RSS

日本で劇場動員100万人を突破した、音楽史に名を刻んだコンサート映画『BTS: Yet To Come』 12月1日からPrime Videoで独占配信

日本で劇場動員100万人を突破した、音楽史に名を刻んだコンサート映画『BTS: Yet To Come』 12月1日からPrime Videoで独占配信

bts_come_to_yet

2023/10/17

Prime Videoは、HYBE、CJ 4DPlex、Trafalgar Releasingが制作したコンサート映画『BTS: Yet To Come』を、日本では12月1日(金)より独占配信します。『BTS: Yet To Come』は、Amazonプライム特典対象作品最新作です。プライム会員の皆様は、お急ぎ便やお届け日時指定便などの迅速で便利な配送特典を追加料金なしで無制限に利用できる他、その他さまざまなショッピング特典やエンターテインメントをお楽しみいただけます。

『BTS: Yet To Come』は、2030年に行われる万国博覧会誘致招致活動の一環として2022年10月に釜山アジアド主競技場で約5万人を動員して行われた、BTS (RM、SUGA、JIN、J-HOPE、JIMIN、V、JUNG KOOK)の一夜限りのスペシャルコンサート映像です。

「Dynamite」、「Butter」、「Run BTS」、「MIC Drop」、「Yet To Come」など全19のヒット曲と共に、メンバーのステージMCや目の覚めるような華麗なパフォーマンス、壮大な花火が打ち上がる模様などが収録され、プライム会員のお客様はBTSのコンサートをいつでもどこでも互換性のあるデバイスで何度も楽しむことができます。

『BTS: Yet To Come』は12月1日(金)よりPrime Videoにて独占配信開始。


『BTS: Yet To Come』 概要
タイトル:『BTS: Yet To Come』
配信開始日:2023年12月1日(金)よりPrime Videoにて独占配信
出演者:BTS (RM、SUGA、JIN、J-HOPE、JIMIN、V、JUNG KOOK)
監督:オ·ユンドン
コピーライト:© BIGHIT MUSIC & HYBE. All Rights Reserved.
※Prime Videoの他の地域では先行して11月9日(木)より独占配信予定です。
※作品の視聴には会員登録が必要です。無料体験期間終了後、有料期間に自動移行(Amazonプライムについて詳しくはamazon.co.jp/primeへ)。

Prime Videoについて

Prime Videoは、映画からドラマ、バラエティ、アニメなどのテレビ番組まで、豊富な作品をお客様が多様な視聴方法でお楽しみいただけます。

● プライム会員特典: Prime Videoでは、日本Amazon Original作品『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』や『風雲!たけし城』、ドラマ『モダンラブ・東京~さまざまな愛の形~』、『エンジェルフライト 国際霊柩送還士』、映画『次元大介』や恋愛リアリティー番組『ラブ・トランジット』、Amazon製作の『バチェラー・ジャパン』シリーズや、Amazonスタジオ製作による『ロード・オブ・ザ・リング: 力の指輪』、『ザ・ボーイズ』、『トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン』、エミー賞受賞作品である『マーベラス・ミセス・メイゼル』を配信。スポーツではPrime Video独占ライブ配信の『Prime Video Presents Live Boxing』、その他にも人気作品『シン・エヴァンゲリオン劇場版』、『ONE PIECE FILM RED』、『シン・仮面ライダー』、『劇場版 呪術廻戦 0』、TVアニメ 『呪術廻戦』 第 2期「懐玉・玉折」、『鬼滅の刃』や『SPYxFAMILY』、ドキュメンタリー映画『憧れを超えた侍たち 世界一への記録』を含む対象の人気映画やテレビ番組をご覧いただけます。
● Prime Videoチャンネルでより多くのコンテンツを:プライム会員はdアニメストア for Prime Video、NHKオンデマンド、韓国ドラマ・エンタメChannel K、J SPORTSなど60以上のチャンネルを別途のアプリやチューナーを使わず視聴できます。1チャンネルから登録でき、いつでもキャンセルすることが出来ます。視聴できるチャンネルのリストはhttp://www.amazon.co.jp/channelsをご参照ください。
● レンタルおよび購入:Amazonをご利用されるお客様は、新作の映画やテレビ番組をオンデマンドでレンタルまたは購入いただけます。
● どこでも視聴:ご自宅でも外出先でも、観たい作品を観たい方法でご覧いただけるよう多様な選択肢をご提供しています。ウェブサイトでストリーミングできるほか、Prime Videoのアプリをご利用いただければ、対応するスマートフォン、タブレット、ケーブルテレビ用端末、ゲーム機器、スマートTVなどで視聴いただけます。ご利用いただけるデバイスのリストは、http://www.amazon.co.jp/gp/video/getstarted/をご参照ください。
● プレミアムな特長:4KウルトラHDやHDRに対応したコンテンツをお楽しみいただけます。インターネット・ムービー・データベース(IMDb)と連携し、登場人物や地名など、作品に含まれる主要キーワードを、付帯情報とともに紹介するX-Ray機能を使えば、気になる映画やテレビ番組の舞台裏までご覧いただけます。モバイルデバイスにダウンロードすればオフラインでも視聴いただけます。(*コンテンツによってはダウンロードできない場合があります。)

Amazonプライムで暮らしをもっと快適に。
「Amazonプライム」はお買い物やエンターテインメントなどの多様な特典を提供する会員制プログラムです。世界で2億人を超えるAmazonプライム会員の皆様に、さまざまな特典やサービスをお楽しみいただいています。5,900円(税込)の年会費または、600円(税込)の月会費でご登録いただけます。数千万点の対象アイテムに対して、お急ぎ便やお届け日時指定便などの迅速で便利な配送特典を追加料金なしで無制限に利用できる他、Prime Videoの会員特典対象コンテンツの視聴や、1億曲以上がシャッフル再生で聴き放題のAmazon Music Prime、Prime Reading、Prime Gaming、Prime Try Before You Buy、世界各国で開催されているプライムデーといったプライム会員限定セールなど増え続ける多様な特典をご利用いただけます。プライムの詳細と30日間の無料体験はwww.amazon.co.jp/prime から。

Amazonについて
Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。Amazonは、地球上で最もお客様を大切にする企業、そして地球上で最高の雇用主となり、地球上で最も安全な職場を提供することを目指しています。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Career Choice、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa、Just Walk Out technology、Amazon Studios、気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)などは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービス、取り組みです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom (http://amazon-press.jp)およびAbout Amazon(http://www.aboutamazon.jp)から。