校の宿題で忙しく、自習学習に割ける時間が少ない”、“集中力が長時間持続しにくい”などの課題に徹底的に対応することを目指しています。そのため演習機能やお子さまの学習状況に個別化されたミッションを配信する機能を中心に、効率的にしっかり身に付く学習体験を提供しています。

*1 第8世代以降の、「Fire HD 8」、「Fire HD 10」、「Fire Max 11」、「Fire HD8 キッズモデル」、「Fire HD10 キッズモデル」、「Fire HD10 キッズプロ」が対象です。

*2 現在、小学講座については1年生対象教材・2年生対象教材の一部のみの提供となります。順次他学年の対応も進めて参ります。

Amazonについて

Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。Amazonは、地球上で最もお客様を大切にする企業、そして地球上で最高の雇用主となり、地球上で最も安全な職場を提供することを目指しています。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Career Choice、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa、Just Walk Out technology、Amazon Studios、気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)などは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービス、取り組みです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom ( http://amazon-press.jp )およびAbout Amazon ( http://www.aboutamazon.jp )から。

 

 

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2024/Echo-Hub-2024/ Amazon、スマートホームコントロールパネル「Echo Hub」を 2月22日より国内販売開始 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2024/Echo-Hub-2024/ ~ Amazon初のスマートホームコントロールパネルで、スマートホーム製品の一括管理、操作を実現 ~ ~ カスタマイズ可能な8インチの薄型タッチパネルで壁に取り付けて利用可能 ~ Amazonは、パーソナルAIのAlexaが搭載されたEchoシリーズ新製品、「Echo Hub」を2月22日(木)より国内で販売、出荷開始することを発表しました。価格は25,980円(税込)で、Amazon.co.jp( http://www.amazon.co.jp/echohub )にて販売します*1

Echo Hubは、Alexaが搭載されたスマートホームコントロールパネルで、スマートカメラや照明、スマートロック、スマートプラグ、エアコン、スピーカーなどご自宅の対応するスマートホーム製品(別売)を簡単に一括管理して操作することができます*2。また、Echo Hubでは、カスタマイズ可能なスマートホームダッシュボードを搭載した薄型の8インチディスプレイをタッチ操作することで、対応するスマートホーム製品をグループで管理したり、Alexaの定型アクションを開始したり、カメラのライブ映像を表示したりすることができます。

Echo Hubは壁に取り付けてご利用いただけます。さらに、Zigbee、Thread、Bluetooth、Matter規格に対応したスマートホームハブを内蔵しており、さまざまなスマートホーム製品に対応しています。インターネットには、ワイヤレスでの接続、または、対応するPoE(Power-over-Ethernet)アダプターを使用してイーサネット経由での接続が可能です。

Echo Hubを最大限に活用する7つの方法をご紹介します。

1. 対応する様々なスマートホーム製品を簡単に設定・管理

Bluetooth、Zigbee、Thread、Matter規格対応製品は、Echo Hubの内蔵スマートホームハブと簡単かつすばやく同期し、ブランドやメーカーに関係なく、お客様それぞれのニーズに合ったデバイスを組み合わせて使用することができます*2

2. スマートホームダッシュボードをカスタマイズ

Echo Hubは、セットアップ中に、Alexaアプリの設定に基づき、Alexaアカウントに接続されているデバイスを自動的にダッシュボードに追加します。また、画面を長押しすることで、ウィジェットを追加、削除、編集することも可能です。

3. カメラのライブ映像やスナップショットの表示

Echo Hubのウィジェットをタップ、もしくはパーソナルAIのAlexaに話しかけて、接続しているカメラのライブ映像を簡単に表示することができます。マルチビューでは、最大4つのライブ映像が同時に表示可能です*3。またEcho Hubには、接続しているカメラで撮られた静止画をEcho Hubに表示させるスナップショット機能も搭載されています*4

4. 定型アクションをワンタッチで表示・開始

1つの画面で確認できます。定型アクションをワンタッチして、ドアのロック、照明の明るさ、エアコン の調整など一連の操作を行うことも可能です*2。また、Alexaアプリ上で新しい定型アクションを作成すると、自動的にパネルに表示されます。

5. ご自宅のオーディオをコントロール

Echo Hubから直接音楽を再生したり、お好みのスマートスピーカーをEcho Hubに接続してホームオーディオ全体をコントロールすることで、お気に入りの音楽プレイリスト、ポッドキャスト、オーディオブックを楽しんだりできます。ダッシュボードから直接、マルチルームミュージックグループ内の各スピーカーの音量をコントロールすることができます*5

6. お気に入りの写真や背景でディスプレイをパーソナライズ

Echo Hubには近接センサーが搭載されており、赤外線技術を活用して人が近づいたことを検知します。検知すると、ディスプレイがスタンバイ画面からスマートホームダッシュボードに自然に切り替わります。Echo Hubには、新たな写真コレクションとして「自然の質感」と「景観」、また新たなビデオ背景コレクションとして「ワイルドアース」と「ムード」が加わりました。アート、抽象図形、ミニマルなどのこれまでの背景もご利用いただけます。こうしたコレクションやAmazon Photosに保存したお気に入りの写真や思い出の写真を選択いただくことで、スタンバイ画面をパーソナライズすることができます*6

7. プライバシーの設定を管理

Echo Hubは何重ものプライバシー保護対策を用いて設計されています。マイク オン/オフボタンから音声録音の削除まで、Alexaエクスペリエンスは透明性が高く、コントロールも簡単です。パーソナルAIのAlexaやEchoシリーズの仕組みについて詳しくは、こちら( https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=6971545051 )をご覧ください。

なお、本製品については、About Amazon ( https://www.aboutamazon.jp/news/devices/echo-hub-features )でもご覧いただけます。

*1 製品画像に表示されているいくつかの機能は、発売後のソフトウェアアップデートにて追加される予定です。ソフトウェアアップデートは無料です。

*2 エアコンや扇風機などの一部のAlexa非対応の家電については、Alexa対応のスマートリモコン等を使用する必要があります。

*3 ライブ映像機能はRingデバイスおよび、その他のAlexa対応カメラに対応しています。

*4 スナップショット機能は現時点でRingプロテクトプランに登録頂いているRingデバイスのみ対応しています。

*5 各コンテンツやサービスの利用には別途登録・契約や料金が必要な場合があります。

*6 Amazonプライム会員のお客様は、Amazon Photosで写真をフル解像度で容量無制限に保存することができます。

 

Amazonについて

Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。Amazonは、地球上で最もお客様を大切にする企業、そして地球上で最高の雇用主となり、地球上で最も安全な職場を提供することを目指しています。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Career Choice、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa、Just Walk Out technology、Amazon Studios、気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)などは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービス、取り組みです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom ( http://amazon-press.jp )およびAbout Amazon ( http://www.aboutamazon.jp )から。

 

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/SMB/20240112_Amazon-Seller-Award-2023/ 「Amazon.co.jp 販売事業者アワード2023」を発表 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/SMB/20240112_Amazon-Seller-Award-2023/ Amazonで活躍されている150社の販売事業者様を表彰 アマゾンジャパン(所在地:東京都目黒区)は1月12日(金)、「Amazon.co.jp 販売事業者アワード2023」を発表しました。2023年度はAmazonで活躍された販売事業者様の中から「最優秀賞」、「カテゴリー賞」、「Prime Try Before You Buy賞」、「Day One賞」、「ご当地の魅力 発信賞」、「海外販売賞」ほか、さらに「タイムセール賞」を新たに設立し、合計10部門に150社の販売事業者様が選出されました。このアワードは、お客様満足度や売上、Amazonが提供する各種サービスの活用度などを指標に選ばれます。

「Amazon.co.jp 販売事業者アワード」の特設サイト(https://www.amazon.co.jp/b?node=23716670051&ref=asa23malt )では、受賞された販売事業者様のコメントをご紹介しています。また受賞企業様の商品詳細ページにおいて、当該アワードのアイコンを表示しています。

アマゾンジャパン セラーサービス事業本部 カテゴリー事業本部長 露木 一帆は、次のように述べています。
「今回で3回目を迎える『Amazon.co.jp 販売事業者アワード』で、Amazonが提供するさまざまなサービスを活用し、お客様満足度を高めることで事業の成長を実現されている販売事業者様を発表できることを大変嬉しく思います。今後も引き続き、販売事業者様の事業の成長をご支援するためにさまざまな投資を行い、販売事業者様の発展に貢献して参ります」

  • Amazon.co.jp 販売事業者アワード」の各賞の概要

1.「最優秀賞」
家電&オフィス用品、ライフ&レジャー、消費財、ファッションの4ジャンルにおいて、最も成功された販売事業者様に贈られる賞です。

2.「カテゴリー賞」
最優秀賞の4ジャンルを、家電・カメラ・AV機器、食品・飲料・お酒、アパレルなど、より細かく分類した10部門において、特に成功された販売事業者様に贈られる賞です。

3.「Prime Try Before You Buy賞」
Amazonプライム会員のお客様を対象とした購入前に試着可能なサービス「Prime Try Before You Buy」を活用し、お客様満足度を向上しながら事業を成長させているファッション関連の販売事業者様に贈られる賞です。

4.「Day One賞」
過去1年以内にAmazonで販売を開始し、初年度から、お客様満足度・品揃え・売上などの観点で最も活躍された販売事業者様に贈られる賞です。

5.「FBA賞」
お客様満足度や売上などを評価項目に、商品の在庫保管・配送代行サービス「フルフィルメント by Amazon(FBA)」を利用して事業を急成長させている販売事業者様に贈られる賞です。

6.「海外販売賞」
米国のAmazon.comなど世界のAmazonで販売を行い、日本から世界に事業を拡大している販売事業者様に贈られる賞です。

7.「B2B賞」
法人および個人事業主のお客様向けのEコマース「Amazonビジネス」を利用し、B2Bビジネスにおいて事業を成長させている販売事業者様に贈られる賞です。

8.「Amazonサービス活用賞」
Amazonでの販売だけではなく、法人・個人事業主向けのEコマース「Amazonビジネス」や決済サービス「Amazon Pay」、Amazon Web Services(AWS)が提供する「クラウド・コンピューティング・サービス」などを活用し、事業を拡大している販売事業者様に贈られる賞です。

9.「ご当地の魅力 発信賞」
Amazonを通じて日本全国のお客様にお届けしている中小規模の販売事業者様に贈られる賞です。

10.「タイムセール賞」
Amazonで開催している「プライムデー」、「プライム感謝祭」、「ブラックフライデー」、「タイムセール祭り」などのセールイベントにて、品揃え・売上などの観点で活躍された販売事業者様に贈られる賞です。

  • 「ご当地の魅力 発信賞」を受賞した販売事業者様のコメント

Amazonでの販売事業者名:まぐろ処一条
まぐろ処一条(本社:福島県いわき市)ネット販売事業部主任 田所 真彰様
「栄誉ある賞を頂き従業員一同大変嬉しく思います。まぐろ販売20年以上の実績と経験を活かし、食を通じてお客様に喜んで頂けるよう、これからも美味しいものをお届けしていきます」

Amazonでの販売事業者名:ねむりっち
寝夢りっち合同会社(本社:栃木県足利市)店長 川田 和代様
「布団専門店ねむりっちは、快適な睡眠をテーマに唯一のオリジナル寝具を製造・販売しております。お客様のニーズに応えられるよう、より良い寝具の開発に努めています。今後もAmazonのお客様にご満足いただけるよう、より一層尽力いたします」

Amazonでの販売事業者名:ハブラシランド
ラピス株式会社(本社:大阪府八尾市)代表取締役 乾 真治様
「当社歯ブラシはお客様に満足していただける価格を実現するために、デザインをシンプルにし機能性重視で製造しています。Amazonで商品を販売することで多くのお客様にご利用いただいています。今後もより便利に当社商品をご活用いただけるよう、サービスの向上に努めてまいります」

