Amazonの施設は環境に配慮し、再生可能エネルギーを使用

Amazonの施設は環境に配慮し、再生可能エネルギーを使用

Amazonの施設は環境に配慮し、再生可能エネルギーを使用

Amazonの施設は環境に配慮し、再生可能エネルギーを使用

Amazonは、オンサイト型ソリューションおよびオフサイト型の太陽光および風力への大規模な投資を通じて、世界各国にあるAmazonのインフラに100%再生可能なエネルギーを使用することを公約しています。米国太陽エネルギー産業協会(SEIA)による、2018年に設置された企業向けオンサイト型太陽光発電台数ランキングにおいて、Amazonは全米1位を獲得しました。この設置によって、トラック配送距離3.2億キロ超に相当する二酸化炭素を相殺しました。

再生可能エネルギー使用量の拡大は、2040年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにする目標に関して欠かせない分野です。風力や太陽光などのクリーンエネルギー源で化石燃料への依存度を低減させることによって、顧客サービスを強化していきます。

Amazonのフルフィルメント(倉庫)は商品がお客様の自宅まで届く工程の中で「シップメント・ゼロ」目標を達成する上で最も重要な役割を担っています。日本を含むあらゆる地域にある、再生可能エネルギーを有する施設を強化するために、オンサイト型太陽光発電システムに莫大な投資をしています。日本では2021年以降、Amazonのみが入居する全ての拠点において、施設が直接電力を消費できるよう屋根上設置型太陽光発電を設置することを目標としています。

クリーンエネルギーの供給に加えて、世界各国のAmazonの物流拠点は、事業全体におけるエネルギー使用量を最小限にとどめる効率的な構造で設計されています。施設制御システム技術およびリアルタイムデータ分析を用いることによって、建物内の暖房・冷却システムを最適化し、可能な限り効率的に快適な空間を提供することを実現します。

自然昼光照明、LED照明および照明管理は、エネルギー使用量を削減します。物流拠点の多くのエリアでは最新のオートメーションおよびロボット工学を活用していますが、運転時は最低限の照明を使用、または、まったく必要としません。施設全体をくまなく効率的に商品を移動させるコンベアシステムに、高効率モーターおよび最新式制御装置を用いており、また、資材運搬機器のエネルギー使用量をさらに削減するため多数の新技術を検証しています。建物の修繕およびエネルギーの研究を通じて改善と学習を継続することによって、事業効率を最大限に高めながら、エネルギー節減の機会を模索しています。

世界各国にあるAmazonの再生可能エネルギープロジェクトを地図上で探検してみましょう

Amazonの物流拠点で働くスタッフもAmazonサステナビリティ・アンバサダープログラムに参加することで、それぞれの業務をより一層効率化する重要な駆動力になります。アンバサダーは自らの職場環境における廃棄物削減、リサイクルおよび効率性の改善を推進することによって、サステナビリティの文化を築いてまいります。

詳しく読む(English)

Sustainable fulfillment centers

Renewable energy