RSS

第9回Amazon Academyを9月8日(金)に開催「多様性が加速させる中小企業のイノベーション」

第9回Amazon Academyを9月8日(金)に開催「多様性が加速させる中小企業のイノベーション」

『パーパス経営』著者の一橋大学大学院 客員教授 名和 高司氏、経済産業省 経済産業政策局 経済社会政策室長が講演、そのほか多様な中小企業の経営者がパネルディスカッションに登壇、司会は中井 美穂氏

20230808_9th-Amazon-Academy

2023/08/08

Amazon(所在地:東京都目黒区)は2023年9月8日(金)、「多様性が加速させる中小企業のイノベーション」をテーマに、Amazon Academy(https://amazon-academy.jp/)を開催します。

Amazonでは、地方企業やスタートアップ、また女性・外国籍の経営者などが運営する多様な中小企業の皆様にEコマースをご提供し、日本企業の事業の成長を支援しています。第9回となる今回は、フリーアナウンサーの中井 美穂氏を司会に迎え、前半に2つの基調講演と、後半にパネルディスカッションを予定しています。一橋大学大学院 経営管理研究科 客員教授 名和 高司氏より、中小企業におけるパーパス経営の必要性についてご講演いただきます。また、経済産業省 経済産業政策局 経済社会政策室から登壇者をお迎えして、企業の競争力強化・価値向上の観点からみた多様性の必要性についてご講演頂く予定です(登壇者名は後日、特設サイトにてご案内いたします)。パネルディスカッションでは、障がい、性別、国籍の違いなど、多様性を尊重しながらイノベーションを創出している中小企業を代表して、株式会社創通メディカル 代表取締役社長 薛 明鶴氏、株式会社西山酒造場 取締役女将 西山 桃子氏、株式会社ヘラルボニー 代表取締役社長 松田 崇弥氏をお招きします。多様性を生かした経営は、いかに社会に新たな価値を送り出しているのか、ひいては日本社会の活発化につながるのかに焦点を当て議論していきます。

Amazon Academyは日本社会や企業が直面する課題をテーマに取り上げ、産学官の視点から課題の解決策や目指すべき方向性について考えるイベントです。これまでにDXを通じた中小企業支援やキャリア開発におけるキャリアオーナーシップなどをテーマに、2018年から8回にわたりAmazon Academyを開催しています。

9Amazon Academy概要

日時:  2023年9月8日(金)15:00~16:15
形式:  オンラインLive配信(Amazon Japan公式YouTubeチャンネル)
対象者: 企業の経営層、経営企画やマーケティング、人事、DEI(ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン)をご担当されている方、多様性とイノベーションの関係に関心がある方、パーパス経営に関心がある方
主催:  アマゾンジャパン
参加費: 無料
参加方法:下記特設サイトにアクセスいただき、必要事項をご記入のうえ、事前のお申し込みをお願いします。
https://amazon-academy.jp/

プログラム:
15:00 Amazon Academy開催にあたってのご挨拶
    アマゾンジャパン合同会社 社長 ジャスパー・チャン
15:05 基調講演(1)「イノベーション視点で多様性を考える」
    経済産業省 経済産業政策局 経済社会政策室長
    ※登壇者情報は後日特設サイトにてご案内します。
15:20 基調講演(2)「中小企業にこそ必要なパーパス経営
    一橋大学大学院 経営管理研究科 客員教授 名和 高司氏
15:35 パネルディスカッション
    株式会社創通メディカル 代表取締役社長 薛 明鶴氏
    株式会社西山酒造場 取締役女将 西山 桃子氏
    株式会社ヘラルボニー 代表取締役社長 松田 崇弥氏
16:05 質疑応答
16:15 終了
※プログラムは諸般の都合により、変更になる可能性がございます。予めご了承ください