Amazonでの販売事業者名:KOBE LETTUCE
株式会社マキシム(本社:兵庫県神戸市)代表取締役社長 林  純司様
「今回の受賞、従業員一同大変嬉しく思います。神戸発の手に取りやすい価格でおしゃれなファッションを、今後も多くのお客様に楽しんでいただけるよう取り組んでまいります」

Amazonでの販売事業者名:柿茶本舗
柿茶本舗有限会社(本社:香川県坂出市)代表取締役 井上 信忠
「創業から半世紀以上変わることなく、柿茶を生産しております。柿茶の生産を通じて香川県の里山再生、耕作放棄地の活用をしており、取り組みが評価されて光栄に思います。今後も美味しくて体によい柿茶を香川から全国へ広めてまいります。」

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/TOBE_1stSuperLive/ TOBEアーティストが集結する初のコンサート『to HEROes ~TOBE 1st Super Live~』@東京ドームの最終日の公演を世界同時ライブ配信 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/TOBE_1stSuperLive/ 【TOBEとAmazonのコラボレーション第1弾】 Prime Videoは、三宅健、北山宏光、Number_i、IMP.、大東立樹ら株式会社TOBEのアーティストが勢ぞろいする、初の東京ドーム公演『to HEROes TOBE 1st Super Live』を、2024年3月17日(日)に約230の国と地域で独占ライブ配信いたします。
『to HEROes 〜TOBE 1st Super Live〜』は、Amazonプライム特典対象のライブ配信です。プライム会員の皆様は、お急ぎ便やお届け日時指定便などの迅速で便利な配送特典を追加料金なしで無制限に利用できる他、その他さまざまなショッピング特典やエンターテインメントをお楽しみいただけます。

株式会社TOBEは2023年3月に滝沢秀明氏によって設立され、その一挙手一投足に注目が集まっています。中でも、TOBEとしての初めてのコンサートへの期待が高まる中、12月23日(土)、ついに2024年3月14日(木)から17日(日)に東京ドームで『to HEROes 〜TOBE 1st Super Live〜』が開催されることが発表されました。
Prime Videoでは、最終日となる3月17日(日)の公演を世界独占ライブ配信いたします。

プライム・ビデオ ジャパンカントリーマネージャーである児玉隆志は、次のように語っています。
「この度は才能あふれるアーティストの皆さんの新しい門出となる東京ドームのコンサート最終日を独占ライブ配信させて頂くこととなり、大変嬉しく、光栄に思っています。彼らのパフォーマンスを待ち焦がれていたファンの皆様には、Prime Videoを通して思う存分ライブの熱気をお楽しみいただければと思います。今回のライブ配信では、約230の国と地域で同時に視聴が可能です。日本にいるTOBEのアーティストのファンの皆様だけでなく、世界中のファンの方や初めてパフォーマンスを見る皆様にも楽しんでいただけるように万全の態勢で臨みます。どうぞご期待ください!」

TOBE代表の滝沢秀明氏は、次のように語っています。
「この度TOBEは、アーティスト全員が参加するコンサートを、AmazonのPrime Videoで世界の皆様のもとへ生配信でお届けする取り組みを開始いたします。TOBEのアーティストが世界に羽ばたくきっかけとなる、大変大きな取り組みです。この歴史に残る瞬間を、皆様の目でご覧になっていただきたい、と強く願います。
世界のみなさま、初めまして。
私たちは、三宅健、北山宏光、Number_i、IMP.、大東立樹です。
私たちのパフォーマンスに、ぜひご期待ください。
TOBEは今後、日本のエンターテイメントを世界基準へと進化させ、
グローバルで受け入れられるアーティストのプロデュースを加速してまいります。
日本から、世界へ。
株式会社TOBE 代表取締役 滝沢秀明」


to HEROes TOBE 1st Super Live〜』概要
配信日:2024年3月17日(日)
※ライブ配信後の配信については、追ってお知らせいたします。

作品の視聴には会員登録が必要です。無料体験期間終了後、有料期間に自動移行(Amazonプライムについて詳しくはamazon.co.jp/primeへ)。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/liveboxing6_7/ 那須川天心のボクシング3戦目は、初の世界ランカーとの対決!2024年1月23日(火)『Prime Video Presents Live Boxing 6』、WBA世界バンタム級タイトルマッチ 井上拓真対ジェルウィン・アンカハスをはじめとするトリプル世界戦!2024年2月24日(土)『Prime Video Presents Live Boxing 7』、Prime Videoで独占ライブ配信 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/liveboxing6_7/   Prime Videoは『Prime Video Presents Live Boxing 6』として、2024年1月23日(火)にエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)で行われる日本スーパーバンタム級7位、那須川天心選手(帝拳)対WBA世界バンタム級13位、ルイス・ロブレス選手(メキシコ)の121ポンド(約54.8キロ)契約8回戦、WBC・WBA世界ライトフライ級王者、寺地拳四朗選手(BMB)対元WBA同級王者で現1位のカルロス・カニサレス選手(ベネズエラ)のタイトルマッチ、さらにアルテム・ダラキアン選手(ウクライナ)対ユーリ阿久井政悟選手(倉敷守安)のWBA世界フライ級タイトルマッチなどを独占ライブ配信します。

さらに、2月24日(土)には、『Prime Video Presents Live Boxing 7』として、東京・両国国技館で行われるWBC世界バンタム級タイトルマッチ、チャンピオンのアレハンドロ・サンティアゴ選手(メキシコ)対中谷潤人選手(MT)、WBA世界バンタム級タイトルマッチ、チャンピオンの井上拓真選手(大橋)対ジェルウィン・アンカハス選手(フィリピン)、さらにWBO世界スーパーフライ級王座決定戦、田中恒成選手(畑中)対クリスチャン・バカセグア選手(メキシコ)のトリプル世界戦を独占ライブ配信します。

『Prime Video Presents Live Boxing』はAmazonプライム特典対象のライブ配信です。プライム会員の皆様は、お急ぎ便やお届け日時指定便などの迅速で便利な配送特典を追加料金なしで無制限に利用できる他、その他さまざまなショッピング特典やエンターテインメントをお楽しみいただけます。

『Prime Video Presents Live Boxing』は下記のとおり、2022年4月9日の第1弾から2023年9月の第5弾までを独占ライブ配信してきました。
① 2022年4月9日 村田諒太(帝拳)対ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)―WBA・IBF世界ミドル級王座統一戦/中谷潤人(MT)対山内涼太(角海老宝石)―WBO世界フライ級タイトルマッチ
② 2022年6月7日 井上尚弥(大橋)対ノニト・ドネア(フィリピン)―WBA・IBF・WBC世界バンタム級王座統一戦
③ 2022年11月1日 寺地拳四朗(BMB)対京口紘人(ワタナベ)―WBC・WBA世界ライトフライ級王座統一戦
④ 2023年4月8日 那須川天心(帝拳)プロデビュー戦/寺地拳四朗(BMB)対アンソニー・オラスクアガ(アメリカ)―WBC・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ/井上拓真(大橋)対リボリオ・ソリス(ベネズエラ)―WBA世界バンタム級王座決定戦
⑤ 2023年9月18日 那須川天心 プロ第2戦/寺地拳四朗対ヘッキー・ブドラー(南アフリカ共和国)―WBC・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ/中谷潤人対アルヒ・コルテス(メキシコ)―WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ

いずれの試合も期待に違わぬ熱戦になり、視聴者の皆様にはボクシングの魅力をお伝えすることができたと確信しております。

第6弾となる配信は、Prime Video Presents Live Boxingでは初めて大阪で開催されるイベントのライブ配信となります。キックボクシングで42戦全勝の戦績を収めたあとプロボクシングに転向して連勝デビューを飾った那須川選手は、3戦目で早くも世界ランカーとの対戦となります。世界戦で4連続KO勝利中の2団体統一王者、寺地選手は元王者で現WBA1位の指名挑戦者、カニサレス選手を迎え撃ちます。また、11月に対戦予定だったダラキアン選手と阿久井選手は2カ月の延期を経て拳を交えることとなりました。さらにアンダーカードとして日本バンタム級11位の与那覇勇気選手(真正)対辰吉寿以輝選手(大阪帝拳)の54.5キロ契約8回戦も組まれています。
これらの試合は当日、Prime Videoが独占ライブ配信します。日本のプライム会員の皆様は追加料金なしで『Prime Video Presents Live Boxing 6』をご視聴いただけます。

『Prime Video Presents Live Boxing 6』のみどころ
3戦目で世界ランカーに挑む那須川
サウスポーの那須川選手は2023年4月のプロデビュー戦で日本2位の与那覇選手からダウンを奪って大差の6回判定勝ちを収め、9月の第2戦ではメキシコ王者のルイス・グスマン選手に付け入る隙を与えず、2度のダウンを奪って8回判定で圧勝しました。2試合ともKOこそ逃しましたがスピードや打撃のタイミング、防御勘など高い潜在能力を示しました。この2勝が評価され、現在は日本スーパーバンタム級7位にランクされています。
その那須川選手が対戦するロブレス選手は18戦15勝(5KO)2敗1分の戦績を残している右のファイター型で、ストレートと横殴りのパンチを使い分けながら攻めるタイプです。直近の試合(2023年10月13日)ではWBCラテン王座決定戦で10回引き分けという結果に終わっていますが、その試合を含め10ラウンドを2度、12ラウンドを1度、フルに戦い抜いておりスタミナもありそうです。
デビュー戦、第2戦に続き那須川選手にとっては試されることの多い試合といえます。リスクも大きなものがありますが、WBA13位のロブレス選手に勝てば世界15傑入りが見えてくるだけに高いモチベーションを持ってリングに上がることになるでしょう。

寺地vsカニサレス KO必至の強打者対決
2団体統一王者の寺地選手と元王者のカニサレス選手の試合は打撃戦必至といえそうです。寺地選手は3回KOでWBC王座を奪回した矢吹正道(緑)戦、WBA王者の京口紘人選手との統一戦(7回TKO勝ち)、壮絶な打撃戦となったオラスクアガ戦(9回TKO勝ち)、そして元世界2階級制覇王者のブドラー選手を9回TKOで一蹴した試合と、このところ4連続KO(TKO)勝ちを収めており、魅せる王者に変貌を遂げたと言えます。反面、小さくないリスクも背負うことになりますが、覚悟を持って戦っている様子には観る者を惹きつけるものが感じられます。
カニサレス選手は28戦26勝(19KO)1敗1分の戦績が示すとおりの強打者で、過去に日本人ボクサーとは世界戦で3戦2勝1分という結果を残しています。2021年5月にWBA世界ライトフライ級王座を失いましたが、再起後は4連勝(2KO)と調子を上げてきています。
2023年6月、敵地アルゼンチンに乗り込んだ挑戦者決定戦で8回負傷判定勝ちを収め今回のチャンスをつかんでいます。
ともにパンチ力に自信を持っているだけに序盤から目の離せない試合になりそうです。

必倒の右ストレートを持つ阿久井にチャンスあり
ダラキアン選手対阿久井選手はWBA世界フライ級タイトルマッチとして行われます。アゼルバイジャン出身で現在はウクライナ在住のダラキアン選手は常にポジションを変えながら攻防の組み立てをする選手で、プロ戦績は22戦全勝(15KO)。技巧派のカテゴリーに入りますが、68パーセントのKO率を残しているようにパンチ力もあります。2018年2月に王座を獲得してから5年半に6度の防衛を重ねている難攻不落の王者です。
挑戦者の阿久井選手は、元日本スーパーライト級王者でもある守安竜也会長が手塩にかけて育てた選手で、戦績は21戦18勝(11KO)2敗1分。2019年以降は6連勝と勢いがあります。この間に日本フライ級王座を獲得し、3度防衛後に返上しています。ガードを高くした構えからプレッシャーをかけ、ここというタイミングで打ち抜く右ストレートは破壊力抜群です。1ラウンドKO勝ちが9度もある一方、10ラウンドをフルに3度戦いきるなどスタミナにも自信を持っています。
動きながら迎撃を狙うダラキアン選手、プレッシャーをかけながら右を狙う阿久井選手――序盤からスリリングな展開になりそうです。

