Amazon.co.jpの沿革

Amazonの環境に優しい梱包

Amazonの環境に優しい梱包

Amazonの環境に優しい梱包

Amazonのお客様から、梱包の廃棄量が最小限に抑えられる、配送時の破損を防ぐ、またリサイクル可能で適切なサイズの梱包にして欲しいというご要望をいただいております。Amazonは科学的根拠のある手法を用いて、持続可能な梱包の選択肢を再考案し簡素化することに取り組んでいます。これには、実験室での試験、機械学習、材料科学および製造業務提携が含まれ、梱包サプライチェーン全体における変化を持続可能なものにしていきます。

持続可能な梱包への取組み
Amazonの持続可能な梱包への取組みによって廃棄量は減少し、お客様は商品をより簡単にパッケージから取り出すことができるようになります。2008年以降、フラストレーション・フリー・パッケージ(FFP)を含む取り組みは、81万トン以上の梱包資材および14億個以上の出荷箱を削減しています。これは、追加の出荷箱を省き、開封が簡単でリサイクル可能な梱包材で製品自体のパッケージでの配送を推進することによって実現しました。

製品をFFP認定するために、Amazonは世界各国のメーカー各社と協力し、各社パッケージの機能性を刷新および向上させる支援を行っています。シアトルにある最先端技術を有する専用実験室や、世界各国の物流拠点で製品試験を行うことによって、メーカー各社にパッケージを改善してもらい、お客様の商品を最終目的地まで安全にお届けするための各メーカーが講じることができる措置を特定します。

梱包を最適化するために機械学習を活用
その商品には、どのくらいのサイズの箱が必要でしょうか?そもそも、Amazon専用の箱は必要でしょうか?これらの疑問への答えを導きだし、各ご注文に最も効率的な梱包資材を割り出すため、適機械学習アルゴリズムを用いています。どの製品が封筒での配送に適しているかを特定し、小さい品目の梱包を箱から郵便用封筒に変更します。郵便用封筒は、箱の相当品と比較すると少ない資材を使用しており、軽量で、さらに出荷効率がより優れています。炭素削減量は少ないものの、その積み重ねがAmazonのネットワーク全体に大きな影響を与えることになります。

商品を箱で保護することが必要な場合でも、アルゴリズムによって箱の選択を常に最適化し、絶えず変化するカタログの内容に合わせています。さらにコンピューター支援エンジニアリングは使用する資材を削減する箱の再設計を助け、お客様の商品を確実に保護します。

これらの改善1回の出荷体積の減少につながっており、無駄な梱包の減少、またあらゆる形態の輸送手段をより効率的に利用できることを意味します。

リサイクル可能な郵便用封筒
Amazonでは、配送中の商品を保護する4層の紙および液体緩衝材から作られた、完全にリサイクル可能なペーパーパッド付き郵便用封筒の使用を開始しました。これにより、お客様は商品が破損することなく、かつ持続可能な梱包で受け取ることが可能となります。この緩衝材は、段ボール製造時に使用される接着剤に含まれる成分でできており、印刷用インクなどの紙上の塗料が紙のリサイクル工程で除去されるのと同一方法で、特に紙から簡単に分離するように作られました。

業界との連携
Amazonはトップブランド各社と協力し、e-コマースにおいて廃棄物を削減できるような各社の再設計に取り組んでいます。また各社、Amazonのコンテナに製品を入れて出荷できるよ、製品パッケージを改善することに取り組んでいます。例えば玩具メーカーであるハズブロは、人気玩具「ベビーアライブはいはいベビー」のパッケージを再設計した結果、資材使用量および全体のパッケージサイズ両方が半分以下になりました。ペットフード会社のヒルズペットニュートリションは、袋詰め乾燥ペットフードの袋が配送中に破損して中身がこぼれ出してしまうのを防ぐため、パッケージを見直しました。この再設計されたパッケージは、試験で検証済みです。

Amazonは持続可能な包装連合(SPC)のメンバーです。同連合は、梱包に関するより強固堅牢な環境ビジョンに専念する産業研究グループです。SPCは、強力なメンバー支援、豊富な情報に基づく科学的根拠のある手法、サプライチェーンの協力、および継続したサポートを提供することによって資材の持続可能なフローを促進するパッケージ設計をします。また、Amazonは、輸送用梱包に特有の問題を中心に取り組む組織である国際安全輸送協会(ISTA)に加盟しています。

詳しく読む(English)