AWS、AWS Outpostsを発表

AWS、AWS Outpostsを発表

急成長するVMware Cloud on AWSサービスをAWS Outposts上で稼働するVMware Cloud on AWS Outposts、 およびネイティブAWS APIを使用して、オンプレミスでコンピュートとストレージを稼働するAWS Outposts

2018/12/05

(シアトル発、2018年11月28日発表)Amazon.com, Inc.(NASDAQ:AMZN)の関連会社であるAmazon Web Services, Inc.(AWS)は本日、AWS re:Inventにて、AWSが設計したハードウェアとともに開発された、フルマネージド型のコンフィギュレーション可能なコンピュートおよびストレージラックであるAWS Outpostsを発表しました。AWS Outpostsにより、コンピュートとストレージをオンプレミスで稼働できるようになる一方で、AWSのその他の広範なクラウドサービスとシームレスに接続することができます。


AWSは過去数年にわたり、Amazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC)やAWS Direct Connect、Amazon Storage Gatewayといったサービスを提供することで、AWSと一緒に自社のオンプレミスデータセンターを稼働したいお客様のニーズに応えてきました。2017年、AWSはVMwareと共同で、VMware Cloud on AWSを発表し、VMware上で自社のシステムを仮想化している多くの企業に、長年使用してきたオンプレミスのVMwareツールを使用して、AWS上のインフラストラクチャを管理できる機能を提供しました。しかし、小さな遅延でも大きな影響を受けるアプリケーションを扱うサービスや、オンプレミスサイトの近くにアプリケーションを置く必要があるサービスなど、数年間は一定のワークロードをオンプレミスに残しておきたい企業も存在します。これらのお客様は、AWSのコンピュートとストレージをオンプレミスで稼働する一方で、オンプレミスのワークロードをAWSクラウド上のその他のアプリケーションとシームレスに統合したいと考えています。早い段階でこのことを試みた他のベンダーは、オンプレミスとクラウドの両環境で同じAPIやツール、ハードウェア、機能を利用できるサービスを提供できず、真に一貫性のあるハイブリッド体験をお客様に提供することができませんでした。


AWS Outpostsは、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)やAmazon Elastic Block Store(Amazon EBS)といったサービスを、AWSが設計した、コンピュートとストレージのラックからなるインフラストラクチャで稼働できるようにすることで、これらの課題を解決します。AWS Outpostsには、現時点で、2つのオプションがあります。

  •  これまでVMware製品を利用中で、そのVMwareコントロールプレーンとAPIを自社のインフラストラクチャで引き続き使用したいお客様は、VMware Cloud on AWSをAWS Outposts上でローカルに稼働することができます。このオプションは、VMware Cloud on AWS Outpostsと呼ばれ、AWS Outpostsを使用することで、コンピュート、ストレージ、ネットワーキングからなるVMware SDDC(Software-Defined Data Center)をオンプレミス環境で稼働し、VMware Cloud on AWSと同じコンソールから、サービスとして管理できるようになります。これにより、これまで使用してきたAWSサービスを容易に管理、統合できます。
  • これまでAWSクラウドを採用し、そのAPIとコントロールプレーンを引き続き、ただしオンプレミス環境で使用したいお客様は、AWS OutpostsのAWSネイティブなオプションを使用することができます。ネイティブAWS Outpostsとともに、その他のソフトウェアも稼働でき、NSX(AWS Outpostsとローカルのデータセンターネットワークをブリッジできるネットワーク機能)やVMware AppDefense(既知の良質なアプリケーションを保護する機能)、VMware vRealize Automation(ワークロードをプロビジョニングする機能)のような高い評価を得ているVMwareの技術やサービスをVMwareとAmazon EC2の両環境で稼働できるVMware Cloud Foundation for EC2と呼ばれる新しい統合製品などを使用できます。