与那覇vs辰吉 力と力の正面衝突か
与那覇選手対辰吉選手も興味深いカードです。もともとは11月15日に東京で行われる予定だった試合ですが、メインカードの延期によってリセットされました。神戸市の真正ジム所属の与那覇選手、大阪市都島区の大阪帝拳ジム所属の辰吉選手。ともにホームといえる関西での試合だけに熱い戦いが期待できるものと思います。「ぶん殴り合いをして自分が勝つ」と与那覇選手が話せば、辰吉選手も「パワーには自信がある。最後は僕が勝つ」と譲りません。力と力のぶつかり合いが見られそうです。

そして、『Prime Video Presents Live Boxing 7』として、サンティアゴ選手対中谷選手、井上拓真選手対アンカハス選手、田中選手対バカセグア選手のトリプル世界戦、さらにジョナス・スルタン選手(フィリピン)対増田陸選手(帝拳)のバンタム級8回戦の独占ライブ配信が決まりました。当日、日本のプライム会員の皆様は追加料金なしで『Prime Video Presents Live Boxing 7』をご視聴いただけます。

『Prime Video Presents Live Boxing 7』のみどころ
「ドネアに勝った男」に挑む中谷
中谷選手は2023年5月に獲得したWBO世界スーパーフライ級王座を返上してサンティアゴ選手の持つWBC世界バンタム級王座に挑みます。すでに2階級制覇を成し遂げている中谷選手は身長172㎝と50キロ台前半の選手としては大柄で、最近は試合のたびに減量苦が伝えられていました。1階級上げることで体重調整に若干の余裕が生まれ、かつ3階級制覇がかかる試合ということで高いモチベーションを抱いてリングに上がるものと思われます。
サンティアゴ選手は2023年7月、日本にも多くのファンを持つ「フィリピンの閃光」ノニト・ドネア選手(フィリピン)に12回判定勝ちを収め、井上尚弥選手(大橋)の返上で空位になっていたWBC世界バンタム級王座を獲得しました。決してKO率が高いわけではありませんが、出たり入ったりして的をずらしながら自分のペースに持ち込み、粘り強く戦うタイプです。
26戦全勝(19KO)長身サウスポーの中谷選手と、36戦28勝(14KO)3敗5分のサンティアゴ選手。序盤から激しい主導権争いが見られそうです。

「今度は僕が4団体統一を狙う」と井上拓真
ご存知のように井上拓真選手は「モンスター」井上尚弥選手の弟で、かつてWBC暫定王座を獲得した実績も持っています。いま保持しているWBA王座は兄が返上して空位になったあと、2023年4月にリボリオ・ソリス選手(ベネズエラ)との決定戦を経て手に入れたものです。井上選手は「兄に続いて今度は僕がバンタム級の4団体王座統一を狙う」と話しており、今回のアンカハス戦はその目標に向けた第一関門と位置づけられます。パンチの見切りとカウンターアタックに定評のあるボクサーファイター型で、戦績は19戦18勝(4KO)1敗。
アンカハス選手は14年のプロキャリアを持つサウスポーで、2016年から2022年にかけてIBF世界スーパーフライ級王座を9度防衛した実績を持っています。12度の世界戦(9勝6KO2敗1分)を含む戦績は39戦34勝(23KO)3敗2分。昨年12月にバンタム級転向を表明し、前哨戦では5回TKO勝ちを収めています。左構えから左ストレート、回転の速い左右フックを打ち込んできます。減量苦から解放されたことでパワーは増しているものと思われます。
実力者同士の一戦とあって1ラウンドから目の離せない試合になりそうです。

4階級制覇が期待される田中 接近戦は要注意
ミニマム級、ライトフライ級、フライ級で戴冠実績のある田中選手は4階級制覇を狙ってバカセグア選手と対戦します。スーパーフライ級では2020年12月に井岡一翔選手(志成)に挑んで8回TKO負けを喫している田中選手ですが、その後は強豪相手に4連勝(2KO)を収めて今回のチャンスをつかんでいます。スピード、パンチ力、テクニックとすべてが高次元の戦力を備えたボクサーファイター型で、10度の世界戦を含め20戦19勝(11KO)1敗の戦績を残しており、経験値も十分です。
「ロッキー」のニックネームを持つバカセグア選手は元WBO中南米王者で、このところ9連勝(4KO)と上り調子の選手です。前傾姿勢で前に出て左ジャブから右ストレートを放ち、距離が詰まると執拗に左右のアッパーやフックを打ち込んでくる好戦的なタイプといえます。戦績は28戦22勝(9KO)4敗2分。KO率は高くないものの中近距離での戦いになったときは持ち味を発揮する選手です。
スピード、スキル、経験値など多くの面で勝る田中選手の偉業達成が期待されるカードですが、バカセグア選手の攻撃力は侮れません。

経験豊富なスルタン vs サウスポーの増田
スルタン選手対増田選手はバンタム級8回戦として行われます。スルタン選手は2度の世界挑戦を経験(2度とも12回判定負け)しているほか、6年前にはIBF世界スーパーフライ級挑戦者決定戦でジョンリエル・カシメロ選手(フィリピン)に12回判定勝ちを収めたことがある攻撃型の実力者です。
一方の増田選手はアマチュアを経て2022年7月にプロデビューしたホープで、2023年8月には4戦目で日本バンタム級王座に挑戦。10回判定で敗れはしたものの株を上げています。スピードとパンチ力のあるサウスポーで、右ジャブからの左ストレートを武器にしています。
WBO世界スーパーバンタム級11位にランクされるベテランが意地を見せるのか、それとも才能に恵まれたサウスポーの出世試合となるのか。楽しみなカードです。

プライム・ビデオ ジャパンカントリーマネージャーである児玉隆志は、次のように語っています。
「昨年の春、日本におけるPrime Video初のスポーツライブ配信イベントとなった『Prime Video Presents Live Boxing』は村田諒太選手とゴロフキン選手の素晴らしい激闘で始まりました。この2年で5回のボクシングイベントを配信させて頂きましたが、今回は一気に2回のイベント配信をご案内することになりました。#6と#7、どちらも注目を集める選手たちのマッチが目白押しです。年初から素晴らしいカードを組んで頂いたボクシング関係者の皆様、選手の皆様に深く感謝するとともに、プライム会員の皆様には配信日を楽しみにしていただきたいと思います。これまでの試合と同様に、どの試合にも闘う選手たちの夢や意地が懸かったストーリーがあり、気持ちを揺さぶられずにはいられません。最強への道を駆け上がるチャレンジャー、更に高みを目指すチャンピオン、ただひたすらに自分の限界に挑む選手。素晴らしい闘いを見せてくれることと思います。それぞれの選手の人生ドラマ、闘いを是非ご一緒に応援しましょう!」

帝拳ジムの浜田剛史代表は、次のように語っています。
「昨年4月からボクシングがPrime Videoで配信されるようになり、初めてボクシングの魅力を知ったという方もいらっしゃって、ファンのすそ野が広がっていることを感じています。来年は1月23日、2月24日と2カ月連続でイベントを開催します。那須川天心のボクシング第3戦、寺地拳四朗、井上拓真の世界タイトル防衛戦、中谷潤人、ユーリ阿久井政悟、田中恒成の世界タイトル挑戦などエキサイティングなカードを揃えました。Prime Videoを通じてより多くのお客様にライブ配信を楽しんでいただけましたら幸いです。」

日本のPrime Videoにおけるボクシングのライブ中継は、アメリカの『Thursday Night Football』、『New York Yankees』、『Seattle Sounders FC』、フランスの『Ligue 1 football』、『Roland-Garros tennis』、イギリスの『Premier League football』、イギリスとアイルランドの『Autumn Nations Series rugby』、『US Open』、『ATP and WTA tennis』、ドイツとイタリアの『UEFA Champions League』、オーストラリアの『Live Swimming Trials』、インドの『New Zealand Cricket』など、世界各地のPrime Videoで提供されているスポーツのライブ中継の拡大の一つと言えます。これに加えて、『All or Nothing: Tottenham Hotspur』、『This Is Football』、『FC Bayern - Behind The Legend』などのAmazon Originalのスポーツドキュメンタリーや、『マラドーナ ~夢をつかんだ神の子~』、国際エミー賞にノミネートされた『エル・プレシデンテ ~南米・チリ サッカー界の闇を知る男~』などのAmazon Originalのスポーツドラマシリーズが、現在世界中のPrime Videoで配信されています。

『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』や『風雲!たけし城』、ドラマ『エンジェルフライト 国際霊柩送還士』、映画『次元大介』、『ナックルガール』や恋愛リアリティー番組『ラブ・トランジット』などの日本で製作されたAmazon Originalシリーズや、『ロード・オブ・ザ・リング: 力の指輪』、『ザ・ボーイズ』、『ジェン・ブイ』、ゴールデングローブ賞受賞作品である『アルゼンチン1985 〜歴史を変えた裁判〜』などの受賞歴や高い評価を得ている世界的なAmazon Original作品など、Prime Videoのプライム会員特典対象の何千ものテレビ番組や映画に加わることになり、プライム会員は追加料金なしで視聴することができます。

プライム会員の皆様は、スマートテレビ、モバイル端末、Fire TV、Fire TV stick、Fireタブレット、Apple TV、およびオンラインストリーミング用のPrime Videoアプリで、いつでもどこでも『Prime Video Presents Live Boxing』をご覧いただけます。Prime Videoアプリでは、プライム会員の皆様は、追加料金なしで、モバイル機器やタブレットにエピソードをダウンロードし、オフラインでどこでも視聴することができます(*コンテンツによってはダウンロードできない場合があります。)。Prime Videoのプライム会員特典対象作品は、日本では、月間600円、年間5,900円のプライム会員であれば追加料金なしでご利用いただけます。新規のお客様は、www.amazon.co.jp/prime で詳細を確認し、30日間の無料体験にお申し込みください。

『Prime Video Presents Live Boxing 6』配信予定試合
配信日 2024年1月23日(火)
※試合順は未定です。
・那須川天心選手(帝拳)対ルイス・ロブレス(メキシコ):121ポンド(約54.8キロ)契約8回戦
・寺地拳四朗(BMB)対カルロス・カニサレス(ベネズエラ):WBC・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
アルテム・ダラキアン(ウクライナ)対ユーリ阿久井政悟(倉敷守安):WBA世界フライ級タイトルマッチ
与那覇勇気(真正)対辰吉寿以輝(大阪帝拳):54.5キロ契約8回戦

『Prime Video Presents Live Boxing 7』配信予定試合
配信日 2024年2月24日(土)
※試合順は未定です。
アレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)対中谷潤人(MT):WBC世界バンタム級タイトルマッチ
井上拓真(大橋)対ジェルウィン・アンカハス(フィリピン):WBA世界バンタム級タイトルマッチ
田中恒成(畑中)対クリスチャン・バカセグア(メキシコ):WBO世界スーパーフライ級王座決定戦
ジョナス・スルタン(フィリピン)対増田陸(帝拳):バンタム級8回戦

