RSS

『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3 東大卒・元官僚の武井亜樹が新バチェロレッテに抜擢! 宇宙事業に携わる才女が真実の愛を探す旅へ

『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3 東大卒・元官僚の武井亜樹が新バチェロレッテに抜擢! 宇宙事業に携わる才女が真実の愛を探す旅へ

「動物的直感で動いたりできる人は、私と違う面を持っていて惹かれます」 参加を決めた理由や、男性のタイプについて語るインタビュー映像を解禁

Bachelorette_S3-2

2024/05/23

Prime Videoは、大人気恋愛リアリティ番組の最新作となる『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3を6月27日(木)20時より、プライム会員向けに独占配信します。『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3は、Amazonプライム特典の対象作品の最新作です。プライム会員の皆様は、お急ぎ便やお届け日時指定便などの迅速で便利な配送特典を追加料金なしで無制限に利用できる他、その他さまざまなショッピング特典やエンターテインメントをお楽しみいただけます。

『バチェロレッテ・ジャパン』とは、日本で既に5シーズン配信されている『バチェラー・ジャパン』の「男女逆転版」。独身男性ならぬ独身女性が主役となり、“真実の愛”を見つけるため多数の男性候補から未来の結婚相手を選び抜く、恋愛リアリティ番組です。これまで、シーズン1(2020年)、シーズン2(2022年)が配信され、開始直後から番組内で繰り広げられる予想を覆す感動のドラマの数々が、SNSを中心に大きな話題をさらってきました。

先日、シーズン3の配信開始が発表され、ファンの間で最新作への期待が高まる中、この度、3代目バチェロレッテが、武井亜樹 (たけい あき)氏であることが発表となりました。
群馬県出身の武井氏は、幼少期から宇宙に憧れを抱き、東京大学では航空宇宙工学を専攻。大学を卒業後は経済産業省に入省し、現在はフリーランスとして日本で行われている宇宙関連のプロジェクトに携わっています。また、学生時代から始めた空手は黒帯の腕前という多彩な一面も兼ね備えています。
解禁された映像では、武井氏が参加を決めた理由について、「せっかく参加するチャンスがあるんだったら頑張って足を踏み入れてみたいと思った」と語り、今までも挑戦を続けて華々しいキャリアを掴んできた彼女の人柄が垣間見えます。また、「恋愛経験は多くないが、いつも恋愛の先に結婚を見据えて恋愛してきた」と話す武井氏が、「何十億人もいる世界の中から、巡りあわせで運命の1人に出会いたい」と旅への期待を込めた様子も伺えます。「より多くの女性が生き生きと自分らしい恋愛をできるように勇気を与えたい」と意気込む武井氏がインドネシア・バリ島で繰り広げる“真実の愛を探す旅”を、ぜひお楽しみください。

インタビュー映像:https://youtu.be/qcLSyoicQZQ

3代目バチェロレッテの武井亜樹氏は次のようにコメントしています。
「日頃から番組を応援してくださっている皆様。今回バチェロレッテとして旅に参加させていただきとても光栄に思っております。男性達と時間を過ごし心を通わせていく中で、喜びや不安、たくさんの感情が生まれました。その一つ一つの心の動きに恐れずに正直に、将来を真剣に考えて進んでいきました。とても誠実で魅力に溢れた素敵な男性達に支えられながら駆け抜けた私の旅を、どうか皆様にも楽しんでいただけますと幸いです。」

3代目バチェロレッテ プロフィール
武井 亜樹 (たけい あき)
群馬県出身。2021年3月、東京大学工学部・航空宇宙工学科を卒業後、経済産業省に入省。 
現在は、宇宙関連事業に熱心に取り組む一方で、宇宙に関する記事の執筆など、宇宙に関する情報を発信するライターとしても活動。
趣味は空手(黒帯)、アウトドアスポーツ、食べること(こってり系の日本食とスイーツが特に好き)、ファッション、絵画鑑賞
 

