Amazonの施設および再生可能エネルギーの利用

Amazonの施設および再生可能エネルギーの利用

Amazonの施設および再生可能エネルギーの利用

Amazonの施設および再生可能エネルギーの利用

再生可能エネルギーの利用拡大は、2040年までにネットゼロカーボンを達成するために重要な要素です。

Amazonは、世界各国でのオンサイトおよびオフサイト型の太陽光・風力発電プロジェクトへの大規模な投資を通じて、当初の目標である2030年よりも5年早く、2025年までに自社事業を100%再生可能エネルギーで運営するための取り組みを進めています。Amazonは2020年より3年連続で、世界最大の再生可能エネルギーの購入企業となりました。2021年にAmazonの事業活動における再生可能エネルギーの利用比率は85%に達しています。2023年1月現在、Amazonの再生可能エネルギープロジェクトは、世界22か国、計401件まで拡大しています。

クリーンエネルギーの利用に加えて、世界各国のAmazonの物流拠点は、事業全体におけるエネルギー使用量を最小限にとどめる効率的な構造で設計されています。施設制御システム技術およびリアルタイムデータ分析を用いることによって、建物内の暖房・冷却システムを最適化し、可能な限り効率的に快適な空間を提供することを実現します。建物の改良およびエネルギーの研究を通じて改善と学習を継続することによって、事業効率を最大限に高めながら、エネルギー節減の機会を模索し、脱炭素化を進めています。

世界各国にあるAmazonの再生可能エネルギープロジェクトはこちらからご覧いただけます。

Sustainable Building

Renewable Energy