作品の視聴には会員登録が必要です。無料体験期間終了後、有料期間に自動移行(Amazonプライムについて詳しくはamazon.co.jp/primeへ)。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/silent_servive1214/ Amazon Originalドラマ 『沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~』 2024年2月9日(金)よりPrime Videoで世界独占配信決定! https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/silent_servive1214/ 大ヒット映画『沈黙の艦隊』から広がる物語――全8話のドラマシリーズが誕生 Amazonスタジオが日本から世界に向けて送り出すビッグプロジェクト。大沢たかお「この時代を生きる全ての人にお送りいたします」、かわぐちかいじ「日本が発信する最高の決断をこの眼で観たい!!」 壮大な物語を象徴するキービジュアル&場面写真解禁 Prime Videoは、Amazon Originalドラマ『沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~』を、2024年2月9日(金)より240以上の国や地域で世界独占配信いたします。本作は初週に1~6話、2月16日(金)に7~8話が配信されます。1988~96年に「モーニング」(講談社)で連載された、累計発行部数 3,200万部(紙・電子)を突破する大ヒットコミック「沈黙の艦隊」(作・かわぐちかいじ氏)を原作とし、主演・大沢たかお氏で実写化され今秋公開となった映画『沈黙の艦隊』。この度、劇場未公開シーンをふんだんに加え、その後、東京湾で勃発する大海戦というクライマックスまでの全8話を完全版連続ドラマとして世界へ送り出します。

『沈黙の艦隊』実写化プロジェクトは、日本のAmazonスタジオが過去最大級の予算を投じて、世界に誇る日本発のドラマシリーズを作るべくスタートしたものでした。Amazonスタジオ ローカルオリジナル バイスプレジデントのジェームズ・ファレルは「『沈黙の艦隊』という素晴らしい漫画原作を実写化するに際し、当初は自社の配信サービス向けに立ち上げたプロジェクトでしたが、Amazonの理念に則り、お客様にコンテンツの魅力を最大限に楽しんでいただく方法を模索する中で、劇場で鑑賞するに遜色ないクオリティで製作することで大きなスクリーンでの映像体験も叶えられないかと思い至りました。ご賛同くださった東宝さんには深く感謝するとともに、配信や劇場公開というエンタメ枠の垣根を越えた革新的な本プロジェクトの始動が、日本エンターテインメント界により一層の活気をもたらすことを願っています」と、この取り組みの経緯と狙いを語りました。

劇場版映画『沈黙の艦隊』は東宝配給の下、今年9月29日公開以来、興行収入13.4億円を記録(2023年12月10日時点)。壮大なスケール感ゆえ「実写化不可能」とされていた原作コミックを大迫力の映像と豪華キャスト陣で描いた本作は、物語の続きを感じさせるエンディングを迎えたことから公開直後より続編を待ち望む声が多く聞かれました。それに応えるように、続く展開まで描かれたのが全8話の完全版ドラマ。Prime Videoが日本の劇場版映画を製作し、その後ドラマシリーズとして全世界に配信をするのは初の試みとなります。全8話で構成される本シリーズの前半は劇場版のストーリーを、より多くの登場人物にフォーカスをすることで、人間ドラマに更に厚みを持たせて描いています。後半は劇場版の続きとなる沖縄沖海戦、東京湾海戦が舞台となる壮大なバトルシーンが見どころです。

主演の大沢たかお氏はプロデューサーとしても参画し、防衛省・海上自衛隊との協力体制の構築や、原作者への企画プレゼンを行うなど意欲的に取り組んでいます。大沢たかお氏は、ドラマシリーズについて「日本を代表する制作スタッフたちが、徹底的にこだわり妥協なく創り上げた本作」と自信を見せ、「世界中がさらなる混迷と変化の時を迎えた今、この時代を生きる全ての人にお送りいたします」と世界中のお客様へ熱い想いを語りました。さらに原作者のかわぐちかいじ氏は「そして、いよいよ「やまと」は東京湾へ浮上し、日本、アメリカとの交渉が始まる!戦場となる東京湾、その激戦の中で、日本が発信する最高の決断をこの眼で観たい!!」と、完全版ドラマとしてさらに物語が紡がれていくことへの喜びを明かしました。

制作は、映画『キングダム』シリーズなどのヒット大作を手がけるクレデウス。日本のエンターテインメント作品で初めて海上自衛隊・潜水艦部隊の協力を得て撮影した実物の潜水艦と日本屈指のVFX技術を融合し臨場感たっぷりに描かれる壮大な海中戦闘アクションと手に汗握る政治サスペンス、そしてそれぞれの正義がぶつかり合う重厚なヒューマンドラマが予測不可能な展開を見せる完全版ドラマシリーズにぜひご期待ください。Amazon Originalドラマ『沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~』は、2024年2月9日(金)より二週に渡って世界独占配信をスタートします。

コメント全文

ジェームズ・ファレル(Amazonスタジオ ローカルオリジナル バイスプレジデント)
「今から6年前、Prime Videoが本国・アメリカに次いで、海外で初めてAmazonオリジナル製作を手掛けたのがこの日本でした。日本のお客様のニーズに応えるべく、優れた日本原作の実写化というのは常に優先課題でした。実写化には高い技術と大きな予算が必要であり、際立って面白いストーリーが重要です。そんな中、ようやく出会えた『沈黙の艦隊』を、かわぐち先生はじめ関係者の皆様にご理解とご協力を頂き、大沢さんと松橋さんという情熱を持ったパートナーに恵まれ、防衛省・海上自衛隊の協力まで得ることが出来ました。自社の配信サービス向けに立ち上げたプロジェクトでしたが、Amazonの理念に則り、お客様にコンテンツの魅力を最大限に楽しんでいただく方法を模索する中で、劇場で鑑賞するに遜色ないクオリティで製作することで大きなスクリーンでの映像体験も叶えられないかと思い至りました。ご賛同くださった東宝さんには深く感謝するとともに、配信や劇場公開というエンタメ枠の垣根を越えた革新的な本プロジェクトの始動が、日本エンターテインメント界により一層の活気をもたらすことを願っています。そして本作がこの度、ドラマシリーズとして更に物語を深化させて、世界へ誇る日本のローカルオリジナル作品として日本はもちろん世界のお客様へお送りすることを喜ばしく思います。」

かわぐちかいじ氏(原作)
「この秋、原子力潜水艦「やまと」、海江田艦長、そしてドラマを創るキャラクター達が劇場の中で現実となった。
そして、いよいよ「やまと」は東京湾へ浮上し、日本、アメリカとの交渉が始まる!戦場となる東京湾、その激戦の中で、日本が発信する最高の決断をこの眼で観たい!!」


大沢たかお氏(主演/プロデューサー)
「今秋公開された映画『沈黙の艦隊』の続編がAmazon Original連続ドラマとして、世界240以上の国や地域に向けて新たな航海へと旅立つことになりました。
タイトルは『沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~』
日本を代表する制作スタッフたちが、徹底的にこだわり妥協なく創り上げた本作。
世界中がさらなる混迷と変化の時を迎えた今、この時代を生きる全ての人にお送りいたします。
ドラマの枠を遥かに超えた壮大なストーリー、迫力ある映像とサウンドを是非ご体感ください。」

松橋真三氏(プロデューサー)
「Amazonの多大なる協力で、日本ではいまだかつてない規模の企画に取り組むことが出来ました。まずは、深く感謝いたします。
このような機会を得て、我々は、日本を代表する大ヒットコミック、かわぐちかいじ先生の『沈黙の艦隊』を制作し、世界に提案することができます。
その壮大さ、クオリティ、そして物語と世界中の皆様に楽しんでいただける内容になっています。
映画版で大興奮した皆様へもその先まで含めた壮大な物語をご覧いただけることを楽しみにしています。
また、日本でもこんなすごい作品が作れるんだという証明を、世界に、この作品でしたいと思いました。
お楽しみに!」

ストーリー
日本の近海で、海上自衛隊の潜水艦が米原潜に衝突し沈没した。艦長の海江田四郎を含む全76名が死亡との報道に衝撃が走る。だが実は、乗員は無事生存していた。事故は、日米政府が極秘に建造した高性能原潜「シーバット」に彼らを乗務させるための偽装工作だったのだ。米艦隊所属となったシーバット、その艦長に任命されたのが海自一の操艦を誇る海江田であった。
ところが、海江田はシーバットに核ミサイルを積載し、突如反乱逃亡。海江田を国家元首とする独立戦闘国家「やまと」を全世界へ宣言した――
やまとを核テロリストと認定し、太平洋艦隊を集結させて撃沈を図るアメリカ。アメリカより先にやまとを捕獲すべく追いかける、海自ディーゼル艦「たつなみ」。その艦長である深町は、過去の海難事故により海江田に並々ならぬ想いを抱いていた……
大義か、反逆か。日米政府、海上自衛隊、米海軍までをも運命の荒波に呑みこむ、海江田四郎の目的とは?

Amazon Originalドラマ『沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~』作品概要
タイトル:Amazon Originalドラマ『沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~』
配信日:2024年2月9日(金)よりPrime Videoにて世界独占配信
配信スケジュール:2月9日(金)1~6話、16日(金) 7~8話
話数:全8話
キャスト:大沢たかお
玉木宏 上戸彩
ユースケ・サンタマリア 中村倫也 中村蒼
松岡広大 前原滉
水川あさみ
田中要次 田口浩正
アレクス・ポーノヴィッチ リック・アムスバリー
橋爪功
岡本多緒 手塚とおる 酒向芳
笹野高史 夏川結衣
江口洋介
原作:かわぐちかいじ「沈黙の艦隊」(講談社「モーニング」)
監督:吉野耕平(1話、2話、7話、8話) 中村哲平(3話、4話) 蔵方政俊(5話) 岸塚祐季(6話) 脚本:髙井光 鎌田哲生 音楽:池頼広
主題歌:Ado「DIGNITY」(ユニバーサル ミュージック) /楽曲提供:B’z
クレジット:©2024 Amazon Content Services LLC OR ITS AFFILIATES.原作/かわぐちかいじ『沈黙の艦隊』(講談社「モーニング」所載)

※作品の視聴には会員登録が必要です。無料体験期間終了後、有料期間に自動移行(Amazon プライムについて詳しくは amazon.co.jp/prime へ)

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Retail/Amazon_Arcs/20231207_Arcs_Launch/20231207_Arcs_Launch/ Amazonとアークス、北海道の一部エリアで生鮮食品のオンライン販売を本日から開始 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Retail/Amazon_Arcs/20231207_Arcs_Launch/20231207_Arcs_Launch/ 最低注文金額なしで気軽にご利用が可能。アークス実店舗で取り扱う商品を、ご注文から最短2時間でAmazonがお届け。対象商品が最大50%OFFとなるオープン記念セールのほか、季節のセールを12月8日から多数開催 Amazonは、北海道、東北地方を中心に地域に密着した食品スーパーを運営する株式会社アークス(以下、アークス)との協業により、Amazonプライム会員向けサービスとして、Amazon.co.jp上にアークスネットスーパー(http://www.amazon.co.jp/arcs)を本日12月7日(木)にオープンし、北海道札幌市・北広島市(※一部エリアを除く)においてサービスの提供を開始します。

対象エリアのプライム会員のお客様は、Amazon.co.jpのWebサイトおよびAmazonショッピングアプリ上のアークスネットスーパーにおいて、さかなやの寿司・小樽なると屋のザンギ・串鳥など人気の惣菜や、新鮮な野菜や果物、精肉、鮮魚などの生鮮食品、価格と品質のバランスに定評のあるCGC商品や日用品など、アークスの実店舗において普段からお買い求めいただいている約9,000点の商品を、最低注文金額なしで気軽にお買い求めいただけます。
※取扱商品数は順次拡大予定で、季節や時期に応じて変動します。