登壇者プロフィール

一橋大学大学院 経営管理研究科 客員教授 名和 高司氏

東京大学法学部、ハーバード・ビジネス・スクール卒業。三菱商事を経て、マッキンゼーで約20年間勤務。デンソー、ファーストリテイリング、味の素、 SOMPOホールディングスなどの社外取締役、朝日新聞社の社外監査役、ボストン・コンサルティング・グループ、インタープランド、アクセンチュアなどのシニアアドバイザーを歴任。『パーパス経営』『CSV経営戦略』『シュンペーター』「企業変革の教科書』『経営変革大全』『コンサルを超える問題解決と価値創造の全技法』『10X思考』など著書多数。

株式会社創通メディカル 代表取締役社長 明鶴氏

中国山東省出身。2008年、留学を機に来日。2012年、医療機器を販売する会社で営業職に従事。2014年、株式会社Setsu Planningを設立し、医療機器、トレーニングEMS機器の備品販売を開始。2017年、株式会社創通メディカルを設立し、美容、健康器具を中心として企画、開発、販売を行う自社ブランド「MYTREX(マイトレックス)」を展開開始。「効果がないものや、継続できないものはつくらない」という信念のもと、使用する度に心揺さぶり、感動するモノづくりをミッションとして、世界中の人が笑顔になるプロダクトを開発。知識・知恵は日本をベースに、技術は中国で研究開発することで、文化やビジネスが違う日本社会で挑戦し続けている。

株式会社西山酒造場 取締役女将 西山 桃子氏

自身の病気の経験から、銀行員時代に看護師へのキャリアチェンジを果たす。看護師として勤務の後、西山酒造場6代目蔵主となる西山周三氏との結婚を機に丹波市へ移住。西山酒造場へ入社。6代目と共に酒蔵の改革をしていく中で、「平成26年8月豪雨災害」によって蔵が被災。その被災が大きな転機となり、地元丹波への貢献の思いを深くする。現在、3人の子育てをしながら女将として、丹波への観光事業促進、人財育成、課外活動までさまざまな取り組みを推進している。また、蔵の敷地内に今年秋オープン予定の発酵をベースとした複合施設のプロデュースも手掛け、新たな事業領域の拡大へも挑んでいる。

株式会社ヘラルボニー 代表取締役社長 松田 崇弥氏

小山薫堂氏が率いる企画会社オレンジ・アンド・パートナーズ、プランナーを経て独立。4歳上の兄・翔太氏が小学校時代に記していた謎の言葉「ヘラルボニー」を社名に、双子の松田文登氏と共にヘラルボニーを設立。「異彩を、放て。」をミッションに掲げる福祉実験ユニットを通じて、福祉領域のアップデートに挑む。ヘラルボニーのクリエイティブを統括。東京都在住。双子の弟。世界を変える30歳未満の30人「Forbes 30 UNDER 30 JAPAN」受賞。2022年、「インパクトスタートアップ協会」(Impact Startup Association)の理事を務める。著書『異彩を、放て。「ヘラルボニー」が福祉×アートで世界を変える』。

フリーアナウンサー 中井 美穂氏

日本大学芸術学部を卒業後、フジテレビに入社。アナウンサーとして活躍したのち、1995年フジテレビを退社。1997年から2022年まで「世界陸上」(TBS)のメインキャスターを務めたほか、数々のテレビ番組にレギュラー出演。その他、映画・演劇のコラム、動画配信番組、イベントの司会、クラシックコンサートのナビゲーター、朗読など幅広く活躍している。NPO法人キャンサーネットジャパンの活動に賛同し、2019年理事に就任。がん啓発のイベント・市民公開講座の司会などの活動もしている。

※経済産業省 経済産業政策局 経済社会政策室からの登壇者情報は後日特設サイトにてご案内します。

 

Amazonについて
Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。Amazonは、地球上で最もお客様を大切にする企業、そして地球上で最高の雇用主となり、地球上で最も安全な職場を提供することを目指しています。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメントby Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Career Choice、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa、Just Walk Out technology, Amazon Studios、気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)などは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービス、取り組みです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom (http://amazon-press.jp)およびAbout Amazon (http://www.aboutamazon.jp)から。