Amazonの環境に配慮した配送

Amazonの環境に配慮した配送

Amazonの環境に配慮した配送

Amazonの環境に配慮した配送

配送は、「シップメント・ゼロ」の一環としてAmazonの全配送における二酸化炭素排出量を実質ゼロにするビジョンの、重要な要素です。Amazonは多数の戦略を用いて、二酸化炭素排出に大きな影響を持つこの分野を最適化し、一新することに注力します。

今後の配送車両を電気化
Amazonは世界各国で数百台の電気自動車を採用しています。またRivianに440百万ドルを投資し、電気自動車の生産を支援することで、配送による二酸化炭素の排出量削減を目指します。気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)への取組みの一環として、10万台のRivia社製自動車およびインドの電動人力車1万台の購入など、世界各国の拠点で投資を行っています。

配送を最適化
Amazonは常に、商品の配送工程において、ネットワークおよび車両運転効率を最適化することに取り組んでいます。米国では、お客様に商品を迅速にお届けするため、Amazonが所持する何千台もの車両で、物流拠点(倉庫)から配達先まで商品を運搬しています。1台の車両にできる限り多くの商品を集約して配送するためのデータおよびアルゴリズムを活用しています。また、より頻繁に注文される商品を地域ごとに分析し、それらの在庫を常備しておくことで長距離配送用トラックを使用する必要性を最小限に抑えています。日本では、置き配の展開が再配達率の減少が二酸化炭素排出の大幅な削減につながっています。

代替配送方法の活用
Amazonは引き続き、効率改善および二酸化炭素排出量削減への取組みの中で、世界のあらゆる地域で新しいアイデアや代替のアイデアを試験的に実施していきます。世界各国の都心部では、徒歩による配達の可能性を模索、昔ながらの自転車での配達を拡大、電動アシスト自転車も使用しています。またはAmazon ScoutデバイスやAmazon Prime Airドローンなどの、全自動ロボット配送サービスの開発もしています。

専門家および業界との提携
2017年、Amazonは「持続可能な燃料購入者原則(Sustainable Fuel Buyers' Principles)」に署名しました。これによって、低炭素の商業輸送ソリューションへの移行を促進するためのパートナーと連携することの公約を立証しました。非営利団体である「社会的責任を果たし変革を志向する米国の企業や経営者の団体(BSR)・燃料の未来」グループのメンバーが当該「燃料購入者原則」を策定し、同グループネットワーク上の600名の専門家および利害関係者を審査しました。同原則で概説する条件は、持続可能な陸上貨物輸送システムへの移行を促進するために必要な業務提携を根底から変えることになります。

詳しく読む(English)