お客様からご注文いただいた後、アークス店内の専任スタッフがお客様に代わって商品を選び、Amazonの配送ネットワークにてご注文から最短2時間でお届けします。お届け時間は12:00~20:00の間の3つの時間帯から選択でき、当日または翌日の2時間単位でご指定いただけます。さらに、400円の追加料金でお届けを1時間単位でも指定でき、ご都合に合わせて便利にご利用いただけます。

Amazon.co.jp上のアークスネットスーパーの配送エリアは、今後もより多くのお客様にご利用いただけるよう、順次拡大していく予定です。

■人気商品50点以上を最大50%OFFとお得にお買い求めいただける「オープン記念セール」を開催
そのほかにもクリスマスやお正月に向けた季節のセールやご当地グルメセールも開催

Amazon上のアークスネットスーパーをより多くのお客様にお試しいただけるよう、12月8日(金)8時~12月22日(金)16時59分まで、お寿司やザンギ、焼き鳥などアークスで人気のお惣菜や、ブルーシールやハーゲンダッツのアイス、フランス産のワインなどアークス実店舗で人気の50種類以上の商品を、最大50%OFFとお得な価格でお買い求めいただける「オープン記念セール」を開催します。

<「オープン記念セール」に登場する注目商品(一部)>
【冷蔵】さかなやの寿司 生寿司(親潮) 1パック
<30%OFF>
厳選されたマルタ産本鮪(とろ)をはじめ、人気の生アトランティックサーモンなど、
全8種類のネタを使用した人気のお寿司です。

小樽なると屋ザンギ 5個・1パック
<20%OFF>
人気の「小樽なると屋のザンギ」をスーパーで買えるのはアークスだけ。
生姜の味付けが効いた大ぶりなザンギ。外はカリッと中はジューシーです。

カルベ レゼルブ デ バロン ボルドー [ 赤ワイン ミディアムボディ フランス 750ml ]
<50%OFF>
ボルドーを代表するカルベ社がお届けする本格派ボルドーワイン。
色濃い果実の風味と、しっかりしたタンニンが特長のコクのあるワインです。

 

さらに、クリスマスやお正月などこれからの季節のイベントに合わせたお得なセールのほか、アークスの拠点である北海道のご当地グルメをお得にお買い求めいただけるセールも開催します。

◆クリスマス準備セール <期間:12月8日(金)10時~12月25日(月)16時59分>
チョコレートやケーキの材料、ワインやチーズ、ピザなどクリスマスの準備に欠かせない対象商品を10%OFFとお得にお買い求めいただけます。
◆正月準備セール <期間:12月8日(金)10時~12月30日(土)16時59分>
お正月の食卓を彩る数の子、かに、栗きんとん、黒豆などの食品から日本酒まで、対象商品を最大20%OFFとお得にお買い求めいただけます。
◆ご当地グルメセール <期間:12月8日(金)9時~2024年3月29日(金)16時59分>
味噌ラーメンやジンギスカンをはじめとした北海道を代表するご当地グルメ商品などを、最大30%OFFとお得にお買い求めいただけます。

※記載の割引率が注文確定時に表示価格に対して適用されます。表示価格はAmazon上のアークスネットスーパーが独自に設定した販売価格です。

■Amazon.co.jp上のアークスネットスーパーのサービス概要
・URL:https://www.amazon.co.jp/arcs(PC、モバイル共通) ※Amazonショッピングアプリからも利用可能
・取扱商品: 生鮮食品、惣菜、CGC商品、日用品など
・対象エリア: 北海道 北広島市、札幌市9区(厚別区、北区、清田区、白石区、中央区、豊平区、西区、東区、南区)
<※それぞれ一部エリアを除きます。上記は12月7日(木)時点の対象エリアとなり、今後順次拡大予定です。>
・お届け時間: 12:00~14:00、16:00~18:00、18:00~20:00の3つの時間帯
<当日または翌日の2時間単位で指定可能。また、追加料金400円※1で、1時間単位で指定可能。>
・最低注文金額: なし
・配送料: 10,000円以上のご注文で配送料無料。6,000円以上10,000円未満のご注文は220円、3,000円以上6,000円未満のご注文は440円、3,000円未満のご注文は660円※1
・利用条件: Amazonプライム会員としてのご登録<年会費5,900円または月会費600円※1>が必要です。

※1:上記の料金/価格は全て税込表記です。
※2:上記は全て2023年12月7日(木)時点の情報で、今後予告なく変更となる場合があります。

■Amazonブログのご案内
Amazon ネットスーパーの使い方に関する詳細をAbout Amazon(https://www.aboutamazon.jp/news/guide/how-to-use-amazon-online-grocery)でご紹介しています。ほかにもAmazonに関するさまざまな情報を随時発信していますので、ぜひご覧ください。

■食料品のお買い物における利便性向上のため拡充を続けAmazonネットスーパー
Amazonは、プライム会員向けサービスとして、Amazon上のアークスネットスーパーに加えて、東京・神奈川・千葉の一部エリアにおいて「Amazonフレッシュ」(www.amazon.co.jp/fresh)を、食品スーパーライフとの協業により、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・兵庫の一部エリアにおいてライフネットスーパー(www.amazon.co.jp/life)を、スーパーマーケットバローとの協業により、愛知の一部エリアにおいてバローネットスーパー(www.amazon.co.jp/valor)を、スーパーマーケット成城石井との協業により、東京・神奈川・愛知の一部エリアにおいて成城石井ネットスーパー(www.amazon.co.jp/seijoishii)をAmazon上でそれぞれ展開しています。対象エリアのプライム会員のお客様は、追加の登録手続きや会費無しでAmazon.co.jp(Webサイト、Amazonショッピングアプリ)上で各ネットスーパーをご利用いただけます。今後も日々の生活に欠かせない食料品や日用品をお得な価格でご提供するとともに、配送エリアの順次拡大を続けてまいります。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/DS13-2/ フットボールアワー、ランジャタイ、ウエストランド、ニューヨーク、EXIT シリーズ初の“コンビ対抗戦”に5組の実力派芸人コンビが参戦!『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/DS13-2/ 見届け人となる“オブザーバー芸人”3 名には 藤本 敏史 (FUJIWARA)、ハリウッドザコシショウ、くっきー!(野性爆弾)ら参加決定!予告編&キービジュアル&場面写真を一挙解禁  

Prime Videoは、松本人志氏企画・プロデュースのAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINEDを、2023年12月22日(金)より独占配信いたします(本編4話/一挙配信)。HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINEDはプライム特典対象作品の最新作です。プライム会員の皆様は、お急ぎ便やお届け日時指定便などの迅速で便利な配送特典を追加料金なしで無制限に利用できる他、その他さまざまなショッピング特典やエンターテインメントをお楽しみいただけます。

『ドキュメンタル』シリーズといえば、松本人志氏によって選ばれたお笑い芸人たちによる、妥協なしの、究極に自由な“笑わせ合いサバイバル”番組。「最後まで笑わなかった者、他者を笑わせてポイントを多く獲得したものが優勝」というルールのもと、2016年に配信開始以降、Prime Videoで不動の人気を誇るバラエティ番組です。本シリーズは、日本発のお笑い番組フォーマット、海外版『LOL: Last One Laughing』として輸出され、国と言語、文化の壁を乗り越え、世界中に笑いを巻き起こしています。現在では、メキシコ・オーストラリア・ドイツ・イタリア・インド・スペイン・フランス・ブラジル・カナダ・スウェーデン・オランダ・アルゼンチン・ポーランド・ナイジェリア・コロンビアなど、15以上の国と地域※で配信。 ドイツ版は、動画配信サービスにおいて3度にわたる高視聴率を記録し、国際エミー賞にノミネート。『LOL: Last One Laughing』がドイツのPrime Videoにおいて最も人気・視聴率が高い作品としてヒットしております。また、フランス・イタリアにおいては、シーズン3が各国のPrime Video史上最高のヒット作となりました。※2023年11月末時点

最新シーズンとなる『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINEDでは、 “芸人オンリー”の原点回帰にして前代未聞となる初のコンビ対抗戦が開幕。

この度、ベールに包まれていた出場者がついに発表され、フットボールアワー、ランジャタイ、ウエストランド、ニューヨーク、EXIT5組の実力派芸人コンビの参戦が明らかとなりました。シリーズ4度目の出場となる後藤輝基氏(フットボールアワー/Season 3、Season 7、Season 9に出場)を除き、全員が初参戦。個性豊かな“笑いのスペシャリスト”たちが勢ぞろいし、芸人魂をかけた本気の“笑わせ合い”対決が繰り広げられます。

そんな豪華な出場者たちが熱き火花を散らす予告編、キービジュアル、場面写真を一挙解禁いたします。

公開された予告編には、熱い闘志を胸にさまざまなコンビ芸を繰り出す出場者たちの姿とともに、プロデューサー・松本人志氏がそれぞれのコンビの特性や注目ポイントを解説。

「これを見た芸人さんたちが、コンビで出たいと思うか、出たくないと思うか。どうなんでしょうね(笑)」と松本氏も語るように、コンビならではのチームプレイ、脱落する時はどちらが笑おうとも二人同時、そしてコンビ戦にふさわしく、用意されたシリーズ史上最高金額の賞金2,000万円。※シーズン9のキャリーオーバー回あり

これまでにない予測不可能な展開に期待が高まります。

また、彼らの激闘を松本氏とともに見届ける「オブザーバー芸人」として、藤本 敏史 (FUJIWARA)、ハリウッドザコシショウ、くっきー!(野性爆弾)も参加決定。「ドキュメンタル」シリーズの常連である彼らならではの鋭いツッコミにも注目です。

同時解禁となったキービジュアルには、出場者たちがまるでリングイン目前のプロレスラーの如く、気迫に満ちた姿で一堂に集結。真剣なまなざしと鋼の肉体が融合し、彼らの鍛え上げられた“お笑い筋肉”がぶつかり合う大波乱の展開を予感させます。

さらに、あわせて公開となった場面写真では、オール阪神・巨人の仮面をかぶるランジャタイ、たむらけんじ氏をほうふつとさせる腹文字を披露する岩尾望氏(フットボールアワー)をはじめ、笑いに耐える河本太氏(ウエストランド)や兼近大樹氏(EXIT)の姿も。コンビ芸から個人技まで、さまざまな攻防戦が入り乱れる様子が垣間見え、一触即発の緊張感が漂っています。

Prime Videoでしか見ることのできない、年末のお笑いシーズンを飾るにふさわしい、最新の『ドキュメンタル』をお届けいたします。シリーズ史上最高金額の2,000万円の優勝賞金をかけた死闘の行方にご期待ください。

出場芸人5組のコメントは以下の通りです。

後藤輝基(フットボールアワー)
「岩尾はね、第一回『ドキュメンタル』断ってるんですよ。『参加費の100万払うの嫌や』言うて。こんな奴ね、性根叩き直さなあかんっていうことで今回は来ましたよ!」

岩尾望(フットボールアワー)
「賞金の使い方は考えてないですね、本当に。なんやったら賞金の範囲内で買える車は考えてます。」

伊藤 幸司(ランジャタイ)
「下手したら全くボケないというボケもあるかもしれないです。どう出るかご期待ください。」

国崎 和也(ランジャタイ)
「先日、ダイアンの津田さんと2時間位収録でお会いする機会があって、(『ドキュメンタル』の)予行練習で津田さんの言うことに耐えるみたいなことをしたんですけど、一笑いもしなかったんでイケると思います。」

井口浩之(ウエストランド)
「M-1とは全く違った種類の戦いになると思いますけど、こっちはこんな奴(河本)引き連れてM-1取ってるんで、絶対やれると思いますよ。M-1史上初めて1人の力で優勝したので、『ドキュメンタル』もいくらコンビの戦いとはいえ1人の力で優勝してやりますよ!」