『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3概要
タイトル:『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3
配信開始日:2024年6月27日(木) 20時より独占配信開始
話数:全9話
6月27日(木)20時 第1話-第4話
7月4日(木)20時 第5話-第7話
7月11日(木)20時 第8話-第9話
製作:Amazon
コピーライト: ©2024 Warner Bros. International Television Production Limited. All Rights Reserved
公式X: @BachelorJapan(http://twitter.com/bachelorjapan
公式Facebook: BachelorJapan(http://www.facebook.com/BachelorJapan
公式Instagram: @bachelorjapan(http://www.instagram.com/bachelorjapan
Prime Video 公式TikTok: https://www.tiktok.com/@primevideojapan
Prime Video公式YouTube: https://www.youtube.com/@PrimeVideoJP
※配信内容・スケジュールは予告なく変更になる場合がございます。
※作品の視聴には会員登録が必要です(Amazonプライムについて詳しくはamazon.co.jp/primeへ)

Prime Videoについて

Prime Videoは、豊富な作品を、プライム会員特典対象の見放題、Prime Videoチャンネル、レンタルなどの方法でご覧いただけるワンストップ・エンターテインメントサービスです。ウェブサイトでストリーミングできるほか、Prime Videoのアプリをご利用いただくと、対応するスマートフォン、タブレット、ケーブルテレビ用端末、ゲーム機器、スマートTVなどの様々なデバイスで視聴いただけます。プライム会員なら、日本のAmazon Original作品としてドラマ『沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~』、『エンジェルフライト 国際霊柩送還士』、映画『次元大介』や恋愛リアリティ番組『ラブ・トランジット』、Amazon製作の『バチェラー・ジャパン』シリーズ、Amazon MGMスタジオ製作の映画『赤と白とロイヤルブルー』、ドラマ『ロード・オブ・ザ・リング: 力の指輪』、『ザ・ボーイズ』、『ジェン・ブイ』、アカデミー賞脚色賞を受賞した映画『アメリカン・フィクション』、人気韓国ドラマ『私の夫と結婚して』、スポーツでは『Prime Video Presents Live Boxing』などの独占ライブ配信、その他にも『映画ドラえもん』シリーズ、『ONE PIECE FILM RED』、『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』、『ゴジラ-1.0』やTVアニメ 『怪獣8号』を含む会員特典対象の映画やテレビ番組などを見ることができます。また、Prime Videoチャンネルは、DAZN、dアニメストア for Prime Video、NHKオンデマンド、韓国ドラマ・エンタメChannel K、J SPORTSなどのチャンネルにそれぞれ登録し、定額料金を支払うことでご覧いただけます。加えて、全てのお客様はPrime Videoストアで、『バービー』などの大ヒット作品などをレンタルまたは購入することができます。詳しくはwww.amazon.co.jp/primevideoをご覧ください。

 

Amazonプライムで暮らしをもっと快適に。

「Amazonプライム」はお買い物やエンターテインメントなどの多様な特典を提供する会員制プログラムです。世界で2億人を超えるAmazonプライム会員の皆様に、さまざまな特典やサービスをお楽しみいただいています。5,900円(税込)の年会費または、600円(税込)の月会費でご登録いただけます。数千万点の対象アイテムのご注文に対して、お急ぎ便やお届け日時指定便などの迅速で便利な配送特典を追加料金なしで利用できる他、Prime Videoの会員特典対象コンテンツの視聴や、1億曲以上がシャッフルモードで聴き放題のAmazon  Music Prime、Prime Reading、Prime Gaming、Prime Try Before You Buy、世界各国で開催されているプライムデーといったプライム会員限定セールなど増え続ける多様な特典をご利用いただけます。プライムの詳細と初めての方がご利用いただける30日間の無料体験はhttps://www.amazon.co.jp/prime から。

 

Amazonについて

Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。Amazonは、地球上で最もお客様を大切にする企業、そして地球上で最高の雇用主となり、地球上で最も安全な職場を提供することを目指しています。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Career Choice、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa、Just Walk Out technology、Amazon Studios、気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)などは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービス、取り組みです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom (http://amazon-press.jp)およびAbout Amazon(http://www.aboutamazon.jp)から。