どちらのオプションも、AWSはお客様にラックを提供し、お客様のご要望があれば設置し、ラックのメンテナンスや交換も全て引き受けます。これらのAWS Outpostsは、お客様に最も近いAWSリージョンにあるお客様のAmazon VPCを拡張するもので、AWSクラウド上にある、すでに使用している他のアプリケーションやその他のAWSサービスとAWS Outpostsはシームレスに連携します。


AWS の最高経営責任者(CEO)のアンディー・ジャシー(Andy Jassy)は「お客様からは、すでに成長の止まったクラウドのオンプレミス版を再構築するようなハイブリッド体験などいらないという意見をいただいていました。なぜなら、そのようなサービスは、クラウド版と永久に同期することなく、多くの複雑な作業や、カスタムハードウェアや異なるコントロールプレーン、ツールの管理、手動でのソフトウェアアップデートが必要になるからです。そのようなオンプレミス製品からは多くの価値を得ることはできないため、お客様からの引き合いは見込めません。そのため、当社はお客様の求めている声に耳を傾けることから始め、そこから開発を進めました。
お客様が求めていたのは、すでに使用しているAWS またはVMware Cloud on AWS をオンプレミスに拡張し、ハードウェアやソフトウェアを管理することなく、AWS が使用しているのと同じハードウェア、インターフェース、API、そして最新のAWS 機能に提供開始とともにすぐさま接続できる環境を使用できることでした。このような理由から、当社はハイブリッドモードを稼働時にお客様が真に求めているものは何なのかを考え直し、その結果、AWS Outposts を開発しました」と述べています。

VMware 最高経営責任者(CEO)のパット・ゲルシンガー(Pat Gelsinger)氏は「VMware Cloud on AWS は、最高のプライベートクラウドと最高のパブリッククラウドをAWS クラウド上で組み合わせることで、データセンターとクラウドの間に立ちふさがる障壁を取り除きました。本日、AWS との戦略的パートナーシップを拡大することで、ハイブリッドクラウド環境を拡張し、アジリティ(俊敏性)、シンプリシティ(簡潔さ)、セキュリティ、十分なインフラストラクチャインターオペラビリティ(相互運用性)を得たい相互のお客様に、より多くの選択肢を提供することになります。当社の新しい製品であるVMware Cloud on AWS Outposts とVMware Cloud
Foundation for EC2 は、データセンターから、クラウド、エッジに至るまで一貫したインフラストラクチャと運用を提供するという当社のビジョンをさらに拡張するものです」と述べています。

AWS Outposts は現在、プレビュー版が提供されており、2019 年下半期に一般向けに提供予定です。
詳細に関しては、以下のURL を参照ください。
https://aws.amazon.com/outposts

アマゾン ウェブ サービスについて
アマゾン ウェブ サービス(AWS)は12年の間に、世界で最も包括的かつ幅広く採用されたクラウドプラットフォームになっています。AWSは、米国、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、アイルランド、日本、韓国、シンガポールおよび英国の19のAWSリージョン、1つのローカルリージョンと57 のアベイラビリティーゾーン(AZ)で、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワーキング、アナリティクス、マシンラーニング、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、モバイル、セキュリティ、ハイブリッド、仮想現実および拡張現実(VR/AR)、メディア、アプリケーションディベロプメント、デプロイメントおよびマネージメントに関する125種類以上の十分な機能を有するサービスを提供しています。AWSのサービスは、アジリティを高めながら同時にコストを削減できるインフラエンジンとして、急速に成長しているスタートアップや大手企業、および有数の政府機関を含む数百万以上のアクティブなお客様から信頼を獲得しています。AWSの詳細については以下のURLをご参照ください。https://aws.amazon.com/


Amazon.comについて
Amazonは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。

 

※VMware、VMware Cloud、Cloud Foundation、NSX、AppDefense、vRealize、vRealize Automation は
VMware, Inc.または同社の米国およびその他の地域の支社の登録商標または商標です。