河本太(ウエストランド)
「足を引っ張らないように頑張ります。」

屋敷裕政(ニューヨーク)
「個人戦ならほぼほぼ優勝は0%やと思ってます。コンビやったら5%くらいにはなるんじゃないかなって。僕は松本さんにM-1グランプリ2019で『笑いながらツッコんどるのが好きじゃない』って言われて4年たったんで、僕の成長具合を松本さんに見せます!」

嶋佐和也(ニューヨーク)
「ついに出場する側になったなという感じですね。まあ、たぎってますよ相当。要はタッグマッチなので今までにない攻防が見られんじゃないかと。それが何なのかっていうのは自分たち自身、何もわかってないんですけど(笑)。賞金は300万豪遊 200万親 500万は...投資!」

兼近大樹(EXIT
「ポンポンしか言ってないんで、なぜ選ばれたのかという気持ちはありますけど、なぜ俺らが選ばれたのかっていうのは、見てもらったら分かると思います!」

りんたろー。(EXIT
「緊張はしてません。やってきたことをそのまま出すだけなんで。ライバルはウエストランドですね。キャラ完全にかぶってる。この辺でつぶしておきたいよね。」

予告編URL: https://youtu.be/xS-Hsy6yFZs


HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED概要

タイトル:『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED
配信開始日:2023年12月22日(金)
※配信内容・スケジュールは予告なく変更になる場合がございます。
※この番組は2023年9月に収録されたものです。

話数: 本編4話一挙配信
出演: 松本人志(ダウンタウン) 
後藤輝基(フットボールアワー)、岩尾望(フットボールアワー)、伊藤 幸司(ランジャタイ)、国崎 和也(ランジャタイ)、井口浩之(ウエストランド)、河本太(ウエストランド)、屋敷裕政(ニューヨーク)、嶋佐和也(ニューヨーク)、りんたろー。(EXIT)、兼近大樹(EXIT)
特別出演: 藤本 敏史 (FUJIWARA)、ハリウッドザコシショウ、くっきー!(野性爆弾)

コピーライト:©2023 FANY Studio

『ドキュメンタル』シリーズ作品ページ: https://www.amazon.co.jp/dp/B0B5M59RH2
公式Twitter: @DocumentalJP(http://twitter.com/documentaljp
公式Facebook: @DocumentalJP(http://www.facebook.com/DocumentalJP/
公式Instagram: primevideojp
公式TikTok: primevideojapan
※作品の視聴には会員登録が必要です。無料体験期間終了後、有料期間に自動移行(Amazonプライムについて詳しくはamazon.co.jp/primeへ)。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2023/Alexa-Smart-Properties/ Amazon、Alexaのビジネス・地方自治体向けサービス 「Alexa Smart Properties」を日本で提供開始 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2023/Alexa-Smart-Properties/ ~「高齢者施設」、「ホテル」、「マンション」、「地方自治体」などでAlexaの利用が可能に~ ~ニチイケアパレス、東急ホテルズ&リゾーツ、インヴァランス、大阪ガスの施設や熊本市で導入~ ~NTTデータ、TradFit、アクセルラボ、mui Lab、NTTビジネスソリューションズが導入支援~ Amazonは本日12月4日(月)、「Alexa Smart Properties(アレクサ・スマート・プロパティ)」を日本で提供開始したことをお知らせします。Alexa Smart Properties は、パーソナルAIアシスタントのAlexaを日本で初めてビジネス向けに提供するサービスであり、Alexaを「高齢者施設」や「ホテル」、「マンション」などのビジネスや、「地方自治体」などの公的サービスで利用することができます。

Alexa Smart Propertiesは、企業や地方自治体が、Amazonと契約するソリューションプロバイダを通じてAlexaのテクノロジーをその施設に大規模に一括して導入、管理、カスタマイズすることができるようになる、費用対効果の高いサービスです。企業や地方自治体は、Amazonが提供するAlexa Smart Properties専用のAPIや予め設定されたEchoデバイスを活用し、個々のビジネスのニーズに即して、Alexaを活用したソリューションやサービスを実装することができます。Alexa Smart Propertiesは、利用者のプライバシーに配慮して設計されており、利用者は個人向けのAlexa音声サービスで利用されるEchoデバイスと同様に、デバイス上部にあるマイクオフボタンを押すことで、音声の聞き取り用のマイクをいつでもオフにすることができます。また、利用者はAlexa Smart Properties用に設定されたEchoデバイスを使用するため、自らまたは企業や地方自治体を通じてAmazonに個人情報を提供することなく、特定のAlexa音声サービスを利用することができます。

Alexa Smart Propertiesの提供開始にあたり、Amazon.com のAlexa Smart Properties担当ディレクター、ブラム・ドゥカブナイ(Bram Duchovnay)は次のように述べています。

「Amazonは、世界各地の様々な企業がAlexa Smart Propertiesを通じてお客様や従業員の方々により良いサービスが提供できるように支援してきました。日本においても、Alexa Smart Propertiesを通じて、高齢者の方々の暮らしがより快適になり地域社会とつながることができるようサポートしたり、ホテルのゲストがシームレスにサービスや情報によりアクセスするためのお手伝いをしたりすることが可能になります。Alexa Smart Propertiesを日本のビジネスや地方自治体に提供できることを嬉しく思います。」

Amazonは、お客様の毎日の生活をより便利で快適なものにできるよう、日々イノベーションに取り組んでおり、Alexa Smart Properties導入によるビジネスや地方自治体のデジタル化が、日本が抱える高齢化や労働人口の減少、省エネルギー、地域再生などの社会課題を解決する一助となるよう取り組んでいきます。

Alexa Smart Propertiesは、以下の施設において提供が開始されます。

高齢者施設:ニチイケアパレス 「ニチイホーム南大井」

ニチイホーム南大井は、株式会社ニチイケアパレスが運営する介護付有料老人ホームです。同施設は、株式会社NTTデータをソリューションプロバイダに迎え、Alexa Smart Propertiesを導入しました。ニチイホーム南大井の居住者は、Alexa Smart Propertiesの導入により、Alexa搭載デバイスのEcho Show 8を通じて、遠く離れた家族とのビデオ通話や、体操動画などのコンテンツを通じた趣味や娯楽を楽しむことができます。また、Alexaに話しかけて音声でスマートホーム家電を操作することができ、より快適な暮らしを送ることが可能になります。施設スタッフは、居住者に1日のスケジュールやレクリエーションのお知らせをしたり、居住者の生活状況を記録してLINEで家族にお知らせをしたりすることができ、業務を軽減し効率化を促進することができます。

動画を( https://www.youtube.com/watch?v=6KjHvFPF4ms )よりご覧いただけます。

ホテル・リゾート:東急ホテルズ&リゾーツ SAPPORO STREAM HOTEL

SAPPORO STREAM HOTELは、東急ホテルズ&リゾーツ株式会社が手掛ける新たなホテルです。同社は、TradFit株式会社をソリューションプロバイダに迎え、SAPPORO STREAM HOTELのプレミアムカテゴリの客室にAlexa Smart Propertiesを採用します。2024年1月16日にグランドオープンする同ホテルでは、客室のEcho Show 8をマルチリンガルモードで使用でき、外国から来たゲストの方は英語でAlexaに話しかけて必要な情報を得ることができます。またゲストは、画面上で館内情報等を簡単に確認することができ、スタッフやコンシェルジュによる地域のお薦め情報なども、Alexaに話しかけるだけで楽しむことができます。ホテルの管理者やスタッフは、Alexa Smart Propertiesの導入を通じて、Alexaが宿泊客の一般的な質問に回答したり、外国語で情報を提供したりすることで、人手不足により限られた時間や人材を、より質の高いサービスの提供へ集約することができます。またEcho Show 8のディスプレイにレストランやスパなど施設のおすすめ情報を表示することで、お客様の施設利用率を向上させ、顧客エンゲージメントの向上を図ることが可能になります。

動画を( https://www.youtube.com/watch?v=90SqEW5lnzs )よりご覧いただけます。

マンション:インヴァランス CREVISTA 品川西大井

大東建託グループにて投資用マンション事業を手掛ける株式会社インヴァランスは、同社の管理賃貸マンションである「CREVISTA 品川西大井Ⅲ(クレヴィスタ シナガワニシオオイⅢ)」に、Alexa Smart Propertiesを採用しました。同マンションにはEcho Show 15が各部屋に設置されており、居住者は入居と同時に、スマートホームを始めとするAlexaの様々な機能を利用し、また、賃貸管理会社と手軽にコミュニケーションをとることができます。また賃貸管理会社は、Alexa Smart Propertiesを導入することで、契約や施設などに関する情報を各居住者に随時お知らせすることができ、マンションに暮らす居住者とのエンゲージメントを向上させることができます。将来は、内見などの際もAlexaを通して施設やスマートホームなどの紹介ができるようになり、賃貸管理スタッフの業務を軽減し効率化を促進できるようになる予定です。 CREVISTA 品川西大井ⅢへのAlexa Smart Propertiesの導入は、株式会社アクセルラボが実装しました。

動画を( https://www.youtube.com/watch?v=oId7YfykzSA )よりご覧いただけます。

マンション(実験集合住宅):大阪ガス NEXT21

大阪ガス株式会社は、同社が管理し、主にその社員と家族が居住する実験集合住宅「NEXT21」の一部住戸において、Alexa Smart Propertiesを採用しました。居住者は各居室に設置されたEcho Show 8を通じてAlexaの様々な機能を利用できるだけでなく、Echo Show 8に実装されたAlexaスキルの「エネルギーダッシュボード」を利用して、電力の使用状況等の情報を得ることができます。また、真夏や真冬などに電力需給がひっ迫した際には、エネルギーダッシュボードを通じて同社から居住者に通知を送り、節電を促すこともできます。エネルギーダッシュボードは、ソリューションプロバイダとして本施設にAlexa Smart Propertiesを導入したmui Lab株式会社が、同社が管理するmuiプラットフォームで得られた知見を活用して本施設向けに提供します。

地方自治体:熊本市

熊本市は、より便利で暮らしやすい街づくりを目的とし、企業と地域の共創によるAlexa Smart Propertiesの高齢者世帯宅や地域包括支援センターへの導入及びその有効性の検証に協力します。同市の協力を通じて、高齢者宅や地域包括支援センター「ささえりあ」、民生委員の自宅にEcho Show 8を設置し、Alexaによる対面でのビデオ通話や地域路線バスの運行情報の提供、イベントやレクリエーションなどのお知らせ配信などの各種機能が、高齢者のQOL向上に有効であるかを検証します。この取り組みにより、地域包括支援センターや民生委員は、悪天候時や人手不足などにより困難であった高齢者宅への訪問をAlexaを通してビデオ通話で行うことができるようになり、業務の負担を軽減することが可能になります。熊本市は本検証結果に基づき、将来的には子育て世帯など、多くの住民の皆様の暮らしを支える技術の可能性を検討していく予定です。

Alexa Smart Propertiesの詳細については、開発者向けホームページ( https://developer.amazon.com/ja-JP/alexa/alexa-smart-properties )でご確認いただけます。また本取り組みについては、About Amazon( https://www.aboutamazon.jp/news/devices/alexa-smart-properties-launched-in-japan )でもご紹介しています。

Amazonについて

Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。Amazonは、地球上で最もお客様を大切にする企業、そして地球上で最高の雇用主となり、地球上で最も安全な職場を提供することを目指しています。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Career Choice、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa、Just Walk Out technology、Amazon Studios、気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)などは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービス、取り組みです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom ( http://amazon-press.jp )およびAbout Amazon ( http://www.aboutamazon.jp )をご確認ください。

Alexa Smart Properties サービス導入施設・自治体一覧

高齢者施設:ニチイケアパレス 「ニチイホーム南大井」

URL: https://www.nichii-home.jp/shisetsu/area/tokyo/minamioi_outline.html 

所在地:東京都品川区南大井4-14-6

主要用途:介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

事業主体:株式会社ニチイケアパレス

総居室数:77室

ASP導入支援:株式会社NTTデータ(別記参照)

導入デバイス:Echo Show 8

ホテル・リゾート:東急ホテルズ&リゾーツ SAPPORO STREAM HOTEL

URL: https://www.streamhotel.co.jp/sapporo/

所在地:北海道札幌市中央区南4条西5-1

主要用途:ホテル

事業主体:東急ホテルズ&リゾーツ株式会社

総客室数:436 室

導入デバイス:Echo Show 8

ASP導入支援:TradFit株式会社(別記参照)

マンション:インヴァランス「CREVISTA 品川西大井

所在地:東京都品川区二葉3丁目25番1号

構造・規模:鉄筋コンクリート造地上9階建て

総戸数:39戸

ASP導入支援:株式会社アクセルラボ(別記参照)

導入デバイス:Echo Show 15

マンション:大阪ガス 「NEXT21

URL:https://www.osakagas.co.jp/company/efforts/next21/

所在地:大阪府大阪市天王寺区清水谷町6−16

総戸数:18戸

ASP導入支援:mui Lab株式会社(別記参照)

導入デバイス:Echo Show 8

地方自治体:熊本市

URL: https://www.city.kumamoto.jp/ 

所在地:熊本県熊本市

導入総世帯数:50世帯

導入デバイス:Echo Show 8

ASP導入支援:NTTビジネスソリューションズ株式会社

 

Alexa Smart Properties ソリューションプロバイダ一覧

株式会社NTTデータ

所在地:東京都江東区豊洲3-3-3 豊洲センタービル

URL:https://www.nttdata.com/jp/ja/

代表者:代表取締役社長 佐々木 裕

事業: 電気通信事業、情報処理、情報通信に関する機器及びソフトウェアの開発、販売、構築、賃貸、保守 等

TradFit株式会社

所在地:東京都千代田区丸の内一丁目6番5号 丸の内北口ビルティング9階

代表者:代表取締役 戸田 良樹

URL:https://tradfit.com 

事業:クラウドAIを活用した音声データプラットフォームの構築及び運営

株式会社アクセルラボ

本社:東京都新宿区新宿4-1-6 新宿ミライナタワー18階

代表者:代表取締役 小暮 学

URL:https://accel-lab.com

事業:IoTエンジン「alie+」の企画・開発・運営・提供、スマートホームサービス「SpaceCore」の開発・販売、IoTデバイスの導入支援、設置工事及びテクニカルサポート請負、WEBメディア「iedge」運営

mui Lab株式会社

本社:京都府京都市中京区夷川通柳馬場東入俵屋町295番地1

代表者:代表取締役 大木 和典

URL: https://muilab.com/ja/

事業:スマートホーム市場におけるスマートリビング事業展開、muiプラットフォームを中心としたDXソリューションの開発、提供。天然木のスマートホームデバイス「muiボード」の開発販売

NTTビジネスソリューションズ株式会社

所在地:大阪府大阪市北区大深町3番1号

URL:https://www.nttbizsol.jp/

代表者:代表取締役社長 北山 泰三

事業:ビジネスユーザーに対する情報通信システムの提案、構築、サポート等業務

 

 

 

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/DS13/ 『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』 シーズン13 COMBINED 2023年12月22日(金)よりPrime Videoにて一挙独占配信 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Digital/Prime-Video/DS13/ 芸人戦復活 シリーズ初の“コンビ対抗戦”が開幕!優勝賞金はシリーズ史上最高額の2,000万円 Prime Videoは、松本人志氏企画・プロデュースのAmazon Original番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINEDを、2023年12月22日(金)より独占配信いたします(本編4話/一挙配信)。『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINEDはプライム特典対象作品の最新作です。プライム会員の皆様は、お急ぎ便やお届け日時指定便などの迅速で便利な配送特典を追加料金なしで無制限に利用できる他、その他さまざまなショッピング特典やエンターテインメントをお楽しみいただけます。

『ドキュメンタル』シリーズといえば、松本人志氏によって選ばれたお笑い芸人たちによる、妥協なしの、究極に自由な“笑わせ合いサバイバル”番組。「最後まで笑わなかった者、他者を笑わせてポイントを多く獲得したものが優勝」というルールのもと、2016年に配信開始以降、Prime Videoで不動の人気を誇るバラエティ番組です。本シリーズは、日本発のお笑い番組フォーマット、海外版『LOL: Last One Laughing』として輸出され、国と言語、文化の壁を乗り越え、世界中に笑いを巻き起こしています。現在では、メキシコ・オーストラリア・ドイツ・イタリア・インド・スペイン・フランス・ブラジル・カナダ・スウェーデン・オランダ・アルゼンチン・ポーランド・ナイジェリア・コロンビアなど、15以上の国と地域※で配信。ドイツ版は、動画配信サービスにおいて3度にわたる高視聴率を記録し、国際エミー賞にノミネート。『LOL: Last One Laughing』がドイツのPrime Videoにおいて最も人気・視聴率が高い作品としてヒットしております。また、フランス・イタリアにおいては、シーズン3が各国のPrime Video史上最高のヒット作となりました。
※2023年11月末時点

『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン11、シーズン12では、UNLIMITEDというサブタイトルが冠され、その名の通り、これまでのお笑い芸人の参加制限が外され、『ドキュメンタル』シリーズの新境地を切り開きました。香取慎吾氏、貴乃花光司氏、ISSA氏(DA PUMP)、近藤真彦氏、長州力氏など予測不能・豪華絢爛なタレント陣が出演し、笑いの死闘を繰り広げ、話題となりました。今後、『ドキュメンタル』シリーズはどう進化していくのか?その疑問に答えるかのように、コンビ対抗となる最新シーズンでは、新たにCOMBINEDというサブタイトルが冠され芸人オンリーの原点回帰にして前代未聞となる初のコンビ対抗戦が開幕決定。さらに、優勝賞金はコンビ戦に相応しく、シリーズ史上最高金額の2,000万円となることが発表されました。
※シーズン9のキャリーオーバー回あり

この度解禁となったティザービジュアルには、松本人志氏によって選ばれた色とりどりの覆面を被った5組のコンビ芸人が一挙集結。ビジュアル内には、お好み焼きのベルトや釘の突き刺さった大根が登場、それぞれのマスクにマークがプリントされ、謎が謎を呼ぶビジュアルとなっています。

Amazon スタジオ ローカルオリジナル バイスプレジデント ジェームズ・ファレルは、次のようにコメントしています。
「『ドキュメンタル』シリーズは、世界的にみてもPrime Video史上一番息の長い作品となります。シーズン13として、記録を更新し、初のコンビ戦という、新しい試みの最新作を、12月のホリデーシーズンにお客様にお届けできることを大変喜ばしく思います。世界中に笑いを巻き起こし進化し続けるドキュメンタルシリーズにどうぞご期待ください。」

本シリーズのプロデューサーである、松本人志氏は、以下のようにコメントしています。
「ちょっとしばらく、芸人さんと離れていましたよね。せっかくこんなに芸人がいるのに、個の戦いだけで終わらせるのは、勿体ないなと。これは中々画期的と言いますか、初のコンビ対抗戦、初のタッグマッチとでも言いましょうか。コンビで負けるわけにもいかないでしょうから、今回は賞金2,000万円でいいんじゃないかなと。脱落するときは二人同時に脱落するわけですから、これでコンビ仲がおかしくなるってことがあるのかもしれない。でも知らないです。関係ないんで。」

Prime Videoでしか見ることのできない、年末のお笑いシーズンを飾るに相応しい、最新の『ドキュメンタル』をお届けいたします。芸人コンビが誰なのか?シリーズ史上初となる芸人コンビの続報にご期待ください。

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン13 COMBINED概要

タイトル:『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタルシーズン13 COMBINED
配信開始日:2023年12月22日(金)
※配信内容・スケジュールは予告なく変更になる場合がございます。
話数: 本編4話一挙配信
出演: 松本人志(ダウンタウン) 
コピーライト:©2023 FANY Studio

『ドキュメンタル』シリーズ作品ページ: https://www.amazon.co.jp/dp/B0B5M59RH2
公式Twitter: @DocumentalJP(http://twitter.com/documentaljp
公式Facebook: @DocumentalJP(http://www.facebook.com/DocumentalJP/
公式Instagram: primevideojp
公式TikTok: primevideojapan
※作品の視聴には会員登録が必要です。無料体験期間終了後、有料期間に自動移行(Amazonプライムについて詳しくはamazon.co.jp/primeへ)。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2023/Project-Kuiper/ Amazon の Project Kuiper と NTT、スカパーJSAT、戦略的協業に合意 高度な衛星ブロードバンドサービスを日本で提供 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Devices/2023/Project-Kuiper/ ~日本のお客さまに柔軟性、レジリエンス、可用性に優れたサービスを提供~ アジア太平洋地域で初の戦略的協業を発表

※本プレスリリースは、現地時間2023 年11 月27 日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。

日本電信電話株式会社(以下、NTT)、 株式会社NTTドコモ(以下、NTTドコモ)、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)、スカパーJSAT株式会社(以下、スカパーJSAT)は、本日、Amazon.com, Inc.(以下、 Amazon)が提供する低軌道衛星ブロードバンドネットワーク「Project Kuiper(プロジェクトカイパー)」(以下、 Kuiper)との戦略的協業に合意しました。この協業により、高い信頼性と広範囲のカバーエリアを実現する、高度な衛星ブロードバンドネットワークを日本のお客さまに提供し、通信の可用性とレジリエンス強化に取り組みます。

今回の協業の一環として、NTTとスカパーJSATはKuiperを日本の企業や政府機関・自治体に対して提供していきます。また、NTTグループはKuiper を自社およびグループ会社においても活用します。各社は、Kuiper を活かして、レジリエンスと冗長性を兼ね備えた通信ネットワークを構築するための選択肢をお客さまに提供する計画です。

一例として、NTT ドコモは、Kuiper を利用することで、山間部や島しょ部などを含めた、これまでサービス提供が難しかった地域で自社のコアネットワークと接続し、提供エリアのさらなる拡大が可能となります。

また、企業や政府機関・自治体のお客さまは Kuiperを活用することで、これまでは通信環境の確保が難しかったエリアにおいて、一次産業におけるIoT活用、建設機械の遠隔操作等の高度なソリュ-ションの導入が可能になります。加えて、お客さまは Kuiper を利用して AWS のクラウドサービスにアクセスし、AIや機械学習などの最先端のテクノロジーを利用できるようになります。

さらに、NTT とスカパーJSAT、 Kuiperは、地球と宇宙の間のシームレスな通信サービスに関する幅広い協業を模索し、日本のビジネスイノベーションを支援していきます。各社の研究開発や技術力、サービスやアセットを活用し、お客さまの新たなサービス創出を支援することで、ヘルスケア、金融サービス、エンターテインメントなど多様な業界のさらなる発展をめざします。

NTT 代表取締役副社長 川添 雄彦氏は、次のように述べています。「社会が抱える様々な課題を解決し、持続可能な経済・社会活動を確立していくためには、ICTインフラの高度化が今後より一層重要になってきます。Kuiperとの連携によりイノベーションを加速し、NTTのIOWN技術をはじめとした各社の技術・リソースを結集することで、さらなる価値が提供されていく未来にとても期待しております」

NTT ドコモ 代表取締役副社長 田村 穂積氏は、次のように述べています。「NTTドコモは 、お客さまを第一に考え、最適なサービスと最高のカスタマーサポートの提供によってお客さまにご満足いただくことを信条としており、Kuiperとその想いを共有しています。NTTドコモは、日本においてこれまでにもロバストな通信サービスを提供していますが、Kuiperによって、お客さまのイノベーションを推進するためのより多くの選択肢を提供し、お客さまがいつでもどこでも好きな場所で通信できるようにすることで、NTTドコモのお客さまにさらにご満足いただけることを期待しています」

スカパーJSAT 代表取締役 執行役員副社長 福岡 徹氏は、次のように述べています。「日本にはイノベーションの長い歴史があり、インターネット接続に対する飽くなき需要があります。スカパーJSATと NTT の既存のパートナーシップは、日本のビジネスに創造と成長の機会をもたらしてきました。Kuiper が当社のサービスラインナップに加わることは、日本におけるビジネスの革新と成長を一層加速させるものと期待しています」

Project Kuiper 責任者兼テクノロジー担当バイスプレジデントであるラジーヴ・バディヤル(Rajeev Badyal)は、次のように述べています。「NTT、スカパーJSAT、Kuiper、そしてNTTのグループ各社は、どのような状況下でもお客さまにおける通信の接続性を維持し、場所を問わずデータを利用できるようにすることで、お客さまの継続的なイノベーションを支援するというミッションを共有しています。NTT は日本で信頼される通信サービスプロバイダーであり、安全で信頼できる低軌道衛星ブロードバンドサービスを日本国内でも提供するために準備を進める Kuiper にとって、理想的なパートナーです」

アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 代表執行役員社長 長崎 忠雄は、次のように述べています。「AWSとNTTグループは、お客さまのためにイノベーションを推進してきた実績があります。今回、Kuiperでさらに、その可能性を広げることができることを嬉しく思います。Kuiper のサービスにより、お客さまは離れた場所からでも世界をリードするAWSクラウドに接続し、そのセキュリティとレジリエンス、柔軟性を活用して、事業を変革する新たな選択肢を提供します」

Kuiperは先ごろ、試作衛星のテストミッションにおいて100%の成功率を達成し、衛星とネットワークを構成する主要技術が有効であることを検証しました。2024年下半期より、一部のお客さまやパートナーを対象にベータテスト版サービスの提供を開始する予定です。NTT、スカパーJSATは今回の協業の一環として、この試験に参加する予定です。

Project Kuiper の詳細については、http://amazon.com/projectkuiperenterpriseをご覧ください。

Amazon について

Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。Amazonは、地球上で最もお客様を大切にする企業、そして地球上で最高の雇用主となり、地球上で最も安全な職場を提供することを目指しています。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Career Choice、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa、Just Walk Out technology、Amazon Studios、気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)などは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービス、取り組みです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom(http://amazon-press.jp)およびAbout Amazon(http://www.aboutamazon.jp)から。

 

 

 

 

 

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Retail/Amazon_Istyle/at_cosme_SHOPPING_Launch/ Amazon.co.jp上に「@cosme SHOPPING」がオープン https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Retail/Amazon_Istyle/at_cosme_SHOPPING_Launch/ ラグジュアリーを中心とした幅広いコスメ・美容の商品を取り扱い、「@cosme」のクチコミや美容コンテンツを豊富にご提供 Amazonは、Amazon.co.jp上に株式会社アイスタイルが運営するコスメ・美容の総合サイト「@cosme(アットコスメ)」の公式ストア「@cosme SHOPPING」(https://www.amazon.co.jp/atcosmeshopping)を2023年11月22日(水)にオープンしました。本ストアのオープンは、2022年8月に締結した株式会社アイスタイル(代表取締役社長:遠藤 宗 以下、アイスタイル)と米国Amazon(CEO:アンディ・ジャシー)との業務資本提携に基づいた、アマゾンジャパン合同会社との協業の一環です。

「@cosme SHOPPING」では、ラグジュアリーブランドを中心に幅広いブランド・カテゴリーのコスメや美容アイテムを取り揃え、確かな品質の商品をお買い求めいただけます。「@cosme」ならではのコンテンツとして「@cosme」の「クチコミ」や「@cosme美容部員のレコメンド」などを掲載し、お客様とコスメのより良い出合いをサポートします。

お客様は、お買い物における配送面においても「置き配指定サービス」や、Amazonロッカーや提携先の店頭カウンターなどの自宅外での受け取りなど、多様な受け取り方法をご利用いただけます。Amazonは、お客様がご都合に合わせて商品を受け取ることができるよう取り組んでいます。

Amazonとアイスタイルは、今後も協業を通じてアイスタイルが展開するコスメ・美容に特化したクチコミや品揃え、店舗づくりの知見と、AmazonがAmazon.co.jpの販売事業者様向けに日本国内で提供している各種サービスやテクノロジーを活用し、オンライン・オフラインにおけるコスメ・美容関連のお買い物における利便性やお客様の満足度をさらに向上させ、コスメとの新たな出合いを創出していくことを目指します。

■オープニング時の参画ブランド
ANNA SUI(アナ スイ)、SABON(サボン)、shu uemura(シュウ ウエムラ)、Nuxe(ニュクス)
Parfums de la Bastide(パルファム ドゥ ラ バスティード)、HERA(ヘラ)、René Furterer(ルネ フルトレール)ROGER & GALLET(ロジェ・ガレ)
※五十音順
※お取り扱いブランド・商品は順次、拡大予定です。

■「@cosme SHOPPING」のコンテンツ
<ブランドの世界観を表現した「ブランドトップページ」>

取り扱いブランドのページは、各ブランドの世界観が表現され、ブランドのファンの方も楽しんでいただけるデザインとなっています。

<お客様のリアルな声をお届けする「@cosmeに投稿されたクチコミ」>
「@cosme」に投稿されたクチコミをピックアップして*1本ストアに掲載します。実際に商品を使ったお客様のリアルな声によって商品への理解が高まり、購入判断のヒントになります。
*1「@cosme」に投稿されたクチコミからアイスタイルが選定したもの

<コスメ・美容のプロ目線の情報を掲載する「@cosmeの美容部員レコメンド」>
「@cosme」の美容部員が実際に商品を試したリアルな感想をお届けします。商品の特長や使用感、使い方のアドバイスなど、コスメ・美容のプロフェッショナルの目線からの情報を商品選びにお役立ていただけます。

<オープニングキャンペーン>
「@cosme SHOPPING」のオープンを記念して、11月22日(水)~12月1日(金)の10日間、対象商品のAmazonポイントが最大20%ポイント還元になるキャンペーンを実施します。詳細はhttps://www.amazon.co.jp/atcosmeshoppingをご確認ください。

 

「@cosme SHOPPING」のオープンにあたって、株式会社アイスタイル 代表取締役社長 遠藤宗氏は次のように述べています。「『@cosme SHOPPING』をAmazon.co.jp上にオープンできることを大変嬉しく思います。アイスタイルは今後も、常にお客様を起点に考える両社共通のビジョンのもと、Amazon.co.jp上の『@cosme SHOPPING』における取り扱いブランドの拡充などを通じて、生活者とブランドの新たな出合いを生み出すとともに、より幅広いお客さまに「@cosme SHOPPING」や「@cosme TOKYO/OSAKA」、「@cosme STORE」でのお買い物を楽しんでいただけるように努めてまいります。」

また、アマゾンジャパン合同会社 バイスプレジデント 消費財事業本部 統轄事業本部長 前田宏は「Amazon.co.jp上に、このたび「@cosme SHOPPING」をオープンできることを大変嬉しく思います。「@cosme SHOPPING」を通して、多くのコスメユーザーに利用されている「@cosme」のクチコミやコスメ・美容に特化した豊富なコンテンツとともに、幅広い品揃えを提供することで、これまで以上に楽しく、また満足度や利便性の高いコスメ・美容関連のお買い物の体験を提供してまいります。」と述べています。

]]>
/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Corporate/20231122_Zero-Packaging/ オンラインショッピングと配送用梱包に関する意識調査 https://amazon-press.jp/Top-Navi/RSS/Presse-release/amazon/jp/Corporate/20231122_Zero-Packaging/ 日本の消費者の7割以上が、オンラインで注文した商品の多くについて 商品パッケージのままで配達されることに抵抗感がないことが判明 Amazon(所在地:東京都目黒区)は11月22日、オンラインショッピングと配送用梱包に関する意識調査の結果を発表しました。Amazonがイギリスの調査会社OnePoll社に委託して実施した調査の結果によると、日本の消費者の7割以上(71%)が、オンラインで注文した商品の多くについて、配送用の梱包を省き、商品パッケージのままで配達されることに抵抗感がないことが明らかになりました。日本でオンラインショッピングを利用する方にとって、よりシンプルな梱包が受け入れられていることを示す調査結果となりました。

調査は2023年10月、オンラインショッピングを利用する日本在住の18歳以上2,000名を対象に、オンラインで実施されました。

調査の結果、日本の消費者が、商品パッケージのままで配達されることに特に抵抗感がない商品は、洗剤、トイレットペーパー、文房具などであることが分かりました。一方で、生理用品といったパーソナルケア用品などは、配送用の梱包での配達が望ましいとの結果になっています。

調査に参加した半数以上(53%)が、商品パッケージのままでの配達に関するメリットとして、「追加の梱包を処分・リサイクルする時間を省くことができる」と回答し、次に「梱包資材の削減につながる」(47%)が続いています。

Amazonは、さまざまなサイズや種類の梱包材を用いて、お客様へお届けする商品それぞれに合った梱包を推進しています。メーカー各社との協業や、フルフィルメントセンター(物流拠点)のオペレーションや配送プロセスの改良を重ねることで、より多くの商品が商品パッケージのままで送れるよう取り組みを進めています。Amazonから発送される、ベビー用の紙おむつや掃除用具、ペットボトル飲料など、すでにさまざまな商品を、商品パッケージのままでお客様にお届けしています。

追加の梱包を省くことで、梱包資材の削減や、余分な段ボール箱や紙袋を開封し、処分・リサイクルするためのお客様のお手間を減らすことができます。そして、荷物の軽量化にもつながり、配送に伴うパッケージあたりの温室効果ガスの排出量削減に貢献します。

Amazonは、商品の保護と梱包の最小化を両立するため、機械学習などの技術を用いて商品群を分析し、商品パッケージのままで配送可能な商品を、慎重に選定しています。そして、対象となる商品は厳格な審査によって、安全かつ確実にお客様のもとに届けられることが確認されています。なお、商品パッケージのままでの配送される商品については、お客様ご自身で設定いただく必要はありません。

本などのメディア商材、コレクター向け商品や、お客様のプライバシーに関わる商品などは、これからもAmazonによる梱包でお届けします。また、Amazonから配達された商品に問題があった場合は、カスタマーサービスにご連絡いただくことで、交換または返金をリクエストすることができます。

Amazonは2015年から、グローバルで1出荷あたりの梱包重量を平均41%、梱包資材を200万トン以上削減しました。また、2022年に全世界で出荷した商品のうち11%はAmazonの追加梱包を省いた形で配送されました。

アマゾンジャパン合同会社オペレーション技術統括本部長 渡辺宏聡は次のように述べています。
「梱包の削減は、私たちと同様に、Amazonでお買い物いただくお客様にとっても大きな関心事の1つであると理解しています。Amazonは、長年にわたり梱包の削減に取り組み、大きな進歩を遂げてきました。日本において、Amazonの追加梱包を省いた形で配送された商品の数は、2021年から50%以上増加しました。今後も、お客様のご注文それぞれに合った梱包の実現に向けて、メーカー各社とも力を合わせてイノベーションを続けていきます。まもなく年末年始のセールが始まりますが、お客様にはお買い物を楽しんでいただくとともに、私たちの梱包削減の取り組みにも気づいていただけるとうれしく思います」

Amazonの梱包に関する取り組みについては、こちらをご覧ください。

]]>